アイロンで洋服ようふくけて使つかえるうすいシートじょう太陽たいよう電池でんち理化学研究所りかがくけんきゅうじょなどの研究けんきゅうグループが開発かいはつしました。


この太陽たいよう電池でんちは、うすやわらかい樹脂じゅしに、太陽光たいようこう電力でんりょくえる「有機ゆうき半導体はんどうたいポリマー」をったものです。

あつさは1000ふんの3ミリでアイロンで洋服ようふくけて使つかえます。このシートじょう太陽たいよう電池でんちふく両肩りょうかたければ、携帯用けいたいよう音楽おんがくプレーヤーの電源でんげんなどとして使つかえるということです。

理化学研究所りかがくけんきゅうじょ福田ふくだ憲二郎けんじろう専任せんにん研究員けんきゅういんは「洋服ようふく生地きじ体温たいおん心拍数しんぱくすうはかるセンサーをんだ『スマートテキスタイル』が注目ちゅうもくされているが、その電源でんげんなどに使つかえるよう、発電量はつでんりょうたかめたい」とはなしています。

関連かんれんニュース

はだ直接ちょくせつ薄型うすがたディスプレー開発かいはつ

イージー・ニュース

ふくにアイロンで太陽たいよう電池でんちができる