尾瀬おぜ山開やまびら福島ふくしま 檜枝岐村ひのえまたむら

2018ねん05がつ24にち 1209ふん NewsWebEasy
仮名がなレベル

うつくしい湿原しつげんられ貴重きちょう自然しぜんのこ尾瀬おぜ山開やまびらきが福島県ふくしまけん檜枝岐村ひのえまたむらおこなわれ、関係者かんけいしゃがシーズンちゅう安全あんぜん祈願きがんしました。

毎年まいとし恒例こうれい尾瀬おぜ山開やまびらきは、登山口とざんぐちがある福島県ふくしまけん群馬県ぐんまけん新潟県にいがたけんで、交代こうたいおこなわれ、ことしは福島県ふくしまけん檜枝岐村ひのえまたむらにある登山口とざんぐちひとつ「尾瀬おぜ御池おいけ」でおこなわれました。

式典しきてんでは神事しんじおこなって安全あんぜん祈願きがんしたあと、関係者かんけいしゃたちがテープカットをしてシーズンの幕開まくあけをいわいました。そして「なつればおもすはるかな尾瀬おぜとおいぞら」の歌詞かしられる唱歌しょうかなつおも」をシンガーソングライターのMiyuuさんがうたい、式典しきてんはなえました。

式典しきてんのあと、愛好家あいこうかたちは早速さっそく沼山ぬまやまとうげ登山口とざんぐちまでシャトルバスでかい、ミズバショウやリュウキンカなどの季節きせつはな尾瀬沼おぜぬまでの散策さんさくかいました。白河市しらかわしからおとずれた60だい男性だんせいは「尾瀬おぜゆたかな自然しぜんたのしみにました」とはなしていました。

尾瀬沼おぜぬまビジターセンターの佐々木ささき彩乃あやのさんは「ことしはゆきどけが去年きょねんより3週間しゅうかんほどはやく、はな開花かいかはやいです。防寒ぼうかん対策たいさくをしっかりしておとずれてほしいです」とはなしていました。

尾瀬おぜでは、紅葉こうようわる10月末がつまつごろまで登山とざん散策さんさくたのしむことができます。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。