東京五輪・パラ 青少年が「観戦したい競技」1位はバレー

年後ねんご東京とうきょうオリンピック・パラリンピックについて、青少年せいしょうねん対象たいしょう意識いしき調査ちょうさったところ、オリンピックで直接ちょくせつ観戦かんせんしたい競技きょうぎの1はバレーボールでした。


これは、笹川ささがわスポーツ財団ざいだん去年きょねんがつから7がつにかけて、全国ぜんこくの12さいから21さい青少年せいしょうねん3000にん対象たいしょうに、東京とうきょうオリンピック・パラリンピックについて意識いしき調査ちょうさったもので、1600にんあまりから回答かいとうました。

調査ちょうさでは、まず、東京とうきょうオリンピックを直接ちょくせつ会場かいじょうたいとおもうかたずねたところ、「そうおもう」と「ややそうおもう」とこたえたひとわせて62.3%で、2年前ねんまえおな調査ちょうさより3ポイントあまえました。

このひとたちに観戦かんせんしたい競技きょうぎ開会式かいかいしき閉会式へいかいしきふくめて複数ふくすう回答かいとうたずねた結果けっか、1はバレーボールで35.5%、2開会式かいかいしきで34.4%、3はサッカーで34.1%、4野球やきゅうで34%、5はバスケットボールで27.8%でした。

一方いっぽう東京とうきょうパラリンピックを直接ちょくせつ会場かいじょうたいとおもうかという質問しつもんでは、「そうおもう」と「ややそうおもう」の合計ごうけいは39.2%で、2ねんまえより4ポイントちかえたものの、オリンピックとくらべておよそ20ポイントひくくなりました。

また、パラリンピックで観戦かんせんしたいものは、1くるまいすバスケットボールで44.4%、2くるまいすテニスで29.7%、3開会式かいかいしきで25.8%、4陸上競技りくじょうきょうぎで22.6%、5閉会式へいかいしきで21.3%となり、競技きょうぎではなく式典しきてん上位じょういはいりました。

笹川ささがわスポーツ財団ざいだんスポーツ政策せいさく研究所けんきゅうじょ武長たけながおさむさかえさんは「もっと障害者しょうがいしゃスポーツをたりまなんだりする機会きかいやしていくことが重要じゅうようではないか」とはなしています。

関連かんれんニュース

東京とうきょう五輪ごりんとパラリンピック 関心かんしん NHK世論調査よろんちょうさ

ピョンチャンパラリンピックきょう開幕かいまく 予想よそう気温きおん氷点下ひょうてんか

NTT スポーツ試合しあい立体的りったいてきうつ最新さいしん技術ぎじゅつ公開こうかい

ピョンチャンオリンピックが開幕かいまく

2022ねん北京ぺきん五輪ごりん・パラのエンブレム発表はっぴょう

イージー・ニュース

東京とうきょうオリンピックでわかひとたい競技きょうぎばんはバレーボール