サッカーW杯わーるどかっぷ ウルグアイ3連勝れんしょう 首位しゅい決勝けっしょうトーナメントへ

2018年06月26日 01時02分

サッカーW杯 ウルグアイ3連勝 首位で決勝トーナメントへ
※1 8

サッカーワールドカップ、ロシア大会たいかいの1リーグ、グループAのだいせん、ウルグアイたいロシアはウルグアイが3たい0でって、このグループ首位しゅい決勝けっしょうトーナメントにすすみました。

ともに2連勝れんしょうですでに決勝けっしょうトーナメント進出しんしゅつめているウルグアイと地元じもとのロシアは25にち、モスクワみなみひがしのサマラで対戦たいせんしました。

試合しあい前半ぜんはん10ふん、ウルグアイのエース、スアレス選手せんしゅが、ペナルティーエリアのちかくからフリーキックを直接ちょくせつめて、2試合しあい連続れんぞくのゴールで先制せんせいしました。

さらに23ふんには、ウルグアイのラクサール選手せんしゅのシュートがロシアの選手せんしゅたってゴールにはいり、これがオウンゴールとなってウルグアイがリードをひろげました。

地元じもとのロシアは36ふん、ディフェンダーのスモルニコフ選手せんしゅが、この試合しあい枚目まいめのイエローカードをけて退場たいじょうし、くるしい展開てんかいとなりました。

後半こうはんは、ウルグアイが1にんすくないロシアを相手あいて再三さいさんチャンスをつくり、試合しあい終了しゅうりょう間際まぎわにスアレス選手せんしゅとツートップをむカバーニ選手せんしゅがゴールをめて、ウルグアイが3たい0でちました。

ウルグアイは3連勝れんしょうてんを「9」にばし、このグループの首位しゅい決勝けっしょうトーナメントにすすみました。

やぶれたロシアはてん「6」のグループ2で、きゅうソビエトそびえと時代じだいの1986ねんメキシコ大会たいかい以来いらい、8大会たいかいぶりに決勝けっしょうトーナメントにすすむことになりました。

スアレス「目標もくひょうはすべての試合しあいつこと」

試合しあい連続れんぞくでゴールをめたウルグアイのエース、スアレス選手せんしゅ試合後しあいご「1リーグをいい結果けっか突破とっぱするという目標もくひょう達成たっせいできた。これからは決勝けっしょうトーナメントのことをかんがえなければいけない。目標もくひょうはすべての試合しあいつことだ」とはなし、つぎ見据みすえていました。