京都きょうと嵐山あらしやまにある観光客かんこうきゃく人気にんきたか竹林たけばやしで、およそ100ほんたけ文字もじのようなきずきざまれているのがつかり、管理かんりする外国語がいこくごふくがみをしてやめるようびかけています。


京都市きょうとし右京区うきょうく嵐山あらしやまにある「竹林たけばやし散策路さんさくろ」は3年前ねんまえから無料むりょう開放かいほうされ、すう千本せんぼんたけることができることから観光客かんこうきゃく人気にんきあつめています。

一方いっぽう京都市きょうとしによりますと、ことしの2がつごろからたけ表面ひょうめん先端せんたんかたくとがったものできざんだとられる、アルファベットや漢字かんじなどの文字もじのようなきず目立めだつようになったということです。被害ひがい先月せんげつから急激きゅうげきえ、これまでにおよそ100ほん確認かくにんされています。

外国語がいこくごふくがみをして、やめるようびかけるとともに、たけ保護ほごするさくたかさをげるなど対策たいさく検討けんとうすることにしています。

管理かんり委託いたくされている会社かいしゃ鈴木すずき貴之たかゆき副課長ふくかちょうは「たけっこでつながっているので、一本いっぽんきずつくとほかにも影響えいきょうる。おおきくきずついたたけって処分しょぶんするしかないのでやめてほしい」とはなしています。

おとずれた女性じょせいは「すごくきれいなのに残念ざんねんです。みんなが京都きょうと大事だいじにしてほしい」とはなしていました。

イージー・ニュース

京都市きょうとし嵐山あらしやま 100ほんたけ文字もじのようなきずつかる