西城秀樹さん死去

「YOUNG MAN」や「きずだらけのローラ」などのヒットひっときょく人気にんきあつめ、そのも2脳梗塞のうこうそくから復帰ふっきして活動かつどうつづけていた歌手かしゅ西城さいじょう秀樹ひできさんが16にちよる急性きゅうせい心不全しんふぜんのため横浜よこはま市内しない病院びょういんくなりました。63さいでした。


西城秀樹さん死去

西城さいじょう秀樹ひできさんは広島市ひろしまし出身しゅっしんで、高校こうこうねんのときに上京じょうきょうし、昭和しょうわ47ねん歌手かしゅデビューしました。
はげしいけとエネルギッシュなうたかたわか女性じょせい人気にんきあつめ、「情熱じょうねつあらし」や「きずだらけのローラ」などのきょく相次あいついでヒットしました。

西城にしじょうさんは、おな時期じきにデビューしたごうひろみさん、野口のぐち五郎ごろうさんとともに「しん御三家ごさんけ」とばれ、昭和しょうわ49ねんには「きずだらけのローラ」ではじめてNHKの紅白歌合戦こうはくうたがっせん出場しゅつじょうしました。

さらに昭和しょうわ54ねん発表はっぴょうした「YOUNG MAN」は、からだ使つかってアルファベットのYMCAを表現ひょうげんするけが世代せだいをこえてしたしまれてだいヒットひっとし、日本にっぽん歌謡かよう大賞たいしょう受賞じゅしょうしました。

アジア各国かっこくでも人気にんきたかく、昭和しょうわ63ねんにはソウルオリンピックの前夜祭ぜんやさい出演しゅつえんしました。

西城にしじょうさんはその、48さいと56さいのときに脳梗塞のうこうそくわずらいましたが、いずれもリハビリをかさねて復帰ふっきしました。
度目どめのときは言語げんご障害しょうがいくわえて右半身みぎはんしんがまひしましたが、発症はっしょうから40日後にちごにはいすにすわった状態じょうたいでステージにもどり、その同世代どうせだい往年おうねんのスターがあつまるコンサートに出演しゅつえんするなど、活動かつどうつづけていました。

平成へいせい26ねんがつにNHKの番組ばんぐみ出演しゅつえんしたさいには、「おな病気びょうきひとたちに勇気ゆうきあたえるためにも、いま自分じぶんをありのまませてステージにとうとおもった。もともどるのは無理むりだけど、すこしでもよくなるようにまえいて頑張がんばっていきたい」とはなしていました。

事務所じむしょによりますと、西城にしじょうさんは先月せんげつ25にち家族かぞく一緒いっしょにいるときにきゅう意識いしき不明ふめいになって入院にゅういんし、16日午後にちごご1153ふん急性きゅうせい心不全しんふぜんのため横浜よこはま市内しない病院びょういんくなったということです。

関連かんれんニュース

東北とうほく被災地ひさいち高校生こうこうせい NYでオペラ出演しゅつえん 復興ふっこうへのおも

イージー・ニュース

歌手かしゅ西城さいじょう秀樹ひできさんが63さいくなる