約100年ぶりに新種のサクラ発見 紀伊半島南部

和歌山県わかやまけん三重県みえけんにまたがる紀伊きい半島はんとう南部なんぶで、およそ100ねんぶりに新種しんしゅのサクラが発見はっけんされ、地元じもと地域ちいき名前なまえにちなんで「クマノザクラ」と命名めいめいしたと森林総合研究所しんりんそうごうけんきゅうしょなどが発表はっぴょうしました。


バラのサクラぞくにはソメイヨシノなどおおくの栽培さいばい品種ひんしゅがありますが、野生種やせいしゅ国内こくないでは9種類しゅるいしか確認かくにんされていません。

東京とうきょう八王子市はちおうじし森林総合研究所しんりんそうごうけんきゅうしょ多摩たま森林しんりん科学かがくえんなどでは、国内こくないのサクラの分類ぶんるいすすめていたところ、和歌山わかやま三重みえ奈良ならの3けんにまたがる紀伊きい半島はんとう南部なんぶ東西とうざい60キロほどの範囲はんいに、これまでに確認かくにんされたのとはことなるサクラが自生じせいしているのを発見はっけんしました。

あらたにつかったサクラは、この地域ちいき自生じせいするヤマザクラなどとくらべ、はなうすピンクぴんくいろびていて、花序かじょばれるはながつくくき部分ぶぶんみじかく、開花かいか時期じきはやいことなどから新種しんしゅ判明はんめいしたということです。

国内こくない野生やせい新種しんしゅのサクラがつかるのは、1915ねん発表はっぴょうされた「オオシマザクラ」以来いらい、103ねんぶりで、森林総合研究所しんりんそうごうけんきゅうしょでは地元じもと地域ちいき名前なまえにちなんで「クマノザクラ」と命名めいめいしたということです。

調査ちょうさった森林総合研究所しんりんそうごうけんきゅうしょサクラ保全ほぜん担当たんとうチームの勝木かつき俊雄としおチームちょうは「あらたにつかったサクラはしろでもいピンクでもない、うっすらとした色合いろあいがうつくしく、鑑賞かんしょう価値かち非常ひじょうたかいとおもう。野生やせいのサクラに興味きょうみってもらうきっかけになってくれれば」とはなしています。

関連かんれんニュース

サクラの開花かいか予想よそう 全国的ぜんこくてき平年並へいねんな

エジプトの砂漠さばく新種しんしゅ恐竜きょうりゅう化石かせき発見はっけん

イージー・ニュース

紀伊きい半島はんとうあたらしい野生やせいさくらつかる