「“箱入り娘”はオスでした」 高知の水族館のカピバラ

高知市こうちし水族館すいぞくかん去年きょねんなつにメスとしてゆずそだててきたカピバラが、最近さいきんになってオスであることがわかりました。水族館すいぞくかんは「“箱入はこいむすめ”としてそだててきたのでおどろいたが、わらず愛情あいじょうそそいでいきたい」とはなしています。


高知市こうちし桂浜かつらはま水族館すいぞくかん去年きょねんがつ徳島市とくしまし動物園どうぶつえんからカピバラのあかちゃん2ひきゆずけ、カピィとバァラという名前なまえけてそだてています。

水族館すいぞくかんでは2ひきともメスだといていましたが、生後せいご10かげつになり、バァラのはなまわりがくろくなってがってきたことに飼育員しいくいんづきました。

カピバラのオスのはなには「モリージョ」という突起物とっきぶつがあるのが特徴とくちょうで、獣医師じゅういしせたところ、バァラはオスだと確認かくにんされたということです。

水族館すいぞくかんでは来館者らいかんしゃへの説明せつめいわれていて、4にちは2ひき展示てんじ施設しせつまえ飼育員しいくいんが「重大じゅうだい発表はっぴょうがあります」とびかけ、きゅうきょつくった性別せいべつ見分みわかた紹介しょうかいするイラストをせながら、バァラがオスだったことを説明せつめいしていました。

小学生しょうがくせいおとこは「人間にんげん性別せいべつがすぐわかりますが、カピバラはただけではわかりづらいのでオスだとっておどろきました」とはなしていました。

飼育しいく担当たんとう桑田くわたたくみさんは「性格せいかくおだやかでそだてやすいのでメスを希望きぼうし、“箱入はこいむすめ”としてそだててきたのでおどろきました。繁殖はんしょく期待きたいできるのでわらず愛情あいじょうそそいでいきたい」とはなしていました。

イージー・ニュース

めすだとおもっていたカピバラはおすだった