点滴てんてき異物いぶつ混入こんにゅう事件じけん 同僚どうりょう指摘してきされ混入こんにゅう

2018年07月10日 04時08分

※1 8

横浜市よこはまし病院びょういん点滴てんてき消毒液しょうどくえきれられ患者かんじゃ殺害さつがいされた事件じけんで、逮捕たいほされたもと看護師かんごしおんながこれまでの任意にんい調しらべにたいし、「患者かんじゃくなったときに同僚どうりょうから自分じぶん指摘してきされたことがあり、それ以来いらい勤務きんむ時間外じかんがい死亡しぼうさせることをかんがえるようになった」などとはなしていたことが捜査そうさ関係者かんけいしゃへの取材しゅざいでわかりました。

横浜市よこはまし神奈川区かながわくきゅう大口おおぐち病院びょういん」でおととし9がつ入院にゅういん患者かんじゃ西川にしかわ惣藏そうくらさん(88)と八巻はちかん信雄のぶおさん(88)が相次あいついで中毒死ちゅうどくしし、看護師かんごしだった久保木くぼき愛弓あゆみ 容疑者ようぎしゃ(31)が点滴てんてき消毒液しょうどくえき混入こんにゅうしたとして、西川にしかわさんへの殺人さつじんうたがいで逮捕たいほされました。

久保木くぼき容疑者ようぎしゃ逮捕前たいほまえ任意にんい調しらべで「終末期しゅうまつき医療いりょう職場しょくばにストレスをかんじていた」と説明せつめいしていましたが、ほかにも「以前いぜん担当たんとうした患者かんじゃくなったときに同僚どうりょうから自分じぶんがあったのではないかと指摘してきされたことがあり、それ以来いらい勤務きんむ時間外じかんがい患者かんじゃ死亡しぼうさせることをかんがえるようになった」などとはなしていたことが捜査そうさ関係者かんけいしゃへの取材しゅざいでわかりました。

警察けいさつは、病院びょういんでの業務ぎょうむたいするプレッシャーが事件じけんのきっかけになった可能性かのうせいもあるとみて、さらにくわしい動機どうき調しらべています。