アメリカのトランプ大統領だいとうりょうは、内戦ないせんつづくシリアでアサド政権せいけんによって化学兵器かがくへいき使用しようされ多数たすう死傷者ししょうしゃたとして、フランスやイギリスとともにアサド政権せいけん化学兵器かがくへいき関連かんれん施設しせつたいして軍事ぐんじ攻撃こうげき実施じっししたと発表はっぴょうしました。またマティス国防こくぼう長官ちょうかんは、攻撃こうげきはすでに完了かんりょうしたことをあきらかにしました。


アメリカのトランプ政権せいけん日本にっぽん時間じかんの14日午前にちごぜん対抗たいこう措置そちとしてフランス、イギリスとともにアサド政権せいけん化学兵器かがくへいき関連かんれん施設しせつ3かしょたいして軍事ぐんじ攻撃こうげき実施じっししたことをあきらかにしました。

トランプ大統領だいとうりょう国民こくみんけの声明せいめいで「アサド政権せいけんふたたび、つみのない市民しみん虐殺ぎゃくさつするため化学兵器かがくへいき使つかった」とべて化学兵器かがくへいき使用しよう否定ひていしているアサド政権せいけん非難ひなんするとともに、化学兵器かがくへいき使用しようをやめなければ軍事ぐんじ攻撃こうげきをさらにおこな用意よういがあると強調きょうちょうしました。

ホワイトハウスは、アサド政権せいけん化学兵器かがくへいき使用しようしたと断定だんていした理由りゆうについて声明せいめい発表はっぴょうし、おおくのメディアの報道ほうどう被害者ひがいしゃ症状しょうじょう、それに化学兵器かがくへいき使用しようされるまえにシリアぐん関係者かんけいしゃあいだ調整ちょうせいおこなわれたことをしめ信頼しんらいできる情報じょうほうなどにもとづいた結論けつろんだとしています。

またトランプ大統領だいとうりょうは、アサド政権せいけん支援しえんしているロシアとイランを非難ひなんし「ロシアはこのままくらみちえらぶのか、平和へいわ安定あんていのためわれわれのがわくわわるのか決断けつだんしなければならない」とべ、ロシアをけんせいしました。


マティス国防こくぼう長官ちょうかん記者会見きしゃかいけんで「今回こんかい軍事ぐんじ攻撃こうげきは1かいかぎりの攻撃こうげきだ」とべて、作戦さくせんはすでに終了しゅうりょうしたとあきらかにするとともに化学兵器かがくへいき研究けんきゅう開発かいはつ生産せいさん能力のうりょく除去じょきょするため前回ぜんかい去年きょねんがつときよりも強力きょうりょく攻撃こうげき実施じっししたと強調きょうちょうしました。

またダンフォード統合とうごう参謀本部さんぼうほんぶ議長ぎちょうは、首都しゅとダマスカス周辺しゅうへんにある化学兵器かがくへいき研究けんきゅう開発かいはつ施設しせつ中部ちゅうぶホムスの付近ふきんにある化学兵器かがくへいき貯蔵ちょぞう施設しせつ、そして貯蔵ちょぞう施設しせつちかくにある化学兵器かがくへいき関連かんれん指揮しきじょの3かしょ標的ひょうてき選定せんていし、精密せいみつ攻撃こうげき実施じっししたとあきらかにしました。

内戦ないせんつづくシリアのひがしグータ地区ちくでは今月こんげつにち呼吸こきゅう困難こんなんおちいひと相次あいつ多数たすう死傷者ししょうしゃていて、反政府はんせいふ勢力せいりょくはアサド政権せいけん化学兵器かがくへいき使つかったと主張しゅちょうしています。

トランプ政権せいけん去年きょねんがつにも、アサド政権せいけん市民しみんたい化学兵器かがくへいき使用しようしたと断定だんていし、対抗たいこう措置そちとして軍事施設ぐんじしせつ巡航じゅんこうミサイルみさいる攻撃こうげきしていて、今回こんかいが2度目どめ攻撃こうげきとなります。

関連かんれんニュース

シリア 500にんから有毒ゆうどく化学かがく物質ぶっしつ原因げんいん症状しょうじょう WHO発表はっぴょう

トランプ大統領だいとうりょう就任しゅうにんねん 経済けいざい好調こうちょう政権せいけん運営うんえいさらに困難こんなん

ロシア大統領だいとうりょう選挙せんきょきょう投票とうひょう プーチン大統領だいとうりょう期目きめ確実かくじつ

ダボス会議かいぎ閉幕へいまく

もとスパイ襲撃しゅうげき 英首相えいしゅしょう「ロシアに責任せきにんあるうたがきわめてたかい」