福島第一原発 半径80キロ圏の放射線量 平均約74%減少

東京電力とうきょうでんりょく福島ふくしまだい原子力げんしりょく発電所はつでんしょから半径はんけい80キロの地域ちいきでヘリコプターを使つかっておこなわれている、地表ちひょう付近ふきん放射線ほうしゃせんりょう調査ちょうさについて、原子力げんしりょく規制きせい委員会いいんかいは、去年秋きょねんあき測定そくていされたが、事故じこきたとしあきくらべて平均へいきんでおよそ74%減少げんしょうしたとしています。


原子力げんしりょく規制きせい委員会いいんかいは、福島ふくしまだい原発げんぱつ半径はんけい80キロの地域ちいきで、ヘリコプターを使つかっておよそ300メートル上空じょうくうから放射線ほうしゃせん調査ちょうさおこなっていて、測定そくていされた地上ちじょう1メートルの1時間じかんたりの放射線ほうしゃせんりょうを9つのいろけた地図ちず作成さくせいしています。

それによりますと、現在げんざいとほぼおな測定そくてい方法ほうほうになった事故じこから7か月後げつご平成へいせい23ねん10がつ調査ちょうさでは、年間ねんかんばく線量せんりょう換算かんさんすると避難ひなん指示しじ解除かいじょ目安めやすとなる20ミリシーベルトにあたる1時間じかんたり3.8マイクロシーベルト以上いじょう黄色きいろあか範囲はんい原発げんぱつから北西ほくせい方向ほうこうに30キロをおおきくえていました。

それが6年後ねんご去年きょねんがつ最新さいしん調査ちょうさでは、30キロより外側そとがわで1時間じかんたり3.8マイクロシーベルト以上いじょうになっている範囲はんいせばまり、飯舘村いいたてむら浪江町なみえまち一部いちぶになっています。

規制きせい委員会いいんかいによりますと、この2つの調査ちょうさ結果けっかを80キロけん全体ぜんたい比較ひかくすると放射線ほうしゃせんりょう平均へいきんでおよそ74%減少げんしょうしたということです。

このうち63%は、時間じかん経過けいかともなって放射性ほうしゃせい物質ぶっしつ放射線ほうしゃせんさないべつ物質ぶっしつ変化へんかしたことによるもので、のこりの11%はそれ以外いがい要因よういんによってきたと推計すいけいされています。

放射線ほうしゃせんりょう測定そくていについて規制きせい委員会いいんかいは、大熊町おおくままち双葉町ふたばまちなど避難ひなん指示しじされている自治体じちたいから依頼いらいされたわせて5つのまちむらで、おととしから専用せんよう車両しゃりょうなどで移動式いどうしき測定そくていおこなっています。

測定そくてい結果けっかは、避難ひなん指示しじ解除かいじょ帰還きかん検討けんとう参考さんこうにできるよう、航空機こうくうきによる調査ちょうさよりもくわしい地図ちずにして公表こうひょうしているほか、自治体じちたい提供ていきょうしています。

関連かんれんニュース

きたアルプスあるぷす鹿島槍ヶ岳かしまやりがたけ氷体ひょうたい氷河ひょうが」と認定にんてい

新幹線しんかんせん台車だいしゃ亀裂きれつ はつ重大じゅうだいインシデントに指定してい