サッカーW杯わーるどかっぷ サウジアラビア6大会たいかいぶり勝利しょうり

2018年06月26日 01時09分

サッカーW杯 サウジアラビア6大会ぶり勝利
※1 8

サッカーワールドカップロシア大会たいかいの1リーグ、グループAのだいせん、サウジアラビアたいエジプトはサウジアラビアが2たい1でち、6大会たいかいぶりの勝利しょうりをあげました。

ともに2連敗れんぱいで1リーグ敗退はいたいまっているりょうチームは25にち、ロシア南部なんぶのボルゴグラードで対戦たいせんしました。

試合しあい前半ぜんはん22ふん、エジプトが自陣じじん相手あいてのパスをカットすると前線ぜんせんながいパスをおくり、これをエースのサラー選手せんしゅたくみにトラップしてゴールキーパーの頭上ずじょうえるシュートを先制せんせいしました。

これにたいしサウジアラビアは40ふんすぎにたペナルティーキックは相手あいてゴールキーパーの好守こうしゅはばまれましたが、アディショナルタイムにふたたびペナルティーキックを獲得かくとくし、これをファラジ選手せんしゅめていつきました。

後半こうはんはともにチャンスをつくりながらゴールをうばえないままでしたが、試合しあい終了しゅうりょう間際まぎわのアディショナルタイムにサウジアラビアがみぎサイドでこまかくパスをつないでチャンスをつくり、最後さいごはフォワードのドサリ選手せんしゅ決勝けっしょうゴールをめて2たい1でちました。

サウジアラビアは決勝けっしょうトーナメントに進出しんしゅつした1994ねんアメリカ大会たいかい以来いらい、6大会たいかいぶりの勝利しょうりです。

一方いっぽう、エジプトは3連敗れんぱいとなり、3回目かいめ出場しゅつじょうだった今大会こんたいかいでもワールドカップ初勝利はつしょうりをあげることはできませんでした。