気象庁きしょうちょうは、22にちから緊急きんきゅう地震じしん速報そくほうあらたな予測よそく手法しゅほう導入どうにゅうします。震度しんど弱以上じゃくいじょうつよれが予測よそくされた場合ばあい、これまで情報じょうほう発表はっぴょう一度いちどだけでしたが、今後こんご巨大きょだい地震じしんきた場合ばあいなどに「続報ぞくほう」がるようになり、よりひろ範囲はんい警戒けいかいびかけられることになります。


気象庁きしょうちょう緊急きんきゅう地震じしん速報そくほうは、各地かくち設置せっちされた地震計じしんけい地震じしん発生はっせい直後ちょくごる「P波ぴーは」とばれるちいさなれを検知けんちして震源しんげん地震じしん規模きぼ瞬時しゅんじ推定すいていし、震度しんど弱以上じゃくいじょうつよれが予測よそくされた場合ばあいに、警報けいほうとして発表はっぴょうしています。

これまで発表はっぴょうは、原則げんそく一度いちどだけでしたが、7年前ねんまえのマグニチュード9.0の巨大きょだい地震じしん関東かんとうなど震源しんげんからはなれた地域ちいき警戒けいかいびかけられなかったことを教訓きょうくんに、気象庁きしょうちょうは、22にち正午しょうごからあらたな手法しゅほう導入どうにゅうする予定よていです。


あらたな手法しゅほうでは、「P波ぴーは」のあとにる「S波えすは」などのおおきなれの実際じっさい観測かんそくデータを使つかって、その観測点かんそくてんから最大さいだい30キロはなれた地域ちいき対象たいしょう続報ぞくほう発表はっぴょうします。
続報ぞくほうは、地震波じしんは最初さいしょ検知けんちしてから90秒後びょうごまで発表はっぴょうされ、南海なんかいトラフや千島海溝ちしまかいこうなどマグニチュード8以上いじょう巨大きょだい地震じしん発生はっせいした場合ばあいなどによりひろ範囲はんい警戒けいかいびかける効果こうか期待きたいできるということです。

気象庁きしょうちょう橋田はしだ俊彦としひこ長官ちょうかんは「震源しんげんいきひろ巨大きょだい地震じしんでも精度せいどよく震度しんど予測よそくできる。時間的じかんてき猶予ゆうよみじかいが、効果的こうかてき利用りようしてもらうためどう行動こうどうするかつねかんがえておいてほしい」とはなしていました。

関連かんれんニュース

震度しんど以上いじょう地震じしん2000かいちょう依然いぜんおお状態じょうたいつづ

東京とうきょう神奈川かながわ震度しんど津波つなみ心配しんぱいなし

南海なんかいトラフと根室ねむろおき巨大きょだい地震じしん 発生はっせい確率かくりつ80%に

台湾たいわん大地震おおじしん 死者ししゃにん邦人ほうじんにんふくめ250にんけが

イージー・ニュース

おおきな地震じしんのときは緊急きんきゅう地震じしん速報そくほうつづきの情報じょうほう