スポーツすぽーつかいでパワーハラスメントや暴力ぼうりょく問題もんだい相次あいつなか、ユニセフ=国連こくれん児童じどう基金ききんは、スポーツにおけるどもの権利けんりまもるため、勝利しょうり至上しじょう主義しゅぎ留意りゅういし、暴力ぼうりょく過度かどなトレーニングを撲滅ぼくめつするとしたはじめての指針ししんをまとめ、日本にっぽん競技きょうぎ団体だんたいなどに実現じつげんびかけることになりました。


ユニセフ本部ほんぶ日本にほんユニセフゆにせふ協会きょうかいによるはじめての行動こうどう指針ししんどもの権利けんりとスポーツの原則げんそく」は、東京とうきょうオリンピック・パラリンピックなどをひかえるなか、18歳未満さいみまんどもの権利けんりまもるため、スポーツ団体だんたい企業きぎょうなどがむべき10の原則げんそくかかげています。

このなかで、試合しあいでの勝利しょうりだけに価値かちがある勝利しょうり至上しじょう主義しゅぎは、かならずしもどもの最善さいぜん利益りえきにはつながらないことにスポーツ団体だんたいなどは留意りゅういするとしています。

そして、スポーツ医学いがく科学かがくまえ適切てきせつ資格しかくひと指導しどうし、指導しどう過程かていでの暴力ぼうりょく過度かどなトレーニング、パワーハラスメントなどを撲滅ぼくめつすること、どもの権利けんりまもるためのルールの策定さくてい相談そうだん通報つうほう窓口まどぐち設置せっちんでいます。

さらに、企業きぎょうどもの権利けんりたいするみを考慮こうりょして団体だんたいへの支援しえん判断はんだんするとしています。

スポーツすぽーつかいではパワーハラスメントや暴力ぼうりょくなどの問題もんだい相次あいつぎ、ユニセフは今月こんげつ20にち正式せいしき発表はっぴょうし、日本にっぽん競技きょうぎ団体だんたい企業きぎょう学校がっこうスポーツの団体だんたい実現じつげんびかける方針ほうしんです。


専門家せんもんか実行じっこう普及ふきゅう重要じゅうよう

スポーツとどもの権利けんりくわしい菅原すがわら哲朗てつろう弁護士べんごしは「多少たしょう暴力ぼうりょくでもどもはびるという体験たいけんをした指導者しどうしゃは、いまどもも平気へいきじゃないかとおもいがちで、ブレーキがかかっていない。2020ねん東京とうきょうオリンピック・パラリンピックにけ、大会たいかい準備じゅんびすすめられているが、どもをまも体制たいせいはまだまだいついていない」とはなし、スポーツ指導しどうでの体罰たいばつ暴力行為ぼうりょくこういなどからどもをまもみは、不十分ふじゅうぶんだとしています。

そして「今回こんかい原則げんそくはぜひ活用かつようしてもらいたい。ただ、あくまでおおきな方針ほうしんであり、くにやスポーツ団体だんたい企業きぎょうなどが具体的ぐたいてき活用かつよう方法ほうほうかんがえなければならない」として、スポーツ団体だんたいなどはたん賛同さんどうするだけでなく、具体的ぐたいてき実行じっこううつし、普及ふきゅうさせることが重要じゅうようだと指摘してきしています。


指導法しどうほう見直みなおしたチームでは

どもたちへのスポーツ指導しどう見直みなおしは、各地かくちはじまっています。

このうち、大阪おおさか 堺市さかいし小中学生しょうちゅうがくせい野球やきゅうチーム「さかいビッグボーイズ」は、中学生ちゅうがくせいのチームが昭和しょうわ60ねん設立せつりつされ、少年しょうねん野球やきゅう全国大会ぜんこくたいかい優勝ゆうしょうかい、チーム出身者しゅっしんしゃにはプロぷろ野球やきゅう選手せんしゅもいます。

チームの代表だいひょう瀬野せの竜之介りゅうのすけさんによりますと、かつてはまえ試合しあいでの勝利しょうり最優先さいゆうせんに、練習れんしゅう試合しあいではことあるごとに選手せんしゅくちし、エラーしたときには「アホ!ボケ!とってボコボコにした」とかえるように、罵声ばせい体罰たいばつがあったといいます。

過度かど練習れんしゅうによるけがや意欲いよく低下ていかまねき、高校こうこう以降いこう野球やきゅうつづける選手せんしゅすくなくなる時期じきがあったということです。

選手せんしゅ精神的せいしんてき身体的しんたいてき負担ふたんらすため、およそ10年前ねんまえからアメリカや中南米ちゅうなんべいなどの指導法しどうほうれました。

選手せんしゅみずからがかんがえプレーすることを最優先さいゆうせんに、じっくり観察かんさつして最小限さいしょうげんのアドバイスにとどめ、過度かど負担ふたんがかからないよう、あさから夕方ゆうがたまでだった土日どにちの1にち練習れんしゅうは5時間じかん短縮たんしゅくし、試合しあいでは投手とうしゅ投球数とうきゅうすう変化球へんかきゅうげるかず独自どくじ制限せいげんもうけました。

指導法しどうほう見直みなおしたあとも全国大会ぜんこくたいかい準優勝じゅんゆうしょうするなど、小中学生しょうちゅうがくせい、およそ150にんあつまる強豪きょうごうチームです。

べつ野球やきゅうチームからうつってきた小学しょうがく年生ねんせい保護者ほごしゃは「うつまえのチームでは罵声ばせいがあり練習れんしゅう時間じかんながかった。いまびと練習れんしゅう野球やきゅうきになっています」とはなしていました。

さかいビッグボーイズの代表だいひょう瀬野せのさんは「どものためにちたい、たせてあげたいという指導者しどうしゃ気持きもちがぎると、ぎゃくどものためにならない。けてくやしいという気持きもちは必要ひつようだが、どもに無理むりをさせないなかで、最大限さいだいげん勝利しょうり目指めざすべきだ。いまのやりかた本当ほんとうどもの人生じんせい役立やくだっているか、まって大人おとなかんがえられたらとおもう」とはなしていました。


ユニセフがなぜ?

ユニセフが今回こんかいのような原則げんそく普及ふきゅうさせたいとする背景はいけいには、アメリカで相次あいついだ体操たいそう選手せんしゅへの暴力ぼうりょくなど、世界せかいスポーツすぽーつかい選手せんしゅ権利けんりをめぐる問題もんだい関心かんしんたかまっていることがあります。

日本にっぽんでは来年らいねんのラグビーワールドカップや、再来年さらいねん東京とうきょうオリンピック・パラリンピックをひかえるなか、スポーツ指導者しどうしゃかたわれる事態じたい相次あいついでいます。

ユニセフは「どもたちにとって必要ひつようなスポーツが、ぎゃくどもをくるしめる現状げんじょう世界中せかいじゅうにある。そういった状況じょうきょう根絶ねだやしスポーツをたのしめる社会しゃかいをつくっていきたい」としていて、将来的しょうらいてきには「日本にっぽん原点げんてんにグローバルな原則げんそく策定さくていする予定よていだ」としています。


暴言ぼうげん罵声ばせい」16.1% 「体罰たいばつ暴力ぼうりょく」9.2%

全国ぜんこく大学だいがく体育たいいく連合れんごうは、おととし、大学だいがく短大たんだい学生がくせい5861にん対象たいしょうに、小学生しょうがくせいから大学生だいがくせいときにスポーツで経験けいけんした体罰たいばつ暴力ぼうりょくなどについて意識いしき調査ちょうさおこないました。

複数ふくすう回答かいとういた結果けっか、「暴言ぼうげん罵声ばせい」が16.1%(884にん)、「体罰たいばつ暴力ぼうりょく」が9.2%(508にん)、「いじめ」が7.2%(396にん)、「ハラスメント」が3.2%(174にん)となっています。

体罰たいばつ暴力ぼうりょくだれからけたか複数ふくすう回答かいとういたところ「中学生ちゅうがくせい時代じだい顧問こもん」が55.1%、「小学生しょうがくせい時代じだい指導者しどうしゃ」が50.6%、「高校こうこう時代じだい顧問こもん」が46.5%となりました。

一方いっぽう競技きょうぎ団体だんたい統括とうかつする日本にっぽんスポーツ協会きょうかいによりますと、暴力行為ぼうりょくこういなどにかんする相談そうだんは、平成へいせい27ねんが39けん平成へいせい28ねんが51けん去年きょねんが97けん、ことしは1がつから9がつ19にちまでのあいだで88けんせられています。

平成へいせい27ねんからの相談そうだんでは、小学生しょうがくせい被害ひがいかんするものがもっとおおいということです。

関連かんれんニュース

スポーツちょう SNSで選手せんしゅ暴力ぼうりょく相談そうだん受付うけつけ

体育たいいく どもたちがアスリートとスポーツたのしむ

サッカーW杯わーるどかっぷ 日本にっぽんがコロンビアに勝利しょうり

イージー・ニュース

日本にっぽんのユニセフ「スポーツをしているどもをまもろう」