皇太子こうたいし夫妻ふさいは9にち結婚けっこんから25ねんむかえられました。


皇太子こうたいし夫妻ふさいは9にち結婚けっこんから25ねんの「銀婚ぎんこん」をむかえるにあたって、記者団きしゃだんからの質問しつもん文書ぶんしょ回答かいとうせられました。

このなか皇太子こうたいしさまは冒頭ぼうとう、「結婚けっこんしてから、25ねんつのかとおもうと、ときながれのはやさをかんじるとともに、感慨深かんがいぶかいものがあります」としるされました。

そして、おたがいにける点数てんすうについての質問しつもんに「雅子まさこはこの25年間ねんかんだいへんなこともあるなかで、色々いろいろ努力どりょくつづけ、また、わたし愛子いとしごをしっかりとささえてくれており、ありがたくおもうとともに、こころから感謝かんしゃしています。点数てんすうけるのはむずかしいですが、今回こんかい結婚けっこん10ねんおりの『努力賞どりょくしょう』と『感謝かんしゃしょう』のダブル受賞じゅしょうくわえて、銀婚式ぎんこんしきちなんでぎんメダルめだるおくりたいとおもいます」とつづられました。

雅子まさこさまは体調たいちょうくずしてからも皇太子こうたいしさまがやさしくこまやかな心遣こころづかいで雅子まさこさまをたすけられてきたことに感謝かんしゃ気持きもちをあらわし、「天皇てんのう皇后こうごう両陛下りょうへいかのご成婚せいこん25周年しゅうねんおりに、陛下へいか皇后こうごうさまげられた『感謝状かんしゃじょう』という言葉ことば以上いじょうわたし気持きもちに相応ふさわしいこたえがつかりません」などとべられました。

また、皇太子こうたいしさまは来年らいねんがつにちあらたな天皇てんのうとして即位そくいしたあとの活動かつどうなどについて「わたしたち自身じしん両陛下りょうへいかのおみちびきのしたで、おたがいに協力きょうりょくしながら様々さまざま経験けいけんんできましたので、今回こんかいの25ねんというひとつの節目ふしめ契機けいきに、気持きもちをあらたにし、いままでの経験けいけんかてにしつつ、つづき、おたがいに協力きょうりょくしながら、国民こくみんしあわせをねがい、ひとひとつの公務こうむんでまいりたいとおもいます」とべられました。

雅子まさこさまは東日本ひがしにほん大震災だいしんさいなどの被災地ひさいち復興ふっこうねが気持きもちをあらわすとともに「これからの日本にっぽん世界せかい人々ひとびとにとってなに大切たいせつになってくるのかということについて、皇太子こうたいし殿下でんかとご相談そうだんしながらかんがえ、なかのことにかかわっていくことができればとおもっております」とつづられました。

にちは、おまいの東宮とうぐう御所ごせ三権さんけんおさなどから祝賀しゅくがのあいさつをけられ、後日ごじつ両陛下りょうへいか長女ちょうじょ愛子あいこさまもまじえて、おいわいの食事会しょくじかいなどがもよおされることになっています。


25ねんあゆ

皇太子こうたいし夫妻ふさいは25年前ねんまえ平成へいせいねんがつにち結婚けっこんされました。皇居こうきょおこなわれた「結婚けっこん」につづいて、おまいのある赤坂あかさか御用地ごようちまでオープンカーでパレードされ、沿道えんどうには20万人まんにんちかくがめかけました。

1か月後げつご宮中みやなかばんさんかい皇族こうぞくとして国際こくさい舞台ぶたいにデビューした雅子まさこさまは、もと外交官がいこうかんのキャリアをいかし、外国がいこく首脳しゅのう懇談こんだんされました。

翌年よくねん、ご夫妻ふさいはじめてお二人ふたりでの外国がいこく公式こうしき訪問ほうもんのぞみ、中東ちゅうとう4かこくまわって国際こくさい親善しんぜんつとめられました。

平成へいせいねん阪神はんしん淡路あわじ大震災だいしんさい発生はっせいしたさいには、外国がいこく訪問ほうもん日程にっていげて帰国きこくし、はじめて被災地ひさいち見舞みまわれました。

機会きかいあるごとに国民こくみんとともにあゆ姿勢しせいをあらわされてきた皇太子こうたいしさま。全国ぜんこく障害者しょうがいしゃスポーツ大会たいかいへの出席しゅっせきなど、両陛下りょうへいかからさまざまな公務こうむがれてきました。

平成へいせい10ねん長野ながのパラリンピックでは、雅子まさこさまとともに開会式かいかいしきのぞみ、大会たいかい名誉めいよ総裁そうさいとして開会かいかい宣言せんげんされました。

結婚けっこんから8ねんった平成へいせい13ねん12がつ、ご夫妻ふさい待望たいぼうのおさまをさずかり、長女ちょうじょ愛子あいこさまが誕生たんじょうされました。

しかし、その2年後ねんご雅子まさこさまが体調たいちょうくず療養りょうよう生活せいかつはいられます。れない環境かんきょうおおきなプレッシャーのなかで、公務こうむ子育こそだてによる心身しんしんつかれがたまっていたのです。

宮内庁くないちょうは「適応てきおう障害しょうがい」という診断しんだん結果けっか公表こうひょう皇太子こうたいしさまは、記者会見きしゃかいけん雅子まさこさまにささつづける決意けついべられました。

皇太子こうたいしさまお一人ひとりでの公務こうむ日常化にちじょうかするなか平成へいせい17ねん愛知県あいちけんひらかれた「あい地球博ちきゅうはく」では、雅子まさこさまも会場かいじょう視察しさつし、1ねん8かげつぶりに地方ちほうでの公務こうむのぞまれました。

一方いっぽうで、雅子まさこさまは母親ははおやとして愛子あいこさまの成長せいちょうささつづけられました。愛子あいこさまが通学つうがく不安感ふあんかんいだかれていたころには、連日れんじつ学校がっこううなど対応たいおうくされました。

雅子まさこさまは体調たいちょうなみがあり、公務こうむかさねられるのがむずかしい状況じょうきょうつづきますが、平成へいせい23ねん東日本ひがしにほん大震災だいしんさい発生はっせいすると、ご夫妻ふさいおおきな被害ひがいけた東北とうほくけん相次あいついでおとずれ、避難ひなん生活せいかつつづける被災者ひさいしゃはげまされました。

そして、平成へいせい25ねんがつ雅子まさこさまにとって、11ねんぶりの外国がいこく公式こうしき訪問ほうもんとなったオランダへの訪問ほうもん実現じつげんし、雅子まさこさまは、回復かいふくけたおおきな一歩いっぽされました。

皇太子こうたいしさまがあたたかく見守みまもられるなか雅子まさこさまはすこしずつ活動かつどうはばひろげられていて、去年秋きょねんあきにはお二人ふたりで5にわたって公務こうむ地方ちほうおとずれ、先月せんげつ滋賀県しがけん開催かいさいされた行事ぎょうじにもご夫妻ふさい出席しゅっせきされています。


過去かこかたられたたがいへのおも


平成へいせいねんがつ

皇室こうしつ会議かいぎ婚約こんやくまったあとの記者会見きしゃかいけん
皇太子こうたいしさま)
あたたかく見守みまもってくださった方々かたがたたいしてこころからおれいもうげたいとおもいます。また、わたしからのもうけてくれた雅子まさこさんにたいしてもこころから感謝かんしゃしたいとおもっております。これからは2にんちからわせて、さまざまなつとめをたしていきたいとおもっております」
私自身わたくしじしんしあわせな家庭かていそだった経験けいけんものとして、やすらぎのあるあかるい家庭かていきずいていきたいというふうにおもっております」

雅子まさこさま)
わたし殿下でんかのどういうところにひかれたかということをもうげますと、まず、ご自身じしん大変たいへんくるしいときにでも、ほかのひとくるしみについてまずさきかんがえられるような、そういう大変たいへんおもいやりのふかほうでいらっしゃるということ」
わたしたいして『皇室こうしつはいられるということには、いろいろな不安ふあん心配しんぱいがおありでしょうけれども、雅子まさこさんのことはぼく一生いっしょう全力ぜんりょくでおまもりしますから』というふうにおっしゃってくださいました」


平成へいせいねんがつ

結婚後けっこんごはじめてのご夫妻ふさいでの記者会見きしゃかいけん
皇太子こうたいしさま)
結婚けっこんしてからはなにをするのにしてもすぐそばに雅子まさこてくれまして、そしてまたべつでもっていろいろなことをて、そしていままでわたしがつかなかったことなどをいろいろとおしえてくれます」
両陛下りょうへいかをおたすけしつつ国民こくみんともにある皇室こうしつ実現じつげんしていきたいというふうにおもっております。それとともに国内こくないはもとより外国がいこくのさまざまな地域ちいきまわりまして、そしておおくの人々ひとびと出会であい、そしておおくのもの友好ゆうこう親善しんぜん関係かんけい増進ぞうしんすこしでも役立やくだつことができたらとおもっております」

雅子まさこさま)
結婚けっこんをおけするにたりましてわたしがこれから皇室こうしつ一員いちいんとしてどのように国民こくみんかかわり、そしてなかのためにどのような役割やくわりたしていくのかということについてかんがえていかなければならないとおもいましたが、その気持きもちはいまでもわっておりません」
皇太子こうたいし殿下でんかには、あたらしい生活せいかつはいりましたわたしたいしてつねふかおもいやりをってくださっていろいろとおおしえくださり、かんがえてくださり、また、何事なにごとでも相談そうだん相手あいてとなってくださるなど、ここまでわたし本当ほんとうおおきくささえてきてくださいました」


平成へいせい14ねんがつ

愛子あいこさま誕生たんじょうをうけての記者会見きしゃかいけん
皇太子こうたいしさま)
どもの誕生たんじょうたっておおくの方々かたがたからあたたかくいわっていただいたことにたいして、こころからおれいもうげたいとおもいます。また、どもをれてきてくれたコウノトリにもあわせて感謝かんしゃをしたいとおもいます」
地球上ちきゅうじょう人類じんるい誕生たんじょうしてからこのほうえることもなくがれているこのいのちいとなみのながれのなかに、いまわたしたちがはいったということ、そういうことにあらたな感動かんどうおぼえました」

雅子まさこさま)
無事ぶじ出産しゅっさんできましたときには、ほっといたしますと同時どうじに、はじめてわたし胸元むなもとれてこられるまれたてのどもの姿すがたて、本当ほんとうまれてきてありがとうという気持きもちでいっぱいになりました」
「この懐妊かいにん期間きかん、そして出産しゅっさんいたるまで皇太子こうたいし殿下でんかには、その過程かていをすべて共有きょうゆうしてくださって、ちかくでわたしはげまし、ささつづけてくださったことにこころから感謝かんしゃもうげております」


平成へいせい15ねんがつ

結婚けっこん10ねんにあたっての文書ぶんしょ回答かいとう
皇太子こうたいしさま)
二人ふたり様々さまざまなことを一緒いっしょにやり、二人ふたりよろこびやかなしみなどもかちいつつあゆんできたとおもいます。私自身わたくしじしんとしては二人ふたり様々さまざまなことをともったり共有きょうゆうすることのなかよろこびが存在そんざいしたようにおもいます」
本当ほんとうにこの10ねんいろいろとご苦労様くろうさまでした。よく努力どりょくしました。いろいろとありがとう。といたいです。点数てんすうけるのはむずかしいのですが、最初さいしょにおはなししたことからもおかりのように、わたしは、雅子まさこは『努力賞どりょくしょう』と『感謝状かんしゃじょう』ならぬ『感謝かんしゃしょう』のダブル受賞じゅしょうではないかとおもいます」

雅子まさこさま)
「それまでとはまったことなったあたらしい世界せかいはいり、それまで想像そうぞうできなかったようなむずかしさというものに出会であうことも度々たびたびありました。そのようなとき皇太子こうたいしさまにはいつもわたしがわにいらして相談そうだんってくださり、わたしはげまし、ささえてくださったことに、こころからの感謝かんしゃもうげたいとおもいます」
点数てんすうげることは少々しょうしょうはばかられるようなもいたしますが、もし、満点まんてんというものがあるのでしたら、皇太子こうたいしさま満点まんてん以上いじょうでいらっしゃることはたしかではないでしょうか」


平成へいせい25ねんがつ

結婚けっこん20ねんにあたってのご夫妻ふさい感想かんそう
くに将来しょうらいけての課題かだい念頭ねんとうにおきつつ、わたしたちは、今後こんごとも国民こくみんしあわせをねがい、夫婦ふうふ協力きょうりょくしながらつとめをたしていくことができればとねがっております。この20年間ねんかんわたしたちは夫婦ふうふとしておおくのことを一緒いっしょ経験けいけんし、たがいにたすってまいりました」
愛子いとしごまれてからは、愛情あいじょうをもってどもをそだて、やすらぎのある、あたたかくあかるい家庭かていきずくことをこころがけ、三人さんにん日々ひびごしております」

関連かんれんニュース

かあさん、仕事しごとやめて

天皇てんのう皇后こうごう両陛下りょうへいか はつ肖像画しょうぞうが退位たいいまえ完成かんせい 宮内庁くないちょう公表こうひょう