東京とうきょう五輪ごりん・パラへ 混雑こんざつ緩和かんわけた試行しこう

2018ねん04がつ25にち 0822ふん NewsWebEasy
仮名がなレベル

東京とうきょうオリンピック・パラリンピックの期間中きかんちゅう首都圏しゅとけん交通量こうつうりょう抑制よくせいしようと、東京都とうきょうと組織そしき委員会いいんかいは、ことしのなつに、時差出勤じさしゅっきんやテレワークなど混雑こんざつ緩和かんわけたみを試験的しけんてきおこなうことになりました。

東京都とうきょうと組織そしき委員会いいんかいは、再来年さらいねん東京とうきょう大会たいかいで、大会たいかい関係者かんけいしゃ輸送ゆそう市民しみん生活せいかつ両立りょうりつさせるため、首都圏しゅとけん道路どうろでは交通量こうつうりょう全体ぜんたいを10%抑制よくせいし、とく混雑こんざつする区間くかんではさらに分散ぶんさんさせることで、ふだんより15%程度ていど減少げんしょうした休日きゅうじつみの環境かんきょう目指めざしています。

このため、大会たいかい年前ねんまえとなることしの7がつから8がつにかけて、混雑こんざつ緩和かんわけたみを試験的しけんてきおこなうことになりました。

具体的ぐたいてきには、あさ出勤しゅっきん時間じかんをずらして鉄道てつどう混雑こんざつ緩和かんわする「時差じさBiz(ビズ)」や、職場しょくば出勤しゅっきんせずに仕事しごとをする「テレワーク」にむよう企業きぎょうなどにびかけます。

また、花火はなび大会たいかいまつりなどでは、公共こうきょう交通こうつう機関きかん利用りようするよう事前じぜんもとめるびかけを工夫くふうするほか、物流ぶつりゅうでは、運送うんそう会社がいしゃ荷主にぬしなどの関係かんけい企業きぎょう車両しゃりょうかず配送はいそう時間じかん変更へんこうできるかなどを検討けんとうしてもらいます。

などは、こうしたみにより、渋滞じゅうたい緩和かんわ効果こうかるか検証けんしょうし、来年らいねんは、さらに協力きょうりょく企業きぎょうやしてより実践的じっせんてき交通量こうつうりょう抑制よくせいむことにしています。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。