レズビアンやゲイなど性的せいてきマイノリティーのひとたちへの理解りかいふかめようという国内こくない最大さいだい規模きぼのパレードが東京とうきょう渋谷しぶやおこなわれました。


このパレードは、LGBTとばれるレズビアンやゲイなど性的せいてきマイノリティーのひとたちが差別さべつ偏見へんけんにさらされない社会しゃかい実現じつげん目指めざして、毎年まいとしおこなわれています。

回目かいめとなることしは、同性愛どうせいあいひとこころからだせい一致いっちしないトランスジェンダーのひと、それに支援者しえんしゃたちが、渋谷しぶや原宿はらじゅく繁華街はんかがいあるきました。

参加者さんかしゃは、せい多様性たようせい象徴しょうちょうするレインボーカラーのはたやプラカードをかかげて、さまざまなひとたがいをみと社会しゃかい大切たいせつさをうったえました。

主催者しゅさいしゃによりますと、ことしは企業きぎょう大使館たいしかんなどこれまででもっとおおい37のグループが参加さんかしたということです。

また、代々木公園よよぎこうえんでは、性的せいてきマイノリティーのひとたちを支援しえんする企業きぎょうやNPOなどが159のブースをし、おおくのひとおとずれました。

パレードに参加さんかしたバイセクシャルの26さい女性じょせいは「おおくのひとってくれてあたたかくむかれてくれているとかんじました。おたがいにおもいやりをってせっしていくことが、よりよい社会しゃかいにつながるとおもいます」とはなしていました。

関連かんれんニュース

羽生はにゅう結弦ゆづる選手せんしゅ 祝賀しゅくがパレードに10万人まんにんちょう「この風景ふうけい むねきざむ」