牛丼ぎゅうどんチェーン大手おおての「松屋まつや」は、原材料げんざいりょう価格かかく人件費じんけんひ上昇じょうしょうしていることから、来月らいげつ牛丼ぎゅうどんなど一部いちぶのメニューを4ねんぶりに値上ねあげすることになりました。


発表はっぴょうによりますと、「松屋まつや」は、来月らいげつ日午後にちごごから牛丼ぎゅうどん定食ていしょくなど一部いちぶのメニューを10えんから50えん値上ねあげします。

このうち、全国ぜんこくのおよそ350店舗てんぽ販売はんばいしている「ぎゅうめし」は、並盛なみもりを290えんから320えん値上ねあげするなど、30えんから50えん値上ねあげします。

首都圏しゅとけん中心ちゅうしんとしたおよそ580店舗てんぽ販売はんばいしている主力しゅりょくメニューの「プレミアムぎゅうめし」は、大盛おおもりを520えんから530えんに、特盛とくもりを630えんから650えんにそれぞれ値上ねあげしますが、並盛なみもりは380えんきます。

値上ねあげの理由りゆうは、コメや牛肉ぎゅうにく仕入しい価格かかく高止たかどまりしていることにくわえ、人件費じんけんひ上昇じょうしょうしているためだとしていて、「松屋まつや」が牛丼ぎゅうどんなどを値上ねあげするのは、消費税しょうひぜいりつげられた2014ねん月以来がついらい、4ねんぶりになります。

牛丼ぎゅうどんチェーンでは、最大手さいおおての「すき」も去年きょねん11がつ牛丼ぎゅうどんなどを値上ねあげしていて、原材料げんざいりょう価格かかく人件費じんけんひ上昇じょうしょう影響えいきょうひろがっています。

関連かんれんニュース

小麦粉こむぎこやビールも…ことし身近みぢか食品しょくひん値上ねあ相次あいつ

年賀ねんがはがき 62えん値上ねあげを発表はっぴょう