中国ちゅうごく国営こくえいメディアは、はじめての国産こくさん空母くうぼが13にち試験しけん航行こうこうはじめたとつたえ、ぐん展開てんかい能力のうりょくたかめる空母くうぼ建造けんぞう加速かそくさせ、海洋かいよう進出しんしゅつつよめる姿勢しせいあらためて鮮明せんめいになっています。


中国ちゅうごく国営こくえい新華社しんかしゃ通信つうしんは、はじめての国産こくさん空母くうぼが13にちあさ東北部とうほくぶ遼寧省りょうねいしょう大連だいれんみなと試験しけん航行こうこう開始かいししたとつたえました。

この国産こくさん空母くうぼ通常つうじょう動力どうりょくがた全長ぜんちょうは300メートルあまり、艦載機かんさいき滑走かっそうして甲板かんぱんはそりがったかたちの「スキージャンプしき」を採用さいようしています。

ウクライナから購入こうにゅうして改修かいしゅうし、すでにぐん配備はいびされている空母くうぼ遼寧りょうねい」をもと設計せっけいし、よりおおくの艦載機かんさいきめるよう改良かいりょうくわえたとされています。

中国ちゅうごくでは将来しょうらい原子力げんしりょく空母くうぼふくめ、すくなくとも4せき空母くうぼ保有ほゆうする計画けいかくがあるとられ、中国ちゅうごくメディアは、今回こんかい国産こくさん空母くうぼは、はやければ、ことし後半こうはんにもぐんわたされるという見方みかたつたえてます。

習近平しゅうきんぺい国家こっか主席しゅせきは、先月せんげつ空母くうぼ遼寧りょうねい」も参加さんかさせてみなみシナしなかいった観艦式かんかんしきで、「世界一せかいいちりゅう海軍かいぐん構築こうちくけて努力どりょくすべきだ」と訓示くんじしていて、ぐん展開てんかい能力のうりょくたかめる空母くうぼ建造けんぞう加速かそくさせて、海洋かいよう進出しんしゅつつよめる姿勢しせいあらためて鮮明せんめいとなっています。


空母くうぼ中国ちゅうごく海洋かいよう強国きょうこく」の中核ちゅうかく

中国ちゅうごくは「海洋かいよう強国きょうこく」の建設けんせつかかげて海軍かいぐん空軍くうぐん装備そうび増強ぞうきょうし、遠洋えんようでの展開てんかい能力のうりょく向上こうじょうはかっていて、空母くうぼはその中核ちゅうかく位置いちづけられています。

現在げんざい中国軍ちゅうごくぐん空母くうぼはウクライナから購入こうにゅうして改修かいしゅうした「遼寧りょうねい」の1せきだけですが、将来的しょうらいてきにはすくなくとも4せき保有ほゆうする計画けいかくがあるとられています。13にち試験しけん航行こうこうはじめた国産こくさん空母くうぼくわえ、すでに上海しゃんはい空母くうぼ建造けんぞうすすめられているとられます。

また、ことし2がつには、大手おおて国有こくゆう企業きぎょうはつ原子力げんしりょく空母くうぼ開発かいはつすすめる計画けいかくあきらかになっています。国営こくえい中国ちゅうごく中央ちゅうおうテレビは13にち放送ほうそうでも「中国ちゅうごくはすでに中型ちゅうがた空母くうぼやあとにつづくより大型おおがた空母くうぼ建設けんせつする能力のうりょくっている」とつたえています。

また、中国軍ちゅうごくぐん空母くうぼ作戦さくせん能力のうりょく向上こうじょうにもちかられていて、空母くうぼ遼寧りょうねい」をことし3がつから先月せんげつまで1かげつあまりにわたって航海こうかいさせ、みなみシナしなかい西にし太平洋たいへいよう訓練くんれんおこなっています。

このうち、みなみシナしなかいでは中国軍ちゅうごくぐんとして過去かこ最大さいだい規模きぼ観艦式かんかんしきったほか、台湾たいわんとフィリピンのあいだにあるバシー海峡かいきょうえた西にし太平洋たいへいよう海域かいいきでは、実戦じっせん想定そうていした訓練くんれんおこなっています。

中国ちゅうごく今後こんご空母くうぼ建造けんぞうとともに、作戦さくせん能力のうりょく向上こうじょう運用うんようかかわる人材じんざい育成いくせいすすめ、ひがしシナしなかいみなみシナしなかいくわえて、将来的しょうらいてきには中東ちゅうとうやアフリカなど中国ちゅうごくからはなれた場所ばしょでも、みずからの権益けんえきまもるためのうごきをつよめていくものとられます。

関連かんれんニュース

中国ちゅうごく 国防費こくぼうひ18兆円ちょうえん 世界せかいだい規模きぼ米国べいこくなど警戒感けいかいかんあらわ

富士通ふじつう 中国ちゅうごく企業きぎょうとAI活用かつようの「スマート工場こうじょう展開てんかい

35まんえん模型もけいそく購入こうにゅう日本製にほんせいフィギュアなど展示てんじ即売会そくばいかい 中国ちゅうごく