NASA=アメリカ航空こうくう宇宙うちゅうきょくは、火星かせいにヘリコプターがた小型こがたドローンをはこんで飛行ひこう実験じっけんおこなうと発表はっぴょうしました。ヘリコプターの飛行ひこう実験じっけん地球ちきゅう以外いがい惑星わくせいおこなうのははじめてです。


これはNASAが11にち発表はっぴょうしたもので、火星探査車かせいたんさしゃにヘリコプターがた小型こがたドローンをみ、2020ねんがつ火星かせいけてげます。ドローンは2021ねんがつ火星かせい到着とうちゃくする見込みこみで、到着とうちゃく次第しだい飛行ひこう実験じっけんおこなわれます。

ドローンは、機体きたいおおきさがソフトボール程度ていどで、おもさはおよそ1.8キロ、太陽光発電たいようこうはつでんうごきます。

火星かせい大気たいき地球ちきゅうの100ふんの1とうすく、機体きたいかせるための揚力ようりょくるのがむずかしいため、回転翼かいてんよく羽根はね地球上ちきゅうじょうよりもおよそ10ばいばや回転かいてんさせてばすということです。

今回こんかい技術的ぎじゅつてき検証けんしょう目的もくてきですが、NASAは「ヘリコプターが火星かせい飛行ひこうできると実証じっしょうされれば、今後こんご探査車たんさしゃではけない場所ばしょへのアクセスといった調査ちょうさ範囲はんい拡大かくだいなどが期待きたいできる」としています。

関連かんれんニュース

つき火星かせい、そしてそのさきまで」太陽系たいようけい探査たんさ国際こくさい会議かいぎ

べい ボーイング787の運航うんこう条件じょうけんきびしくする措置そち

イージー・ニュース

NASA ドローンで火星かせい調しらべる計画けいかく