サッカーW杯わーるどかっぷ アイスランドが歴史的れきしてきてん

2018年06月17日 03時19分

サッカーW杯 アイスランドが歴史的な勝ち点
※1 8

サッカーワールドカップロシア大会たいかいで、初出場はつしゅつじょうのアイスランドが、16にち、1リーグの初戦しょせん南米なんべい強豪きょうごう、アルゼンチンとけ、歴史的れきしてきてん1をあげました。アイスランドは、国民こくみんがおよそ35万人まんにんと、21かいかぞえる大会たいかい出場しゅつじょうしたチームのなかもっと人口じんこうすくないくにながらかたまもりをあじにヨーロッパ予選よせん通過つうかしてワールドカップ初出場はつしゅつじょうめました。

初戦しょせん対戦たいせんすることになったアルゼンチンは、前回ぜんかい大会たいかい準優勝じゅんゆうしょうしたチームでアイスランドにとっては、世界的せかいてきストライカーのメッシ選手せんしゅ中心ちゅうしんとした攻撃こうげきをどうふせぐかがポイントでした。

試合しあい前日ぜんじつ記者会見きしゃかいけんでアイスランドのハルグリムソン監督かんとくは「特別とくべつなマジックはない。みんなでささい、ベストをくす」とはなしていましたが、試合しあい開始かいしからその言葉ことばどおり、選手せんしゅ一人一人ひとりひとりがハードワークをせました。

メッシ選手せんしゅかぎらずボールをった相手あいてには複数ふくすう選手せんしゅでプレスをかけ、シュートコースも集中しゅうちゅうしてふさぎました。

相手あいてにボールを支配しはいされても最少さいしょう失点しってんおさえ、アルゼンチンの選手せんしゅだけでなく、スタンドに伝説でんせつのスーパースター、マラドーナさんが姿すがたあらわしてねつたかまったサポーターたちもいらだちをかくせない展開てんかいみました。

アイスランドの最大さいだいのピンチは、1たい1でむかえた後半こうはん19ふん、アルゼンチンにペナルティーキックをあたえた場面ばめんでした。

ここでも、メッシ選手せんしゅがゴール左側ひだりがわするどんだのにたいしてアイスランドのゴールキーパー、ハルドソン選手せんしゅ完全かんぜんにコースをみ、ふせぎました。これには、試合しあい会場かいじょう大半たいはんめたアルゼンチンのサポーターもためいきて、しずまりかえりました。

アイスランドは、26ほんのシュートをびながらハルドソン選手せんしゅ中心ちゅうしんまもり、アルゼンチンを相手あいてに1たい1で歴史的れきしてきてん1をました。

この試合しあい最優秀さいゆうしゅう選手せんしゅえらばれたハルドソン選手せんしゅは、「ゴールキーパーとして、はじめてワールドカップにて、世界的せかいてき選手せんしゅのペナルティーキックをふせぐことができた。まさにゆめかなった瞬間しゅんかんだった。ぼくたちにとってはとてもおおきなけだ」と大仕事おおしごとをしたにもかかわらず、しずかにかえっていました。

初出場はつしゅつじょうちいさなくに代表だいひょう奮闘ふんとうに、このあとも注目ちゅうもくです。