消費税しょうひぜい増税ぞうぜい どうするポイント還元かんげん 内容ないよう詳細しょうさい検討けんとう

2018年10月20日 04時38分

消費税増税 どうするポイント還元 内容詳細を検討へ
※1 8

政府せいふは、消費しょうひ増税ぞうぜいともな景気けいき対策たいさくとして検討けんとうしている、クレジットカードなどキャッシュレス決済けっさい利用りようしたさいの2%のポイント還元かんげんについて、税率ぜいりつかれるいん食料品しょくりょうひん宿泊しゅくはくなどのサービスの代金だいきん対象たいしょうとする方針ほうしんです。ただ与党内よとうないからはカードをっていないひとなどへの対策たいさくもとめるこえがっていて、今後こんご調整ちょうせいすすめられる見通みとおしです。

政府せいふは、来年らいねん予定よていされる消費しょうひ税率ぜいりつの10%へのげで消費しょうひむのをふせぐため、中小ちゅうしょう小売店こうりてんなどでキャッシュレス決済けっさいものをすると購入額こうにゅうがくの2%ぶんをポイントで還元かんげんする制度せいど検討けんとうしています。

これまでの検討けんとうでは、クレジットカードや電子でんしマネー、QRコードなどを使つかって現金げんきん使つかわずにものをした場合ばあいにポイント還元かんげん対象たいしょうとします。

日用品にちようひんのほか税率ぜいりつが8%にかれるいん食料品しょくりょうひんや、外食がいしょく宿泊しゅくはくなどのサービスの代金だいきん対象たいしょうくわえる方向ほうこうで、実現じつげんすればいん食料品しょくりょうひん税率ぜいりつ実質じっしつ6%程度ていどとなります。

制度せいど実施じっし期間きかん増税ぞうぜい以降いこう半年はんとしから1ねん程度ていどとする方針ほうしんです。

一方いっぽう公明党こうめいとうからは、クレジットカードをっていないひと恩恵おんけいけられないなどとして、購入こうにゅう価格かかくよりもたか金額きんがくものができる「プレミアム商品券しょうひんけん」の発行はっこうなどをもとめる意見いけんています。

こうしたことをまえ、今後こんご政府内せいふないこまかい制度せいど内容ないようめることにしています。