ほんまち神田かんだしんスタイルの書店しょてん

2018ねん04がつ11にち 1140ふん NewsWebEasy
仮名がなレベル

世界せかい有数ゆうすうほんまち東京とうきょう神田かんだ閉店へいてんした書店しょてん跡地あとちに、喫茶店きっさてん自由じゆう交流こうりゅうしながらはたらくスペースをそなえたあたらしいスタイルの書店しょてんが11にち、オープンしました。

オープンした「神保町じんぼうちょうブックセンター」は、ほんまち神田神保町かんだじんぼうちょうでランドマークの1つとしてしたしまれ、おととし閉店へいてんした書店しょてん跡地あとちあらたにつくられました。

この書店しょてんでは、古今ここん東西とうざい古典こてんあつめた文庫ぶんこ新書しんしょ、それに「広辞苑こうじえん」などでられる岩波いわなみ書店しょてんほんだけをたなならべ、およそ9000さつをそろえるということです。

また店内てんないには喫茶店きっさてんもうけられているほか、さまざまな職業しょくぎょうひとたちがあつまって交流こうりゅうをしたり、仕事しごとをしたりするスペースも併設へいせつされていて、ほん著者ちょしゃなどをまねいたイベントもひらかれるということです。

べつのフロアではパーテーションやカーテンで仕切しきられた小部屋こべやつくえやいすがかれ、有料ゆうりょう仕事しごとなどにも利用りようできます。

この書店しょてん運営うんえいする会社かいしゃ中川なかがわ敬文たかふみ社長しゃちょうは、「神保町じんぼうちょうにはほん音楽おんがく、それにカレーといった名物めいぶつ料理りょうりまで文化ぶんかあつまっており、わかひとだけでなく、訪日ほうにち外国人がいこくじんにもまち魅力みりょく発信はっしんする拠点きょてんにしていきたい」とはなしています。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。