あらたながん患者かんじゃ過去かこ最多さいたのべ100万人まんにんちかくに 新制度しんせいど正確せいかく集計しゅうけい

2019年01月17日 04時48分

※1 8

国内こくないあらたにがんと診断しんだんされた患者かんじゃは、平成へいせい28ねんの1年間ねんかんでのべ100万人まんにんちかくとなり、過去かこ最多さいたとなりました。あらたな制度せいど把握はあくした、これまでより正確せいかく患者数かんじゃすうだということです。

日本人にほんじん死因しいんもっとおおいがんについて、厚生労働省こうせいろうどうしょう研究けんきゅうなどに役立やくだてようと、医療いりょう機関きかん患者かんじゃ情報じょうほうとど義務ぎむづけてデータベースで管理かんりする「全国ぜんこくがん登録とうろく」という制度せいど平成へいせい28ねんからはじめました。

この制度せいど把握はあくした患者数かんじゃすうはじめて公表こうひょうされ、平成へいせい28ねんの1年間ねんかん国内こくないあらたにがんと診断しんだんされたひとはのべ99まん5132にんでした。べつ制度せいどによって把握はあくされたまえとし患者数かんじゃすうくらべると10万人まんにんあまおおく、過去かこ最多さいたとなっています。

がんの種類別しゅるいべつでは、男性だんせいもっとおおいのががんで9まん2600にんいで前立腺ぜんりつせんがんが8まん9700にん大腸だいちょうがんが8まん9600にんなどとなっています。

女性じょせいもっとおおいのは、にゅうがんで9まん4800にんいで大腸だいちょうがんが6まん8400にんがんが4まん1900にんなどとなっています。

厚生労働省こうせいろうどうしょうは「今回こんかい公表こうひょうしたデータはこれまでより正確せいかく実態じったい反映はんえいしている。これを分析ぶんせきすることで、医療いりょうしつ向上こうじょうやがん予防よぼう推進すいしんにつなげていきたい」とはなしています。