沖縄県おきなわけん宮古島みやこじまでは、農業のうぎょうまな高校生こうこうせいたちが学校がっこう農場のうじょうつくったひまわりの迷路めいろ一般いっぱん開放かいほうされ、大勢おおぜい家族かぞくれがたのしんでいます。


ひまわりの迷路めいろつくられたのは、県立けんりつ宮古みやこ総合そうごう実業じつぎょう高校こうこう農場のうじょうです。

生物せいぶつ生産せいさん生徒せいとたちが毎年まいとしひまわりを栽培さいばいしていて、2メートルほどのたかさに成長せいちょうしています。

ひまわりは、およそ400メートルにわたって迷路めいろかたちになるようにえられていて、一般いっぱん開放かいほうされた27にちは、午前中ごぜんちゅうから大勢おおぜい家族かぞくれがたのしんでいました。

どもたちは「ひまわりの迷路めいろたのしかった。10かいほどまよいました」とはなしていました。母親ははおやの1にんは「気分きぶん転換てんかんになってとてもたのしかったです。どもたちも夢中むちゅうになってたのしんでいました」とはなしていました。

ひまわりの迷路めいろは、来週らいしゅう土曜日どようび日曜日にちようびにも一般いっぱん開放かいほうされます。

関連かんれんニュース

被災地ひさいち巨大きょだいはな迷路めいろ 福島ふくしま 南相馬みなみそうま

熊本城くまもとじょうさくら名所めいしょ行幸みゆきさか」を開放かいほう 花見はなみ期間きかん限定げんてい

イージー・ニュース

沖縄県おきなわけん 高校生こうこうせいつくったひまわりの迷路めいろ家族かぞくたのしむ