サッカーW杯わーるどかっぷ 日本にっぽんがコロンビアに勝利しょうり

2018年06月20日 01時20分

※1 8

サッカーワールドカップ ロシア大会たいかい、1リーグのグループHで日本にっぽん初戦しょせん、コロンビアと対戦たいせんし、香川かがわ真司しんじ選手せんしゅ大迫おおさこ勇也ゆうや選手せんしゅのゴールで2たい1でちました。

世界せかいランキング61日本にっぽんは19にち今大会こんたいかい初戦しょせんで、世界せかい16のコロンビアと対戦たいせんしました。

試合しあい開始かいし早々そうそう香川かがわ選手せんしゅったシュートを相手あいて選手せんしゅがペナルティーエリアないふせ反則はんそくをして、この選手せんしゅがレッドカードで退場たいじょうするとともにペナルティーキックのチャンスをました。
そして前半ぜんはんふん香川かがわ選手せんしゅがゴール右隅みぎすみいてめて先制せんせいしました。

しかし、日本にっぽん前半ぜんはん39ふん、ペナルティーエリアちかくからのフリーキックをキンテロ選手せんしゅめられて同点どうてんいつかれ、1たい1で前半ぜんはんえました。

後半こうはんはいって試合しあい気味ぎみすすめた日本にっぽんは、25ふん香川かがわ選手せんしゅえて本田ほんだ圭佑けいすけ選手せんしゅ投入とうにゅうしました。

そして後半こうはん28ふん本田ほんだ選手せんしゅのコーナーキックを大迫おおはさま選手せんしゅがヘディングでめて2たい1としました。

このまままもりきった日本にっぽんは、2たい1でってワールドカップ2大会たいかいぶりの勝利しょうりをおさめててん3を獲得かくとくしました。
日本にっぽん初戦しょせんったのは決勝けっしょうトーナメントにすすんだ2大会前たいかいまえのカメルーンせん以来いらいです。

日本にっぽんつぎは24にちにセネガルと対戦たいせんします。

日本にっぽん だいせん決勝けっしょうトーナメントに進出しんしゅつできる条件じょうけん

初戦しょせんった日本にっぽんは、つぎだいせんでセネガルせんった場合ばあい決勝けっしょうトーナメント進出しんしゅつめる可能性かのうせいがあります。

日本にっぽんつぎのセネガルせんつと、てんを「6」にばします。

そのうえで、グループHのもう1試合しあい、ポーランドたいコロンビアがけにわった場合ばあい、もしくはコロンビアがった場合ばあいには、日本にっぽんのグループHの2以上いじょうまるため、1試合しあいのこして決勝けっしょうトーナメント進出しんしゅつまります。

西野にしの監督かんとく選手せんしゅたちタフにたたかった」

日本にっぽん西野にしのあきら監督かんとくは、試合しあい直後ちょくごのインタビューで、「いて試合しあいはいり、先制せんせいしてリズムをつくれたことがてた要因よういんだとおもう。数的かずてき有利ゆうりかんじなかったが、後半こうはんになっても優位ゆうい状況じょうきょうつくることができた。選手せんしゅたちがタフにたたかってくれた結果けっかだ」と選手せんしゅたちの健闘けんとうをたたえました。

決勝点けっしょうてん大迫おおさこむかしからのゆめかなった」

後半こうはん28ふんにコーナーキックから決勝点けっしょうてんめた大迫おおさこ勇也ゆうや選手せんしゅは「むかしからのゆめがかなったので最高さいこうですし、すごくうれしかった。セットプレーはたくさん練習れんしゅうして練習れんしゅうどおりのプレーがせたのでみんなのちからだとおもう。まだまだグループリーグは2試合しあいあるのでえて頑張がんばりたい」とはなしていました。

長友ながとも「みんなひとつになってった勝利しょうり

コロンビアの強力きょうりょく攻撃陣こうげきじんきびしいマークでおさえた、ディフェンダーの長友ながとも佑都ゆうと選手せんしゅは「相手あいていてまもり、カウンター攻撃こうげきねらっていたので、注意ちゅういしながらコンパクトにまもることができた。みんながひとつになってった勝利しょうりだ。ったことでほっとしたが、つぎ試合しあいけて集中しゅうちゅうしたい」とはなしました。

川島かわしま結果けっかおおきな自信じしんに」

ゴールキーパーの川島かわしま永嗣えいじ選手せんしゅは「相手あいて個人こじん能力のうりょくたかく、きびしい時間帯じかんたいつづいたが、みんなで最後さいごまでからだってまもった。とにかく初戦しょせん大切たいせつだとってきたので、この結果けっかおおきな自信じしんになる。この自信じしんって、1リーグののこり2試合しあいのぞみたい」とはなしていました。

キャプテン長谷部はせべむずかしいゲームてた」

試合後しあいご、キャプテンの長谷部はせべまこと選手せんしゅは、初戦しょせん勝利しょうりについて「非常ひじょうにうれしい。はや時間じかん相手あいて退場たいじょうになったむずかしいゲームでてたのは非常ひじょうおおきい。後半こうはんは、リスクをおかしてめにくところと、まもるところのむずかしいバランスをこえをかけあってプレーした」とかえりました。

そのうえで、「つぎ試合しあいけてしっかりと研究けんきゅうし、またてんっていきたい」と今後こんご見据みすえていました。

いぬいのこりもって1リーグ突破とっぱを」

先発せんぱつしてしいシュートをつなど攻撃こうげきったミッドフィルダーのいぬい貴士たかし選手せんしゅは、「前半ぜんはん自分自身じぶんじしんのできはチームに迷惑めいわくかけたので反省はんせいし、後半こうはん自分じぶんなにをできるかとかんがえて守備しゅびはしろうとおもい、それが勝利しょうりにつながった。しっかりのこりの試合しあいって1リーグを突破とっぱしたい」とはなしていました。

吉田よしだ「セットプレーの失点しってん課題かだい

試合後しあいごまもりの中心ちゅうしん吉田よしだ麻也まや選手せんしゅは、「相手あいておもっていたよりもプレスをかけてず、日本にっぽんがボールをまわ時間じかんながかったのでらくになった。ただ、またセットプレーで失点しってんをしたので、それは課題かだいだ」とかえりました。

そのうえで、「これで満足まんぞくせずに、もっとできるということを世界せかいせたい」とはなしました。

原口はらぐち「しっかりはしりきれた」

試合後しあいご、ミッドフィルダーの原口はらぐち元気げんき選手せんしゅは「日本にっぽんのためにちたいという気持きもちだけで、しっかりはしりきれた。コロンビアは個々ここ能力のうりょくたかくて危険きけんなチームだった」とかえりました。

そしてつぎのセネガルせんけては「100%の準備じゅんびをして、また勝利しょうり目指めざして頑張がんばりたい」とはなしました。

先制せんせいゴールの香川かがわ冷静れいせいることできた」

前半ぜんはんふんにペナルティーキックで先制せんせいゴールをめたミッドフィルダーの香川かがわ真司しんじ選手せんしゅは、「しっかりと冷静れいせいることができた。ゴールキーパーのタイミングをはずすことだけを意識いしきし、練習れんしゅうどおりできてよかった」と得点とくてん場面ばめんかえりました。

そのうえで1リーグの初戦しょせんったことについて、「ほっとしているし、初戦しょせん重要性じゅうようせいはみんなわかっていたので、はしりきってててよかった。コロンビアに球際たまぎわはしることでけないことを90ふんとおしてできてそれが2点目てんめにつながった」とはなしていました。

またつぎ試合しあいけては、「1試合しあいえただけでまだなにもげてない。あすからリカバリーをしてつぎ試合しあいそなえたい」と気持きもちをめていました。

酒井さかい宏樹ひろき「すごくしあわせ」

先発せんぱつしたディフェンダーの酒井さかい宏樹ひろき選手せんしゅは「てん1でも勝利しょうりあたいする結果けっかだとおもっていたので、それ以上いじょうのものがころがってきてすごくしあわせにかんじている。西野にしの監督かんとくはなし、コロンビアせんけて100%になるようにやってきたので、監督かんとく期待きたいにこたえられ、満足まんぞくしている」と試合しあいかえりました。

そしてつぎのセネガルせんけて「ったからこそめる課題かだいおおくあるとおもうので、ここでわらないよう、つぎのステージにいけるようによりきびしくチームでやっていきたい」とはなしていました。

本田ほんだ結果けっかして1リーグ突破とっぱしたい」

後半こうはんから途中とちゅう出場しゅつじょうして決勝点けっしょうてんをアシストした本田ほんだ圭佑けいすけ選手せんしゅは、試合後しあいご、「出場しゅつじょう時間じかんはわずかだったが、決勝点けっしょうてんからむことができたのはうれしくおもう。てん3をれたので、結果けっか満足まんぞくできるものだったが、内容ないようはそこまでよくなかった」とかえりました。

そのうえで、今後こんごけては、「1リーグのこり2試合しあいのうち、すくなくとも1試合しあいたないといけないとおもうので結果けっかして1リーグを突破とっぱしたい」とはなしていました。

柴崎しばざき「チームとしていいプレーできた」

先発せんぱつして後半こうはん途中とちゅうまでプレーしたミッドフィルダーの柴崎しばざきだけ選手せんしゅは「はや時間じかん相手あいて退場たいじょうしてやりやすい試合しあいとなった。後半こうはん前半ぜんはんよりボールをまえまわせたし、チームとしていいプレーができた。ただ、失点しってん場面ばめん修正しゅうせいしないといけない。つぎ試合しあいでは、コンビネーションで相手あいてゴールにせまりたいし、ゴールにせまるシーンも演出えんしゅつしたい」とはなしていました。

コロンビア ペケルマン監督かんとくまったちが結果けっか 予想よそうしていた」

試合後しあいご、コロンビアのペケルマン監督かんとくは「まったちが結果けっか予想よそうしていたし、初戦しょせんちたいとおもっていた。サッカーは通常つうじょう、11にんたい11にんでやるものだが、われわれは開始かいしふん重要じゅうよう選手せんしゅうしなってしまった」とはなし、前半ぜんはん早々そうそう退場者たいじょうしゃしたことを残念ざんねんがりました。

そのうえで「同点どうてんになってからも、さらにしをねらってハメス・ロドリゲス選手せんしゅなど攻撃的こうげきてき選手せんしゅ投入とうにゅうしたが、うまくいかなった。日本にっぽんにボールを保持ほじされて選手せんしゅたちはつかれていたし、日本にっぽん自信じしんってプレーしていた」とはなしました。

そして「退場者たいじょうしゃて1にんすくないにもかかわらず、いったん同点どうてんいついたことはプラス要素ようそだ。のこり2試合しあいでこのけを相殺そうさいしたい」とまえいていました。

コロンビア ファルカオ「まった予期よきしない状況じょうきょう

試合後しあいご、コロンビアのキャプテンで、フォワードのファルカオ選手せんしゅは、試合しあい開始かいし直後ちょくごに1にん退場たいじょうして失点しってんしたことについて「まった予期よきしない状況じょうきょう計画けいかくしていたことをすべて変更へんこうせざるをなかった。やれることはすべてやった。つよさをせたとおもうが日本にっぽん勝利しょうりってった」とはなしました。

そして「まだわっていない。みんなで士気しきをあげて一生懸命いっしょうけんめいたたかうのみだ」とつぎ試合しあいけて気持きもちをあらたにしていました。