CO2の平均へいきん濃度のうど 国内こくない観測点かんそくてんすべて過去かこ最高さいこう

2018ねん06がつ04にち 0417ふん NewsWebEasy
仮名がなレベル

地球ちきゅう温暖化おんだんか原因げんいんとなる温室おんしつ効果こうかガスの二酸化にさんか炭素たんそ平均へいきん濃度のうどは、去年きょねん国内こくないに3かしょある気象庁きしょうちょう観測点かんそくてんすべてで400ppmをえ、これまででもっとたか観測かんそくしました。

気象庁きしょうちょうは、岩手県いわてけん大船渡市おおふなとし三陸町綾里さんりくちょうりょうり沖縄県おきなわけん与那国島よなぐにじま、それに小笠原おがさわら諸島しょとうみなみ鳥島とりしまの3かしょ二酸化にさんか炭素たんそ観測かんそくつづけています。

この3かしょ去年きょねん年間ねんかん二酸化にさんか炭素たんそ平均へいきん濃度のうどは、与那国島よなぐにじまで409.5ppm、大船渡市おおふなとし三陸町綾里さんりくちょうりょうりで409.2ppm、みなみ鳥島とりしまで407.7ppmで、おととしにくらべておよそ2ppm増加ぞうかし、いずれもこれまででもっとたか観測かんそくしました。

二酸化にさんか炭素たんそ濃度のうどについて、国連こくれんのIPCC=「気候きこう変動へんどうかんする政府間せいふかんパネル」は、今世紀こんせいきまつ気温きおん上昇じょうしょうを2未満みまんおさえるための目安めやすを、世界せかい平均へいきんで420ppm程度ていどとしていますが、国内こくない観測点かんそくてんでは、観測かんそく開始かいし以来いらい毎年まいとし2ppm前後ぜんご上昇じょうしょうつづいていて、この傾向けいこうつづくと、あと10ねんほどで目安めやすえる可能性かのうせいがあります。

また、去年きょねん日本にっぽん南東なんとう上空じょうくう6キロ付近ふきん航空機こうくうき使つかい、12かいにわたってった観測かんそくでは、平均へいきん濃度のうどが406.4ppmにたっしたほか、ことし1がつから2がつにかけて日本にっぽん近海きんかいふく北西ほくせい太平洋たいへいようじょうった観測かんそくでは410ppmをえ、いずれも観測かんそく史上しじょうもっとたかくなりました。

気象庁きしょうちょうは、「二酸化にさんか炭素たんそ平均へいきん濃度のうどはずっと増加ぞうかする傾向けいこうつづいていて、歯止はどめがかからない状況じょうきょうだ。二酸化にさんか炭素たんそ排出はいしゅつ大幅おおはば削減さくげんけた対策たいさくをさらにすすめる必要ひつようがある」とはなしています。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。