世界せかい平均へいきん気温きおん ことしは観測かんそく史上しじょう番目ばんめたかさに

2018年11月30日 05時46分

世界の平均気温 ことしは観測史上4番目の高さに
※1 8

WMO=世界せかい気象きしょう機関きかんは、ことしの世界せかい平均へいきん気温きおんは、観測かんそく史上しじょう番目ばんめたかくなり、いま傾向けいこうつづけば、今世紀こんせいきまつには平均へいきん気温きおんが3から5上昇じょうしょうするという見通みとおしをしめし、温暖化おんだんか対策たいさく強化きょうかうったえました。

これは来月らいげつにちから地球ちきゅう温暖化おんだんか対策たいさくについてはな国連こくれん会議かいぎ、「COP24」がポーランドではじまるのをまえに、WMOが29にち発表はっぴょうしました。

それによりますと、ことし10がつまでの平均へいきん気温きおんは、観測かんそくはじまった1850年以降ねんいこうでは4番目ばんめたかくなり、産業さんぎょう革命前かくめいまえくらべて、推定すいてい最大さいだいふんがったということです。

ことしはヨーロッパのひろ範囲はんい異常いじょうあつさやかんばつがおそったほか、日本にっぽんでも7がつ埼玉県さいたまけん熊谷市くまがやしで、全国ぜんこく歴代れきだいとなる41ふん観測かんそくするなど、記録的きろくてき猛暑もうしょとなりました。

また、あつさの影響えいきょうで、1がつと2がつには北極ほっきょくうみこおり面積めんせきが、平均へいきんよりもかなりちいさくなったほか、南極なんきょくでも年間ねんかんとおして同様どうよう傾向けいこうがみられたということです。

WMOのターラス事務じむ局長きょくちょうは「いま傾向けいこうつづけば、今世紀こんせいきまつには平均へいきん気温きおんが3から5上昇じょうしょうする」とべ、産業さんぎょう革命前かくめいまえくらべ、2未満みまん上昇じょうしょうおさえるとした「パリ協定きょうてい」の目標もくひょうあやぶまれるとして警鐘けいしょうらしました。

そのうえで「わたしたちは気候きこう変動へんどうによる影響えいきょう理解りかいしている最初さいしょ世代せだいであると同時どうじに、対処たいしょできる最後さいご世代せだいだ」とべ、温暖化おんだんか対策たいさく強化きょうかうったえました。