“おわらい”でがん治療ちりょう 大阪おおさか国際こくさいがんセンター

2018年12月10日 20時45分

※1 8

落語らくご漫才まんざいなどの「おわらい」をて、わらうことでがんの治療ちりょうによい影響えいきょうがあるかどうかを科学的かがくてき調しらべようと10にち大阪おおさか国際こくさいがんセンターでがんの患者かんじゃらが落語らくご鑑賞かんしょうする研究けんきゅうおこなわれました。

この研究けんきゅう大阪おおさか中央区ちゅうおうく大阪おおさか国際こくさいがんセンターのグループが去年きょねんからんでいるもので、がんの患者かんじゃ60にん対象たいしょうにおわらいをひとないひと免疫めんえき遺伝子いでんしにどういった変化へんかあらわれるかを調しらべます。

10にちは、病院びょういん講堂こうどうかつら米團治よねだんじさんら3にん落語家らくごか高座こうざがり、滑稽こっけいなやりりやしぐさで落語らくご披露ひろうすると会場かいじょうからは大爆笑だいばくしょううずこりました。

これまでの研究けんきゅうで、おわらいをると、免疫めんえきたかめるたんぱくしつ能力のうりょくつよまるとする成果せいかていますが、今回こんかいはさらにくわしく分析ぶんせきするため、表情ひょうじょう人工じんこう知能ちのう使つかって患者かんじゃわらいの程度ていど数値化すうちかするということです。

がんの治療中ちりょうちゅうの60だい男性だんせいは「病気びょうきのせいで最近さいきんわらっていなかったが、きょうはなま落語らくごられてたくさんわらえました」とよろこんでいました。

また、50だい女性じょせい患者かんじゃは「病気びょうきたたかうことは大変たいへんだがわらうことの効果こうかかればはげみになるので結果けっか期待きたいしたい」とはなしていました。

大阪おおさか国際こくさいがんセンターがん対策たいさくセンターの宮代みやしろいさお所長しょちょうは「わらうことが患者かんじゃにとって大事だいじだといえる根拠こんきょをさらにられるよう期待きたいしたい」とはなしていました。

高座こうざがるのをまえ落語家らくごかかつら米團治よねだんじさんは「がんは漢字かんじにするといわというにもなります。いわのようにかたまったものをわらいによってときほぐせればとおもいます」とはなしていました。