アメリカの大手おおてコーヒーチェーン、スターバックスは、先月せんげつ店舗てんぽ黒人こくじんへの人種じんしゅ差別さべつもとづく対応たいおうがあったと批判ひはんけたことから、全米ぜんべいに8000以上いじょうある直営店ちょくえいてん一斉いっせい閉店へいてんし、ぜん従業員じゅうぎょういん対象たいしょう再発さいはつ防止ぼうしけた研修けんしゅうおこないました。


米スターバックス 人種差別批判受け一斉閉店し従業員研修

この問題もんだいは、先月せんげつ、アメリカ東部とうぶペンシルベニアぺんしるべにあしゅうのスターバックスの店舗てんぽで、なに注文ちゅうもんしないまま、店内てんない知人ちじんっていた黒人こくじん男性だんせいにんが、店員てんいんにトイレを使つかってもよいかなどとたずねたところ、店側みせがわ警察けいさつ通報つうほうし、不法ふほう侵入しんにゅううたがいで逮捕たいほされたものです。

この様子ようす撮影さつえいした動画どうががツイッターに投稿とうこうされてひろがると、スターバックスの対応たいおう人種じんしゅ差別さべつもとづくものだとして全米ぜんべい批判ひはんたかまり、スターバックスは謝罪しゃざいする事態じたいとなりました。

この問題もんだいけてスターバックスは、29日午後にちごご全米ぜんべいに8000以上いじょうある直営店ちょくえいてんを4時間じかんにわたって一斉いっせい閉店へいてんして、およそ17まん5000にんぜん従業員じゅうぎょういん対象たいしょうに、専門家せんもんかはなしき、経験けいけんかたうなどの研修けんしゅうおこないました。

また、スターバックスは29にち、ニューヨーク・タイムズなどに全面ぜんめん広告こうこく掲載けいさいし、このなかでハワード・シュルツ会長かいちょうが、「だれもがれる場所ばしょにすることを約束やくそくする」として、再発さいはつ防止ぼうしつとめる姿勢しせいしめしました。

イージー・ニュース

アメリカのスターバックス 人種じんしゅ差別さべつがないように店員てんいん研修けんしゅう