はるバテ」に注意ちゅうい新生活しんせいかつのストレスや寒暖かんだん原因げんいん

2018ねん04がつ03にち 2039ふん NewsWebEasy
仮名がなレベル

はるに「だるさ」など心身しんしん不調ふちょうかんじるひとがおよそ6わりのぼることが医師いしなどでつくる団体だんたい調査ちょうさでわかりました。調査ちょうさにかかわった医師いしは、新生活しんせいかつのストレスやおおきな寒暖かんだんによるこの時期じき特有とくゆうの「はるバテ」の症状しょうじょう指摘してきしたうえで、入浴にゅうよくからだあたためるなどの予防策よぼうさくすすめています。

この調査ちょうさは、医師いしなどでつくる団体だんたい「ウーマンウェルネス研究会けんきゅうかい」がことし1がつから2がつにかけて、首都圏しゅとけんむ20だいから50だい男女だんじょ838にん対象たいしょうにインターネットをつうじておこないました。

その結果けっか、「3がつから4がつ心身しんしん不調ふちょうかんじることがあるか」という質問しつもんたいし、「とてもかんじる」「ややかんじる」とこたえたひと割合わりあいは、わせて全体ぜんたいの61%にのぼりました。

かんじる」とこたえたひと具体的ぐたいてき症状しょうじょう複数ふくすう回答かいとうたずねたところ、「だるさ・けん怠感たいかん」が53%、「疲労感ひろうかん」が42%、「気分きぶんむ」が38%などとなっています。

調査ちょうさった団体だんたいのメンバーで、東京とうきょう有明ありあけ医療いりょう大学だいがく川嶋かわしまあきら教授きょうじゅはこうした症状しょうじょうについて、この時期じき特有とくゆうの「はるバテ」だと指摘してきしています。はるバテの要因よういんとして川嶋かわしま教授きょうじゅは、新生活しんせいかつなど環境かんきょう変化へんかによる緊張きんちょうやストレスにくわえ、寒暖かんだんおおきいことから自律じりつ神経しんけいみだれやすく、心身しんしん不調ふちょうかんじるひとおおいとています。

とくにことしは、ふゆきびしいさむさのあと、先月せんげつ一転いってんして平年へいねんよりあたたかかったことなどからはるバテの症状しょうじょううったえるひとえているということで、より注意ちゅうい必要ひつようだとしています。

そのうえで、はるバテの予防策よぼうさくとして、炭酸たんさんガスがす入浴剤にゅうよくざいれたぬるめの風呂ふろはいからだあたためる習慣しゅうかんをつけることや、気温きおんひく朝晩あさばん外出がいしゅつするときにはストールなどをにつけてからだやさないことをすすめています。

川嶋かわしま教授きょうじゅは「この時期じき不調ふちょうえから悪化あっかすることもおおいので、とにかくからだあたためるようこころがけてほしい」とはなしています。

きびしいさむさから一転いってん 気温きおん変動へんどうおおきく

このふゆは、全国的ぜんこくてききびしいさむさとなった一方いっぽう先月せんげつ東日本ひがしにほん統計とうけいはじめてからもっとたかくなるなど気温きおん変動へんどうおおきくなっています。

気象庁きしょうちょうによりますと、このふゆつよ寒気かんき断続的だんぞくてきながんで全国的ぜんこくてききびしいさむさとなり、とく西日本にしにほんでは昭和しょうわ60ねんから61ねんにかけての冬以降ふゆいこうの32年間ねんかんもっとさむくなりました。

先月せんげつは、一転いってんして、みなみからあたたかい空気くうきながみやすかったため全国的ぜんこくてき気温きおんたかくなり、とく東日本ひがしにほんでは平均へいきん気温きおん平年へいねんを2.5上回うわまわって、3がつとしては統計とうけいはじめた昭和しょうわ21年以降ねんいこうもっとたかくなりました。

また、先月せんげつ1かげつだけをても気温きおん変動へんどうおおきく、21にちには東京とうきょう都心としん最低さいてい気温きおんが1ふんまでがり、関東かんとう平野部へいやぶでもゆきった一方いっぽう、およそ1週間後しゅうかんごの29にちには東京とうきょう練馬区ねりまく最高さいこう気温きおんが25ふんたっし、夏日なつびになりました。

にちは、日中にっちゅう最高さいこう気温きおん京都市きょうとしで27ふん名古屋市なごやしで27ちょうどなど平年へいねんを10前後ぜんご上回うわまわり、6月上旬がつじょうじゅんから中旬ちゅうじゅんみのあつさとなったところもありましたが、今週末こんしゅうまつにはさい高気温こうきおん平年へいねん下回したまわるところもおお予想よそうです。

気温きおん変動へんどうおおきくなることから体調たいちょう管理かんり注意ちゅういしてください。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。