混雑こんざつするレジでいらいらすることがなくなるかもしれません。大手おおてコンビニがスマートフォンで商品しょうひんのバーコードをるだけで、レジをとおらずに支払しはらいをえる、あらたなシステムを試験的しけんてき導入どうにゅうしました。


ローソンは23にちから都内とないの3つのみせあたらしい支払しはらいシステムの実証じっしょう実験じっけんはじめました。

利用客りようきゃくがスマホの専用せんようアプリで購入こうにゅうしたい商品しょうひんのバーコードをると、あらかじめ登録とうろくしたクレジットカードなどでその支払しはらいができます。
現金げんきん使つかわずに支払しはらいができるうえ、レジをとお必要ひつようがなくなり、スムーズにものができると期待きたいされています。

またみせでは午前ごぜんから4までのあいだ原則げんそく、スマホでの支払しはらいのみとしてレジの無人化むじんかこころみます。

深刻しんこく人手ひとで不足ぶそくなか会社かいしゃではあらたな技術ぎじゅつ導入どうにゅうして従業員じゅうぎょういん負担ふたんらし、将来しょうらい深夜しんやはたら従業員じゅうぎょういんかずらすことも検討けんとうしているということです。

実証じっしょう実験じっけん来月末らいげつまつまで実施じっしし、検証けんしょうったうえでことし9月以降がついこう本格的ほんかくてき導入どうにゅうしていく方針ほうしんです。

ローソンのたけぞう貞信さだのぶ社長しゃちょうは「ピーク会計かいけいっているあいだのいらいらなど、おきゃくさんのストレスを一気いっき解消かいしょうできるとおもう。先端せんたん技術ぎじゅつによって生産性せいさんせいげ、24時間じかん営業えいぎょうまもっていきたい」とはなしています。


べいアマゾンもレジしコンビニ

国内こくない海外かいがい小売業こうりぎょうでは現金げんきん使つかわない、いわゆる「キャッシュレス」でレジを使つかわないあたらしい支払しはらいシステムを開発かいはつしたり、導入どうにゅうしたりするうごきがひろがっています。

このうち、アメリカの大手おおてネット通販つうはんの「アマゾン・ドット・コム」ではことし1がつあたらしいコンビニをオープンしました。
利用客りようきゃくはスマートフォンの専用せんようアプリをかざしてみせはいり、商品しょうひんってみせからくだけで、あらかじめ登録とうろくしているクレジットカードで支払しはらいをませることができます。

ITやAI=人工じんこう知能ちのう技術ぎじゅつ駆使くしし、天井てんじょうそなけたカメラやたなのセンサーをつうじて利用客りようきゃくなにって購入こうにゅうしたのか詳細しょうさい把握はあくできるということです。

また、国内こくないでもディスカウントストアなどを展開てんかいする「トライアルカンパニー」が、福岡市ふくおかしにある従業員じゅうぎょういんけの実験じっけん店舗てんぽで、専用せんようレーンをとおるだけで支払しはらいができるシステムの実証じっしょう実験じっけんおこないました。

商品しょうひんすべてに電子でんしタグがけられていて、利用客りようきゃく専用せんようレーンをとおるとモニターに購入こうにゅう商品しょうひん一覧いちらん表示ひょうじされ、プリペイドカードで支払しはら仕組しくみになっています。

関連かんれんニュース

“レジ不要ふよう店舗てんぽ最新さいしん技術ぎじゅつなどを紹介しょうかいする展示会てんじかい

将来しょうらいものの80%をキャッシュレスで」経産省けいさんしょう提言ていげん

イージー・ニュース

ローソン レジにならばないでスマートフォンでおかねはら