日本一にっぽんいち芋煮会いもにかいで1まん2000食余くいあまり ギネス世界せかい記録きろく認定にんてい

2018年09月16日 19時44分

※1 8

直径ちょっけい6メートルをえる大鍋おおなべつくる「日本一にっぽんいち芋煮会いもにかい」が山形市やまがたしひらかれ、提供ていきょうされた1まん2000食余くいあまりのかずがギネス世界せかい記録きろく認定にんていされました。

日本一にっぽんいち芋煮会いもにかい」は、山形やまがた市内しない河川敷かせんじき会場かいじょう巨大きょだいなべ芋煮いもにつくもよおしで、ことしは20年以上ねんいじょう使つかわれてきた大鍋おおなべよりもさらに直径ちょっけいが50センチおおきい、6メートル50センチのあたらしいなべ登場とうじょうしました。

用意よういした具材ぐざいは、里芋さといも3トン、牛肉ぎゅうにく1.2トンに、こんにゃく3500まいなどで、豪快ごうかいなべ投入とうにゅうして味付あじつけされると、新車しんしゃのショベルカーですくって観光客かんこうきゃくなどにふるまわれました。

16にちは、「8時間じかん以内いない提供ていきょうされたスープのかず」の、ギネス世界せかい記録きろくへの挑戦ちょうせんおこなわれ、調理ちょうりのトラブルでならんだひと一部いちぶべられませんでしたが、およそ4時間半じかんはんで1まん2695しょく提供ていきょうされ、ギネス世界せかい記録きろく認定にんていされました。

実行じっこう委員会いいんかい委員長いいんちょうつとめた高橋たかはしただしさんは、「一部いちぶひと迷惑めいわくをかけましたが、無事ぶじえることができて感謝かんしゃしています。ことしの経験けいけんかて来年らいねん成功せいこうにつなげたい」とはなしていました。