“各地で記録ずくめに” 3月の気象観測データ

先月せんげつは、各地かくち気象きしょう観測かんそくデータが記録きろくずくめのつきとなりました。いずれも3がつとしては、東日本ひがしにほん平均へいきん気温きおんもっとたかくなったほか、日照にっしょう時間じかん東日本ひがしにほん西日本にしにほん日本海側にほんかいがわもっとおおくなりました。


気象庁きしょうちょうによりますと、先月せんげつ日本にっぽん付近ふきんみなみからあたたかい空気くうきながみやすかったため、全国的ぜんこくてき気温きおんたかくなり、とく東日本ひがしにほんでは平均へいきん気温きおん平年へいねんを2.5上回うわまわって、3がつとしては統計とうけいはじめた昭和しょうわ21年以来ねんいらいもっとたかくなりました。

また、日本にっぽん付近ふきん低気圧ていきあつがたびたび通過つうかした影響えいきょうで、北日本きたにっぽん東日本ひがしにほん中心ちゅうしん降水量こうすいりょうおおくなり、とく東日本ひがしにほん太平洋側たいへいようがわでは平年へいねんのおよそ1.6ばいたっし、3がつとしては統計とうけい開始かいし以来いらいもっとおおくなりました。

この影響えいきょう北海道ほっかいどうではゆきどけが急速きゅうそくすすんでかわ増水ぞうすい道路どうろみずにつかったほか、屋根やねもったゆき水分すいぶんふくんでおもみがし、建物たてものこわれるなどの被害ひがいました。

一方いっぽう中旬ちゅうじゅん以降いこう日本にっぽん付近ふきん移動性いどうせい高気圧こうきあつおおわれてれるおおく、日照にっしょう時間じかん平年へいねんくらべて、沖縄おきなわ奄美あまみで1.7ばい東日本ひがしにほん日本海側にほんかいがわ西日本にしにほん日本海側にほんかいがわでそれぞれ1.4ばいたっし、いずれも3がつとしては統計とうけい開始かいし以来いらいもっとおおくなりました。

気象庁きしょうちょうは「今月こんげつはいってもあたたかいつづいているが、今週末こんしゅうまつ以降いこう西日本にしにほん中心ちゅうしん気温きおん平年へいねん下回したまわ寒暖かんだんおおきくなるため、体調たいちょう管理かんり注意ちゅういしてほしい」とはなしていました。

関連かんれんニュース

これから2週間しゅうかん程度ていど 低温ていおんつづ見込みこ気象庁きしょうちょう情報じょうほう発表はっぴょう

「ラニーニャ現象げんしょう」の影響えいきょう気象庁きしょうちょう分析ぶんせき このふゆ低温ていおん大雪おおゆき

あす東京とうきょう23ふく関東かんとう平野部へいやぶでも大雪おおゆきのおそれ

非常ひじょうつよ寒気かんききびしい大雪おおゆき猛吹雪もうふぶき厳重げんじゅう警戒けいかい

都心としんなど関東かんとう各地かくち積雪せきせつ20センチちょう 大雪おおゆき路面ろめん凍結とうけつ警戒けいかい

イージー・ニュース

あたたかかった3がつ 東日本ひがしにほんでは平均へいきん気温きおんいままででもっとたかかった