からだのさまざまな組織そしきになるiPS細胞さいぼう使つかっておも心臓病しんぞうびょう患者かんじゃ治療ちりょうする、大阪大学おおさかだいがく臨床りんしょう研究けんきゅうが16にちくに審議会しんぎかいによって了承りょうしょうされました。iPS細胞さいぼう使つかった心臓病しんぞうびょう治療ちりょう研究けんきゅうは、世界せかいはじめてだということで、研究けんきゅうグループは、今年度中こんねんどちゅうにも1例目れいめ実施じっしするということです。


大阪大学おおさかだいがくおもだか芳樹よしき教授きょうじゅらのグループは、からだのさまざまな組織そしきになるiPS細胞さいぼうからつくった心臓しんぞう筋肉きんにく細胞さいぼうをシートじょうにしておも心臓病しんぞうびょう患者かんじゃ心臓しんぞう直接ちょくせつりつける手術しゅじゅつおこない、機能きのう回復かいふく目指めざ臨床りんしょう研究けんきゅうくに申請しんせいしています。

この研究けんきゅうについての2回目かいめ審議会しんぎかいが16にち厚生労働省こうせいろうどうしょうひらかれ、研究けんきゅう対象たいしょう重症じゅうしょう患者かんじゃしぼるほか、患者かんじゃたいする同意どうい文書ぶんしょをわかりやすいものにすることを条件じょうけんに、計画けいかく了承りょうしょうされました。

グループは、今年度中こんねんどちゅうにも患者かんじゃ臨床りんしょう研究けんきゅうはじめて安全性あんぜんせいなどを確認かくにんし、これまで治療ちりょうむずかしかったおも心臓病しんぞうびょうあらたな治療法ちりょうほうとして確立かくりつすることを目指めざしています。

京都大学きょうとだいがく山中やまなか伸弥しんや教授きょうじゅが11年前ねんまえつくしたiPS細胞さいぼう応用おうようした再生さいせい医療いりょう臨床りんしょう研究けんきゅうは、神戸市こうべしにある理化学研究所りかがくけんきゅうじょなどが網膜もうまく実施じっししていますが、研究けんきゅうグループによりますと、心臓病しんぞうびょう治療ちりょうでは世界せかいはじめてだということで、医療いりょう分野ぶんやでの応用おうよう本格的ほんかくてきすすむことになります。

厚生労働省こうせいろうどうしょう研究けんきゅう開発かいはつ振興課しんこうか森光もりみつ敬子けいこ課長かちょうは「大変たいへんむずかしい臨床りんしょう研究けんきゅうなので、安全性あんぜんせいをつけて慎重しんちょうすすめてほしい」とはなしていました。


心筋しんきん細胞さいぼうシート 筋肉きんにくのように収縮しゅうしゅく

心筋しんきん細胞さいぼうシート」は、iPS細胞さいぼうから心臓しんぞう筋肉きんにく細胞さいぼうをつくりだし、あつさおよそ0.1ミリ、おおきさすうセンチせんちのシートじょう加工かこうしたものです。

患者かんじゃにん移植いしょくする2まいのシートには、細胞さいぼうがおよそ1おくふくまれていて心臓しんぞう筋肉きんにくおなじように収縮しゅうしゅくかえします。

大阪大学おおさかだいがくおもだか芳樹よしき教授きょうじゅらのグループは、このシートをおも心臓病しんぞうびょう患者かんじゃ心臓しんぞう直接ちょくせつけ、心臓しんぞう収縮しゅうしゅくするちから回復かいふくさせる研究けんきゅうすすめています。

グループではこれまでも、患者かんじゃ自身じしんあしからした筋肉きんにくもととなる細胞さいぼうをシートじょう培養ばいようして心臓しんぞうけ、機能きのう回復かいふくさせる研究けんきゅうおこない、すでに50れい以上いじょう実施じっししているということです。

今回こんかい臨床りんしょう研究けんきゅうではiPS細胞さいぼう使つかった心臓しんぞう筋肉きんにくのシートを、わせて3にん患者かんじゃ移植いしょくして安全性あんぜんせいなどを確認かくにんする計画けいかくです。

そのうえでさらに医師いし主導しゅどう治験ちけんおこなって、心臓しんぞう移植いしょくしかたすかる方法ほうほうのないおも心臓病しんぞうびょう患者かんじゃあらたな治療法ちりょうほうとして確立かくりつしたいとしています。

また、今回こんかい使つかわれるiPS細胞さいぼうは、京都大学きょうとだいがくiPS細胞さいぼう研究所けんきゅうじょがあらかじめ作製さくせいし、保存ほぞんしているものです。患者かんじゃ自身じしんのiPS細胞さいぼう使つか場合ばあいくらべ、治療ちりょうまでにかかる期間きかんやコストを大幅おおはばらすことができるということです。


臨床りんしょう研究けんきゅう 安全性あんぜんせい有効性ゆうこうせい評価ひょうか

今回こんかい臨床りんしょう研究けんきゅうについて、今後こんご安全性あんぜんせい有効性ゆうこうせいという2つのてんから評価ひょうかおこなわれます。

このうち安全性あんぜんせいについては、すでにおこなわれた「加齢かれい黄斑おうはん変性へんせい」というおも病気びょうきへの治療ちりょう以上いじょうきびしい評価ひょうかもとめられると専門家せんもんか指摘してきします。

今回こんかい計画けいかくでは、「加齢かれい黄斑おうはん変性へんせい」の治療ちりょう使つかわれたかず数百倍すうひゃくばいたるおよそ1おく細胞さいぼう体内たいないれる、これまでにれい治療ちりょうとなります。

このためがんになる細胞さいぼうてこないか、きびしいチェックが必要ひつようになるということです。

また東北大学とうほくだいがくによりますと、今回こんかい対象たいしょうとなる心臓病しんぞうびょう患者かんじゃおな程度ていど重症じゅうしょう患者かんじゃなかには、投薬とうやくなど通常つうじょう治療ちりょうでも症状しょうじょう改善かいぜんしたケースがあるということです。

このため専門家せんもんかは、iPS細胞さいぼう使つかった再生さいせい医療いりょうが、通常つうじょう治療ちりょう以上いじょうおおきな効果こうかげることができるかも今後こんご重要じゅうようなポイントになると指摘してきしています。


患者かんじゃ家族かぞく団体だんたいきる希望きぼうにつながる」

心臓病しんぞうびょう患者かんじゃとその家族かぞくおよそ3800世帯せたいつくる「全国ぜんこく心臓病しんぞうびょうどもをまもかい」の斉藤さいとう幸枝ゆきえ理事りじは、今回こんかい臨床りんしょう研究けんきゅうについて、「心臓病しんぞうびょう患者かんじゃは、移植いしょくっていても、いつ順番じゅんばんまわってくるかわからず、なかにはそのままくなったひともいます。あたらしい治療法ちりょうほうまれることは患者かんじゃにとってきる希望きぼうにつながるので、治療法ちりょうほうえるのは本当ほんとうによいことだとおもいます。医療いりょうはいろいろなひと使つかわれてこそ進歩しんぽするし、安全性あんぜんせい確保かくほされるとおもうので期待きたいしています」とはなしていました。


大阪おおさかだい さわ教授きょうじゅまる」

大阪大学おおさかだいがくおもだか芳樹よしき教授きょうじゅは16日午後にちごご東京とうきょう 千代田区ちよだくにある大阪大学おおさかだいがく東京とうきょうオフィスで記者会見きしゃかいけんし、「ここまで10ねんにわたって研究けんきゅうつづけてきて、ようやくスタート地点ちてんつことができたと、まる気持きもちだ。むずかしいみちがまだまだっているとおもうが、1にんでもおおくの患者かんじゃがよりよい治療ちりょうたすかるように努力どりょくしたい」とべました。

そのうえで、今後こんご見通みとおしについて「これから患者かんじゃ投与とうよする細胞さいぼう培養ばいようはじめて、安全あんぜん最大限さいだいげん配慮はいりょをしながら、年度内ねんどないに1例目れいめをスタートしたい」とべました。


京大きょうだい 山中やまなか所長しょちょうあたらしい治療法ちりょうほう確立かくりつ期待きたい

京都大学きょうとだいがくiPS細胞さいぼう研究所けんきゅうじょ山中やまなか伸弥しんや所長しょちょうは「安全性あんぜんせい有効性ゆうこうせい検証けんしょうおこない、あたらしい治療法ちりょうほうとして確立かくりつされることを期待きたいするとともに、慎重しんちょう経過けいか見守みまもりたい」とするコメントを発表はっぴょうしました。

また今回こんかい臨床りんしょう研究けんきゅう京都大学きょうとだいがく提供ていきょうする再生さいせい医療用いりょうようのiPS細胞さいぼう「iPS細胞さいぼうストック」が使用しようされることについて、山中やまなか所長しょちょうは、「心臓病しんぞうびょうにとどまらず、ほかのさまざまな疾患しっかん対象たいしょうとしたプロジェクトでも使つかってもらえるように、よりよい細胞さいぼう十分じゅうぶん提供ていきょうしていきたい」としています。


iPS細胞さいぼう臨床りんしょう研究けんきゅううご

京都大学きょうとだいがく山中やまなか伸弥しんや教授きょうじゅが11年前ねんまえ開発かいはつ成功せいこうした、ヒトiPS細胞さいぼう応用おうようした最初さいしょ臨床りんしょう研究けんきゅうは、4年前ねんまえ平成へいせい26ねん神戸市こうべしにある理化学研究所りかがくけんきゅうじょなどのチームが世界せかいはじめておこないました。

対象たいしょうは「加齢かれい黄斑おうはん変性へんせい」というおも病気びょうきで、これまでに6にん患者かんじゃ手術しゅじゅつおこない、安全性あんぜんせい効果こうかなどを評価ひょうかしています。

このほかにも慶応大学けいおうだいがくのグループが、今回こんかい大阪大学おおさかだいがくとはべつ方法ほうほうで、おも心臓病しんぞうびょう患者かんじゃにiPS細胞さいぼうからつくった心臓しんぞう筋肉きんにく細胞さいぼう移植いしょくする臨床りんしょう研究けんきゅう年内ねんない実施じっしすることを目指めざして、大学内だいがくないでの手続てつづきにすでにはいっています。

また慶応大学けいおうだいがくべつのグループは、脊髄せきずいきずついてからだうごかせなくなった患者かんじゃ神経しんけいもととなる細胞さいぼう移植いしょくし、運動うんどう機能きのう回復かいふく目指めざ臨床りんしょう研究けんきゅう年内ねんない実施じっしすることを目指めざし、大学内だいがくない手続てつづきをすすめています。

一方いっぽう京都大学きょうとだいがくでは、パーキンソンぱーきんそんびょう患者かんじゃにiPS細胞さいぼうからつくった神経しんけいもととなる細胞さいぼう移植いしょくする治験ちけんや、血液けつえき成分せいぶんである「血小板けっしょうばん」がすくなくなる病気びょうき患者かんじゃにiPS細胞さいぼうからつくった血小板けっしょうばん投与とうよする臨床りんしょう研究けんきゅう治験ちけん計画けいかくすすめられています。

このように今後こんごは、移植いしょくする細胞さいぼうかずおお臨床りんしょう応用おうよう計画けいかくつづいており、日本医療にほんいりょう研究けんきゅう開発かいはつ機構きこうでiPS細胞さいぼう使つかった再生さいせい医療いりょう研究けんきゅう支援しえんしている赤澤あかざわ智宏ともひろ東京医科歯科大学とうきょういかしかだいがく教授きょうじゅは、「これからは移植いしょく安全性あんぜんせいがより一層いっそうわれることになる。今回こんかい臨床りんしょう研究けんきゅうはいかに安全性あんぜんせい確保かくほできるかというてんで、今後こんごのiPS細胞さいぼう使つかった再生さいせい医療いりょう行方ゆくえ左右さゆうする分岐点ぶんきてんとなる」とはなしています。

関連かんれんニュース

尿にょう調しらべてがん発見はっけん世界初せかいはつ実証じっしょう実験じっけん

体調たいちょう不良ふりょう不登校ふとうこう十分じゅうぶん検査けんさ治療ちりょう登校とうこう可能かのうなケースおおい”

イージー・ニュース

iPS細胞さいぼう心臓しんぞう病気びょうき治療ちりょうをすることがまる