どもが感染かんせん手足てあしなどまひ「急性きゅうせい弛緩しかんせい麻痺まひ」に注意ちゅうい

2018年11月08日 23時50分

※1 8

おもどもが感染かんせんして手足てあしなどがまひする「急性きゅうせい弛緩しかんせい麻痺まひ」の患者数かんじゃすうが、先月せんげつまでの半年はんとしで80人以上にんいじょうのぼり、専門家せんもんかはかぜに症状しょうじょうのあとに手足てあしちからはいらないようなまひがられた場合ばあいは、すみやかに医療いりょう機関きかん受診じゅしんするようびかけています。

急性きゅうせい弛緩しかんせい麻痺まひ」はおもどもが発症はっしょうする感染症かんせんしょうで、発熱はつねつやせきなどのかぜに症状しょうじょうのあとに手足てあしなどにまひがきるもので、おおくのどもにまひの後遺症こういしょうのこるとされています。

「エンテロウイルスD68」などのウイルスが原因げんいんの1つではないかとうたがわれていますが、特定とくていはされておらず、有効ゆうこう治療法ちりょうほう予防法よぼうほうはありません。

年前ねんまえ国内こくないで100にんあまりの患者かんじゃ報告ほうこくがあったことなどをきっかけに、ことし5がつから国立こくりつ感染症かんせんしょう研究所けんきゅうじょ全国ぜんこく医療いりょう機関きかん患者数かんじゃすう報告ほうこくけた結果けっか、8がつまでの4か月間げつかんはひとつきおおくてもおよそ10にんでしたが、9がつからえはじめ、先月せんげつは28にちまでに42にん半年はんとし患者数かんじゃすうは86にんのぼりました。

都道府県とどうふけんべつでは、岐阜県ぎふけん兵庫県ひょうごけんが8にんもっとおおく、つづいて東京都とうきょうと愛知県あいちけんが6にん福岡県ふくおかけんで5にん埼玉県さいたまけん千葉県ちばけん神奈川県かながわけん、それに大阪府おおさかふで4にんなどとなっています。

アメリカでは4年前ねんまえ、1000人以上にんいじょう感染かんせんしたとされたほか、ことしは先月せんげつに100人以上にんいじょう患者かんじゃ報告ほうこくされ、CDC=疾病しっぺい対策たいさくセンターがアメリカ国内こくない警戒けいかいびかけています。

国立こくりつ感染症かんせんしょう研究所けんきゅうじょ多屋たや馨子けいこ室長しつちょうは「今後こんご推移すいい注意深ちゅういぶかていく必要ひつようがある。発熱はつねつやせきなどの症状しょうじょうのあとにちからけたようにあしうごかせないなどのまひの症状しょうじょうどもにられたら、すみやかに小児科しょうにか専門医せんもんいがいる医療いりょう機関きかん受診じゅしんしてほしい」とびかけています。