ハワイはわいとうキラウエア火山かざん噴火ふんか 被害ひがい拡大かくだい 住宅じゅうたく26むねける

2018ねん05がつ07にち 1133ふん NewsWebEasy
仮名がなレベル

今月こんげつにちにキラウエア火山かざん噴火ふんかしたハワイはわいとうでは溶岩ようがん住宅地じゅうたくちながんで、これまでに住宅じゅうたく26むねけるなど被害ひがい拡大かくだいしていて、現地げんち防災ぼうさい当局とうきょくつづ今後こんご火山かざん活動かつどう注意ちゅういするようびかけています。

ハワイはわいとうでは今月こんげつにちしま南部なんぶにあるキラウエア火山かざん噴火ふんかし、地面じめんしょうじた亀裂きれつから溶岩ようがん周辺しゅうへん森林しんりん住宅地じゅうたくちながみ、現地げんち防災ぼうさい当局とうきょくによりますと、一部いちぶ地域ちいきでは有毒ゆうどくガスが検出けんしゅつされているということです。

これまでにけがにん情報じょうほうはありませんが、ながんだ溶岩ようがんによってすくなくとも26むね住宅じゅうたくけるなど、さらに被害ひがい拡大かくだいしています。

現地げんちからの映像えいぞうでは住宅じゅうたくわきから大量たいりょう噴石ふんせきているほか、溶岩ようがんが2だいくるまむようにながはげしくえている様子ようすつたえられています。

防災ぼうさい当局とうきょくは、火山かざん周辺しゅうへん地域ちいき住民じゅうみんおよそ1700にん継続けいぞくして避難ひなん命令めいれいすとともに、噴火ふんか終息しゅうそくする兆候ちょうこうがみられないとして、今後こんご火山かざん活動かつどうつづ注意ちゅういするようびかけています。

にちには、火山かざん活動かつどう影響えいきょうでマグニチュード6.9の地震じしん発生はっせいし、その地震じしん相次あいつぐなど地震じしん活動かつどう活発化かっぱつかしています。

日本にっぽん外務省がいむしょうは、旅行りょこう予定よていしているひと最新さいしん情報じょうほう入手にゅうしゅし、安全あんぜん確保かくほ十分じゅうぶん注意ちゅういするようびかけています。

観光かんこうヘリのパイロット「まちなかから噴火ふんか おそろしい」

ハワイはわいとうで20年以上ねんいじょう観光かんこうヘリコプターのパイロットをしている望月もちづき敏行としゆきさん(48)は、今月こんげつにちにキラウエア火山かざん噴火ふんかしたあと、4にち観光客かんこうきゃくせて溶岩ようがんながている住宅街じゅうたくがい上空じょうくう飛行ひこうしたということです。

今回こんかい噴火ふんか特徴とくちょうについて望月もちづきさんは「飛行ひこう禁止きんし区域くいき設定せっていされており、通常つうじょうよりかなりたかいところをんでいるため、フライトそのものは安全あんぜんだしにおいなどはかんじなかったが、地面じめんれて溶岩ようがんながれる様子ようすえた。これまでの噴火ふんかくらべて溶岩ようがんりょうはそこまでおおくないがてきた場所ばしょ住宅街じゅうたくがいで、まちなかからているところにおそろしさをかんじる」とはなしていました。
そのうえで、噴火ふんか影響えいきょうについては、「フライトは通常つうじょうどおりおこなっているが、日本人にほんじんのお客様きゃくさまからはこわいのでキャンセルしたいという連絡れんらくがすでにきている。フライトにっても安全あんぜんなのかというメールでのわせもここ2日間にちかんえている」とはなし、観光業かんこうぎょうへの影響えいきょう心配しんぱいしていました。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。