北朝鮮きたちょうせん 核実験かくじっけんとICBM発射はっしゃ実験じっけん中止ちゅうし 核実験かくじっけんじょう廃棄はいき発表はっぴょう

2018ねん04がつ21にち 1201ふん NewsWebEasy
仮名がなレベル

北朝鮮きたちょうせんのキム・ジョンウン(金正恩きむじょんうん朝鮮ちょうせん労働党ろうどうとう委員長いいんちょうは、核実験かくじっけんとICBM=大陸間たいりくかん弾道だんどうミサイルの発射はっしゃ実験じっけんを21にちから中止ちゅうしし、核実験かくじっけんじょう廃棄はいきするかんがえを表明ひょうめいしました。ただ、核保有かくほゆう立場たちばわりはなく、かくやICBMの実験じっけん再開さいかいする余地よちのこしています。

北朝鮮きたちょうせん国営こくえい朝鮮ちょうせん中央ちゅうおうテレビが、21日午前にちごぜんつたえたところによりますと、ピョンヤンで20にち朝鮮ちょうせん労働党ろうどうとう中央ちゅうおう委員会いいんかい総会そうかいひらかれ、キム・ジョンウン委員長いいんちょう演説えんぜつしました。

このなかで、キム委員長いいんちょうは「核開発かくかいはつ運搬うんぱん攻撃こうげき手段しゅだん開発かいはつがすべておこなわれ、かく兵器へいき完結かんけつ証明しょうめいされた状況じょうきょうで、いかなる核実験かくじっけんも、ちゅう長距離ちょうきょり大陸間たいりくかん弾道だんどうミサイルの発射はっしゃ実験じっけん必要ひつようなくなり、北部ほくぶ核実験かくじっけんじょう使命しめいえた」とべました。

そして総会そうかいでは、核実験かくじっけんとICBMの発射はっしゃ実験じっけんを21にちから中止ちゅうしするとともに、「透明性とうめいせい保証ほしょうするため」として、北東部ほくとうぶのハムギョン(かんかがみ北道きたどうプンゲリ(豊渓里ぷんげり)にある核実験かくじっけんじょう廃棄はいきすることをめました。

満場一致まんじょういっち採択さいたくされた決定書けっていしょには、「朝鮮半島ちょうせんはんとう世界せかい平和へいわ安定あんていまもるために、周辺国しゅうへんこく国際こくさい社会しゃかいとの緊密きんみつ連携れんけい対話たいわ積極的せっきょくてきおこなう」とする文言もんごんまれ、国際こくさい社会しゃかい協調きょうちょうする姿勢しせいをアピールしています。

さらに、北朝鮮きたちょうせん今回こんかい決定けっていを、キム委員長いいんちょうが5年前ねんまえおな会議かいぎした、核開発かくかいはつ経済けいざいなおしを並行へいこうしてすすめる「並進へいしん路線ろせん」の「勝利しょうり宣言せんげん」と位置いちづけており、今後こんご経済けいざいなおしに全力ぜんりょくげる方針ほうしん強調きょうちょうしています。

ただ、決定書けっていしょでは「臨界前核実験りんかいまえかくじっけん地下ちか核実験かくじっけん核兵器かくへいき小型化こがたか運搬うんぱん手段しゅだん開発かいはつ次々つぎつぎすすめ、かく兵器へいき実現じつげんした」と主張しゅちょうしたうえで、「わがくにたいするかく脅威きょういかく挑発ちょうはつがないかぎり、核兵器かくへいき絶対ぜったい使つかわず、いかなる場合ばあいにも核兵器かくへいき核技術かくぎじゅつ移転いてんしない」としていて、核保有かくほゆう立場たちばわりはありません。また、北朝鮮きたちょうせん過去かこにも、核開発かくかいはつ計画けいかく放棄ほうき弾道だんどうミサイルの発射はっしゃ凍結とうけつ表明ひょうめいしながら再開さいかいしてきた経緯けいいがあり、今回こんかいもその余地よちのこしています。

北朝鮮きたちょうせんとしては、6日後にちごせまった南北なんぼく首脳しゅのう会談かいだんや、そのひらかれる見通みとおしの史上初しじょうはつ米朝べいちょう首脳しゅのう会談かいだんひかえて、先手せんてかたちで、朝鮮半島ちょうせんはんとう非核化ひかくかけた本気度ほんきど印象いんしょうづけることで、体制たいせい保証ほしょう制裁せいさい解除かいじょなどの見返みかえりをすために会談かいだん主導権しゅどうけんにぎろうというねらいがあるとられます。

北朝鮮きたちょうせん発表はっぴょう要旨ようし

20にち北朝鮮きたちょうせん朝鮮ちょうせん労働党ろうどうとう中央ちゅうおう委員会いいんかい総会そうかいでキム・ジョンウン委員長いいんちょうった演説えんぜつや、採択さいたくされた決定書けっていしょのうち、かく・ミサイル開発かいはつかんする部分ぶぶん要旨ようしつぎのとおりです。

【キム委員長いいんちょう演説えんぜつ
核開発かくかいはつ全工程ぜんこうてい順次じゅんじおこなわれ、運搬うんぱん攻撃こうげき手段しゅだん開発かいはつ事業じぎょうおこなわれ、かく兵器へいき完結かんけつ証明しょうめいされた状況じょうきょうで、もはやわれわれにいかなる核実験かくじっけんも、ちゅう長距離ちょうきょり大陸間たいりくかん弾道だんどうミサイル=ICBMの発射はっしゃ実験じっけん必要ひつようなくなり、北部ほくぶ核実験かくじっけんじょうもその使命しめいえた」

採択さいたくされた決定書けっていしょかく・ミサイル関係かんけい)】
臨界前核実験りんかいまえかくじっけん地下ちか核実験かくじっけん核兵器かくへいき小型化こがたか軽量化けいりょうか超大型ちょうおおがた核兵器かくへいき運搬うんぱん手段しゅだん開発かいはつのための事業じぎょう次々つぎつぎすすめ、かく兵器へいき実現じつげんした。

2018ねんがつ21にちから核実験かくじっけんとICBM発射はっしゃ実験じっけん中止ちゅうしする。

核実験かくじっけん中止ちゅうし透明性とうめいせい保証ほしょうするため、北部ほくぶ核実験かくじっけんじょう廃棄はいきする。核実験かくじっけん中止ちゅうし世界的せかいてき核軍縮かくぐんしゅくのための重要じゅうよう過程かていであり、わがくに核実験かくじっけん全面ぜんめん中止ちゅうしのための国際的こくさいてき努力どりょく合流ごうりゅうする。

わがくにたいするかく脅威きょういや、かく威嚇いかくがないかぎり、核兵器かくへいき絶対ぜったい使つかわず、いかなる場合ばあいにも核兵器かくへいき核技術かくぎじゅつ移転いてんしない。

経済けいざい建設けんせつ有利ゆうり国際こくさい環境かんきょうととのえ、朝鮮半島ちょうせんはんとう世界せかい平和へいわ安定あんていまもるために、周辺国しゅうへんこく国際こくさい社会しゃかいとの緊密きんみつ連携れんけい対話たいわ積極的せっきょくてきおこなう。

中央ちゅうおう委員会いいんかい総会そうかい採択さいたくされた決定書けっていしょ

今回こんかい朝鮮ちょうせん労働党ろうどうとう中央ちゅうおう委員会いいんかい総会そうかいでは「経済けいざい建設けんせつかく武力ぶりょく建設けんせつ並進へいしん路線ろせん偉大いだい勝利しょうり宣布せんぷすることについて」とだいした6項目こうもくからなる決定書けっていしょ採択さいたくされました。

その最初さいしょ項目こうもくでは、かく・ミサイル開発かいはつについて「臨界前核実験りんかいまえかくじっけん地下ちか核実験かくじっけん核兵器かくへいき小型化こがたか軽量化けいりょうか超大型ちょうおおがた核兵器かくへいき運搬うんぱん手段しゅだん開発かいはつのための事業じぎょう次々つぎつぎすすめ、かく兵器へいき実現じつげんした」と強調きょうちょうしました。

つづいて2つめの項目こうもくでは、核実験かくじっけんとICBM=大陸間たいりくかん弾道だんどうミサイルの発射はっしゃ実験じっけんを21にちから中止ちゅうしするとともに、北東部ほくとうぶハムギョン(かんかがみ北道きたどうのプンゲリにある核実験かくじっけんじょう廃棄はいきする方針ほうしんしめしました。

その理由りゆうについて、3つめの項目こうもくで「核実験かくじっけん中止ちゅうし世界的せかいてき核軍縮かくぐんしゅくのための重要じゅうよう過程かてい」だとしていて、国際こくさい社会しゃかい要求ようきゅうこたえていく姿勢しせいせています。

しかし、4つめの項目こうもく核兵器かくへいき使用しようについて、「わがくにたいするかく脅威きょういかく挑発ちょうはつがないかぎり、核兵器かくへいき絶対ぜったい使つかわず、いかなる場合ばあいにも核兵器かくへいき核実験かくじっけん移転いてんしない」と条件じょうけんをつけていて、核兵器かくへいき保有ほゆうする立場たちばわりはなく、核実験かくじっけんやICBMの発射はっしゃ実験じっけん再開さいかいする余地よちのこしました。

5つめの項目こうもくでは、経済けいざいについて言及げんきゅうし、「くに人的じんてき物的ぶってき資源しげん総動員そうどういんして、強力きょうりょく社会しゃかい主義しゅぎ経済けいざい建設けんせつして、人民じんみん生活せいかつ画期的かっきてきたかめる」として、くにのすべての資源しげん投入とうにゅうして経済けいざい活性化かっせいかさせる方針ほうしんしめしました。

最後さいごに、「朝鮮半島ちょうせんはんとう世界せかい平和へいわ安定あんていまもるために、周辺国しゅうへんこく国際こくさい社会しゃかいとの緊密きんみつ連携れんけい対話たいわ積極的せっきょくてきおこなう」として南北なんぼく首脳しゅのう会談かいだんやそのひらかれる見通みとおしの米朝べいちょう首脳しゅのう会談かいだん念頭ねんとう国際こくさい社会しゃかいとの対話たいわ姿勢しせいをアピールしています。

去年きょねん ICBMきゅう発射はっしゃ実験じっけん

北朝鮮きたちょうせんはアメリカ本土ほんどとどくICBM=大陸間たいりくかん弾道だんどうミサイルの開発かいはつすすめていることを軍事ぐんじパレードをつうじてアピールしてきたほか、去年きょねん、ICBMきゅう弾道だんどうミサイルの発射はっしゃはじめてりました。

首都しゅとピョンヤンでおこなわれた軍事ぐんじパレードでは、過去かこかい登場とうじょうしていて、2012ねんがつと2013ねんがつ登場とうじょうした、片側かたがわりん大型おおがたトレーラーに搭載とうさいされたICBMきゅう弾道だんどうミサイルは、「KN08」とばれ、弾頭だんとうがとがっています。

2015ねん10がつ登場とうじょうしたものは弾頭だんとうまるみをびていて、KN08の改良型かいりょうがたられ、韓国かんこくメディアが「アメリカあめりかぐん韓国かんこくぐんが『KN14』と名付なづけた」とつたえていました。

また、去年きょねんがつ大型おおがたトレーラーに搭載とうさいされて登場とうじょうしたミサイルは、これまでのものよりもながく、新型しんがたられています。

そして、去年きょねんがつ、ICBMきゅうの「火星かせい14がた」2はつ相次あいついで発射はっしゃし、いずれも通常つうじょうより角度かくどをつけてたかげる「ロフテッド軌道きどう」がもちいられました。

さらに、11がつには「アメリカ本土ほんど全域ぜんいき攻撃こうげきできる新型しんがたのICBM」だと主張しゅちょうする「火星かせい15がた」をはじめて発射はっしゃし、このときも「ロフテッド軌道きどう」がもちいられ、高度こうど過去かこ最高さいこうの4475キロにたっしたと発表はっぴょうしました。

そのさいったキム・ジョンウン朝鮮ちょうせん労働党ろうどうとう委員長いいんちょうは「かく武力ぶりょく完成かんせい歴史的れきしてき偉業いぎょう、ミサイル強国きょうこく偉業いぎょうがついに実現じつげんした」と主張しゅちょうし、かく・ミサイル開発かいはつ進展しんてんぶりを誇示こじしていました。

中距離ちゅうきょり弾道だんどうミサイルの発射はっしゃ実験じっけん

北朝鮮きたちょうせんのキム・ジョンウン委員長いいんちょう今回こんかい演説えんぜつなかで、ICBMとともに発射はっしゃ実験じっけん中止ちゅうしすると表明ひょうめいした「ちゅう長距離ちょうきょり」の弾道だんどうミサイルについては、「ムスダン」と「北極星ほっきょくせいがた」、それに「火星かせい12がた」を「ちゅう長距離ちょうきょり戦略せんりゃく弾道だんどうミサイル」とび、発射はっしゃ実験じっけんおこなってきた経緯けいいがあります。

このうち「ムスダン」は、射程しゃていがおよそ2500キロから4000キロで、アメリカあめりかぐん基地きちがあるグアムぐあむとうたっするとられています。

また「北極星ほっきょくせいがた」は、SLBM=潜水艦せんすいかん発射はっしゃ弾道だんどうミサイルを地上ちじょう配備はいびがた改良かいりょうしたもので、去年きょねんがつはじめて発射はっしゃされたのにつづき、5がつにもふたた発射はっしゃされ、キム委員長いいんちょう実戦じっせん配備はいび承認しょうにんしたとつたえられていました。

さらに「火星かせい12がた」は、北朝鮮きたちょうせんが「アメリカ太平洋たいへいようぐん司令部しれいぶがあるハワイと、アラスカを射程しゃていおさめている」と主張しゅちょうしている弾道だんどうミサイルです。去年きょねんがつには、北朝鮮きたちょうせん弾道だんどうミサイルの運用うんようにな戦略せんりゃくぐん声明せいめい発表はっぴょうし、「火星かせい12がた」を4はつ同時どうじ発射はっしゃして、グアム島周辺しましゅうへん海上かいじょう着弾ちゃくだんさせるとする計画けいかくあきらかにしていました。

弾道だんどうミサイルはけい20はつ

北朝鮮きたちょうせんは、おととしにつづいて去年きょねん弾道だんどうミサイルの発射はっしゃかえし、技術ぎじゅつ進展しんてんぶりを誇示こじしていました。

北朝鮮きたちょうせん去年きょねんがつに、SLBM=潜水艦せんすいかん発射はっしゃ弾道だんどうミサイルを地上ちじょう配備はいびがた改良かいりょうしたあたらしい中距離ちゅうきょり弾道だんどうミサイル「北極星ほっきょくせいがた」1ぱつ発射はっしゃし、3がつには中距離ちゅうきょり弾道だんどうミサイル「スカッドER」4はつ同時どうじ発射はっしゃしました。

そのも3がつから4がつにかけて、わせて4はつ弾道だんどうミサイルを発射はっしゃしましたが、いずれも失敗しっぱいしたとられています。

そして、5がつ新型しんがた中距離ちゅうきょり弾道だんどうミサイル「火星かせい12がた」1ぱつを、その1週間後しゅうかんごには「北極星ほっきょくせいがた」1ぱつを、それぞれ発射はっしゃ翌週よくしゅうにも海上かいじょう艦船かんせんねら精密せいみつ誘導ゆうどうシステムを導入どうにゅうしたとするあたらしい弾道だんどうミサイル1ぱつ発射はっしゃしました。

つづいて7がつに、ICBM=大陸間たいりくかん弾道だんどうミサイルと主張しゅちょうする「火星かせい14がた」2はつを、8がつ短距離たんきょり弾道だんどうミサイルとられる3はつ発射はっしゃしました。

さらに、8がつと9がつ北海道ほっかいどう上空じょうくう通過つうかして太平洋たいへいようじょう落下らっかさせるかたちで「火星かせい12がた」を1ぱつずつ発射はっしゃしたほか、11がつには「アメリカ本土ほんど全域ぜんいき攻撃こうげきできる新型しんがたのICBM」だと主張しゅちょうする「火星かせい15がた」1ぱつはじめて発射はっしゃし、去年きょねん年間ねんかん発射はっしゃした弾道だんどうミサイルは、わせて20ぱつのぼっていました。

北東部ほくとうぶ山岳地さんがくちおび核実験かくじっけんじょう

北朝鮮きたちょうせん核実験かくじっけんじょうがある、北東部ほくとうぶ・ハムギョン(かんかがみ北道きたどうのキルジュ(吉州きるじゅぐんプンゲリは、標高ひょうこう1000メートルをえるけわしい山々やまやまつらなる山岳地さんがくちおび位置いちし、地下ちかられた坑道こうどうかえ核実験かくじっけんおこなわれてきました。

2006ねん10がつ、2009ねんがつ、2013ねんがつ、2016ねんの1がつと9がつ、そして、2017ねんがつと、過去かこわせて6かいおこなわれた核実験かくじっけんは、いずれもプンゲリで実施じっしされました。

アメリカをはじめとする関係国かんけいこくは、人工じんこう衛星えいせい使つかってこの核実験かくじっけんじょうでのうごきを監視かんししていて、韓国かんこく政府せいふ北朝鮮きたちょうせんあらたな核実験かくじっけんをいつでもおこなえる状況じょうきょうにあると警戒けいかいつづけていました。

また、6回目かいめ核実験かくじっけんのあと、プンゲリでは自然しぜん地震じしん相次あいついで発生はっせいし、韓国かんこく気象庁きしょうちょうは「6回目かいめ核実験かくじっけんによって非常ひじょうつよちから発生はっせいしたため、あさいほうの断層だんそう不安定ふあんていになったことによる影響えいきょうではないか」と分析ぶんせきしていました。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。