脱毛症だつもうしょう」などの治療ちりょう応用おうようするためかみつくす「毛包もうほう(もうほう)」という器官きかん人工的じんこうてき大量たいりょうつく技術ぎじゅつ理化学研究所りかがくけんきゅうじょなどの研究けんきゅうグループが開発かいはつし、来月らいげつから動物どうぶつ安全性あんぜんせいたしかめる試験しけんはじめることになりました。


薄毛うすげなどの脱毛症だつもうしょうなやひと全国ぜんこくに2500まん人以上にんいじょういると推計すいけいされていますが、男性だんせいホルモンをコントロールするくすり投与とうよなど治療法ちりょうほうかぎられていて、理化学研究所りかがくけんきゅうじょなどでは毛髪もうはつつくす「毛包もうほう」とばれる器官きかん再生さいせい医療いりょう技術ぎじゅつつく移植いしょくする治療法ちりょうほう開発かいはつんでいます。

理化学研究所りかがくけんきゅうじょやベンチャー企業きぎょう研究けんきゅうグループが4にち会見かいけんひらき、ヒトの頭皮とうひにある3種類しゅるい細胞さいぼうしてやし、さらに専用せんよう特殊とくしゅ機械きかいで3種類しゅるい細胞さいぼう一緒いっしょ培養ばいようすることで、「毛包もうほう」を大量たいりょうつく技術ぎじゅつ開発かいはつ成功せいこうしたと発表はっぴょうしました。

グループによりますと、20日間にちかんほどでかみまんぼん相当そうとうするおよそ5000の「毛包もうほう」をつくせるとしています。

グループでは、7がつから動物どうぶつ移植いしょくして安全性あんぜんせいたしかめる試験しけんはじめ、はやければ再来年さらいねん(2020ねん)にも実用化じつようかしたいとしています。

理化学研究所りかがくけんきゅうじょつじこうチームリーダーは「これまでにない方法ほうほう実現じつげんし、患者かんじゃさんたちの生活せいかつしつ改善かいぜん貢献こうけんしたい」とはなしています。


治療ちりょう対象たいしょうは「男性だんせいがた脱毛症だつもうしょう

研究けんきゅうグループが将来的しょうらいてきにまず治療ちりょう対象たいしょうとしたいとしているのは脱毛症だつもうしょうのうち、「男性だんせいがた脱毛症だつもうしょう」とばれる病気びょうきです。

この脱毛症だつもうしょう思春期ししゅんき以降いこうはじまってぎわ頭頂部とうちょうぶ次第しだいほそく、みじかくなって薄毛うすげとなるのが特徴とくちょうです。脱毛症だつもうしょう全体ぜんたいでは全国ぜんこくに2500まん人以上にんいじょういますが、そのうち「男性だんせいがた脱毛症だつもうしょう」の患者かんじゃはおよそ1800万人まんにんいるとされ、おもに20代後半だいこうはんから30だいにかけて症状しょうじょうすすみます。

これまでは原因げんいんとなる男性だんせいホルモンをコントロールする内服薬ないふくやくのほか、ぐすりなどが治療ちりょう中心ちゅうしんとなっています。また脱毛症だつもうしょう薄毛うすげ治療ちりょうへの社会的しゃかいてきなニーズはたかく、くすり以外いがいにもかつらや植毛しょくもう、それに育毛剤いくもうざい開発かいはつなど、その市場しじょう規模きぼは2000億円おくえんのぼるというデータもあります。

関連かんれんニュース

iPS細胞さいぼう応用おうよう心臓しんぞう治療ちりょうはつ実施じっしくに審議会しんぎかい了承りょうしょう

イージー・ニュース

かみつくる「毛包もうほう」がたくさんできる技術ぎじゅつ