火星かせいで、かつてみずうみだったとみられるクレーターから有機物ゆうきぶつつかった、とNASA=アメリカ航空こうくう宇宙うちゅうきょく発表はっぴょうしました。つかった有機物ゆうきぶつ生物せいぶつ由来ゆらいするものかはわかっていませんが、将来しょうらいくわしい探査たんさ生命せいめい存在そんざいしめ証拠しょうこつけられるかもしれないと期待きたいされています。


NASAは7にち火星かせい探査たんさつづけている無人むじん探査機たんさき「キュリオシティ」の最新さいしん観測かんそく結果けっか発表はっぴょうしました。

それによりますと、火星かせいでかつてみずうみだったとみられるクレーターで地面じめんったところ、35おく年前ねんまえにできたいわなかから、炭素たんそ水素すいそふく複雑ふくざつ構造こうぞう有機物ゆうきぶつ分子ぶんしつかったということです。

有機物ゆうきぶつ生物せいぶつ活動かつどうによってできる可能性かのうせいもありますが、NASAは、今回こんかいつかった有機物ゆうきぶつ生物せいぶつ由来ゆらいかどうかはわからないとしています。

またNASAは、火星かせい大気たいきを4年半ねんはんあまりにわたって観測かんそくした結果けっか大気中たいきちゅうのメタンの濃度のうど季節きせつによって変動へんどうし、なつふゆくらべて濃度のうどが3ばいたかいことがわかったと発表はっぴょうしました。

火星かせい地表ちひょう付近ふきんにあるメタンがして濃度のうど上昇じょうしょうしているとみられ、メタンが微生物びせいぶつなどの活動かつどう結果けっか発生はっせいした可能性かのうせいはありますが、はっきりとはわからないとしています。

NASAは2020ねんあらたな無人むじん探査機たんさき火星かせいおくり、火星かせい大気たいき土壌どじょう調しらべる計画けいかくで、今後こんごくわしい探査たんさ生命せいめい存在そんざいしめ証拠しょうこつけられるかもしれないと期待きたいされています。

関連かんれんニュース

CO2の平均へいきん濃度のうど 国内こくない観測点かんそくてんすべて過去かこ最高さいこう

つき裏側うらがわ本格的ほんかくてき探査たんさ中国ちゅうごく通信つうしん衛星えいせい成功せいこう