東日本ひがしにほん大震災だいしんさい東京電力とうきょうでんりょく福島ふくしまだい原子力げんしりょく発電所はつでんしょ事故じこ発生はっせいから11にちで7ねんです。被災地ひさいちでは住宅じゅうたく再建さいけんがある程度ていどすす一方いっぽう依然いぜんとして全国ぜんこくで7まん人以上にんいじょう避難ひなん生活せいかつ余儀よぎなくされているほか、人口じんこう減少げんしょう高齢者こうれいしゃ孤立こりつなども課題かだいとなっています。


年前ねんまえ平成へいせい23ねんがつ11にち午後ごご46ふんごろ、東北とうほくおきでマグニチュード9.0の巨大きょだい地震じしん発生はっせいし、東北とうほく関東かんとう沿岸えんがんたかさ10メートルをえる津波つなみせました。

警察庁けいさつちょうのまとめによりますと9にち時点じてんまでに死亡しぼう確認かくにんされたひとは12の都道とどうけんわせて1まん5895にん行方不明ゆくえふめいしゃは6つのけんわせて2539にんとなっています。

また、復興ふっこうちょうによりますと去年きょねん月末がつまつまでに長引ながび避難ひなん生活せいかつによる体調たいちょう悪化あっかなどでくなったいわゆる「震災しんさい関連かんれんじに」と認定にんていされたひとは、10の都県とけんで、すくなくともわせて3647にんで、震災しんさいによる犠牲者ぎせいしゃは、「震災しんさい関連かんれんじに」をふくめてすくなくともわせて2まん2081にんとなっています。


災害さいがい公営こうえい住宅じゅうたく高齢者こうれいしゃ孤立こりつ”も

震災しんさい直後ちょくごもっとおおときでおよそ47万人まんにんいた避難者ひなんしゃは、復興ふっこうちょう先月せんげつ13にち時点じてんのまとめで全国ぜんこくで7まん3349にんと、復興ふっこう事業じぎょうおくれなどによりいまだおおくのひと避難ひなん生活せいかつ余儀よぎなくされています。

一方いっぽう津波つなみなどで自宅じたくなどをうしない、自力じりき再建さいけんできないひとのための災害さいがい公営こうえい住宅じゅうたくは、ことし1月末がつまつまでに計画けいかくの94%にあたるおよそ2まん8000完成かんせいしました。

まん6000にんあまりの被災者ひさいしゃ仮設かせつ住宅じゅうたくなどからうつんでいますが、住人じゅうにん高齢化こうれいかりつは41.3%と1にんらしの高齢者こうれいしゃ孤立こりつするなどの問題もんだいています。


人口じんこう10%以上いじょうげん自治体じちたいのほぼ半数はんすう

国勢調査こくせいちょうさもとにした自治体じちたいのデータを使つかい、NHKが震災前しんさいまえ平成へいせい23ねんがつにちから先月せんげつにちまでの人口じんこう増減ぞうげんをまとめたところ、岩手いわて宮城みやぎ福島ふくしまの35の自治体じちたいのうち、震災前しんさいまえくらべて10%以上いじょう人口じんこうった自治体じちたいは17とほぼ半数はんすうのぼりました。

また、福島県ふくしまけんでは、放射線ほうしゃせんりょう比較的ひかくてきたかいまりが制限せいげんされている「帰還きかん困難こんなん区域くいき」をのぞくほとんどの地域ちいき去年きょねんまでに避難ひなん指示しじ解除かいじょされましたが、関係かんけいする9つの市町村しちょうそんによりますと避難ひなん指示しじ解除かいじょされた地域ちいき住民票じゅうみんひょう登録とうろくしているひとのうち、実際じっさいんでいるとられるひと割合わりあい先月せんげつ時点じてんでおよそ15%となっています。


福島ふくしまだい原発げんぱつではいま

<ruby>福島<rt data-ruby-level=ふくしまだい原発げんぱつではいま" />

原子炉げんしろでメルトダウンがきるという世界せかい最悪さいあくレベルの事故じこ発生はっせいした福島ふくしまだい原発げんぱつでは、廃炉はいろ最大さいだい難関なんかんとされるけた核燃料かくねんりょう構造物こうぞうぶつじった「燃料ねんりょうデブリ」のしにけた検討けんとうすすめられています。

このうち3号機ごうきでは、去年きょねんがつった水中すいちゅうすすむロボットの調査ちょうさで、原子炉げんしろおお格納かくのう容器ようきそこいわのようなぐろかたまりなどが堆積たいせきしているのがつかり、東京電力とうきょうでんりょくはじめて燃料ねんりょうデブリの可能性かのうせいたかいと評価ひょうかしました。

また、ことし1がつには、2号機ごうきでも格納かくのう容器ようきそこに「燃料ねんりょうデブリ」とられる小石こいしじょう堆積物たいせきぶつがあることが確認かくにんされたほか、原子炉げんしろないにあった核燃料かくねんりょうたばねるケースのちているのが確認かくにんされました。

東京電力とうきょうでんりょくは、こうした調査ちょうさ結果けっかまえて、格納かくのう容器ようきなか水位すいいひくいままで空気中くうきちゅうす「ちゅう工法こうほう」という方法ほうほうじくにデブリをすとしていますが、この方法ほうほうでは放射性ほうしゃせい物質ぶっしつ飛散ひさんするおそれがあるため、安全あんぜん対策たいさく徹底てってい課題かだいです。

くに東京電力とうきょうでんりょく燃料ねんりょうデブリについて、方法ほうほう具体的ぐたいてき検討けんとうすすめ、2019年度ねんどには、最初さいしょごう確定かくていし、2021ねんしをはじめるとしています。

一方いっぽう核燃料かくねんりょうやすために原子炉げんしろそそがれたみず高濃度こうのうど汚染水おせんすいとなって建屋たてや地下ちかにたまり、そこに、山側やまがわからの地下水ちかすいながむなどして汚染水おせんすいつづけています。

対策たいさくとして地下水ちかすいをくみげたり、周辺しゅうへん地盤じばんこおらせてこおりかべかこ地下水ちかすい流入りゅうにゅうおさえる「凍土とうどかべ」を建設けんせつしたりして汚染水おせんすいえるペースはおそくなっています。

しかし、原発げんぱつ敷地内しきちないのタンクに保管ほかんされている汚染水おせんすい処理しょりしたあとのみずはおよそ100まんトン、タンクのかずは850ほどにのぼっていて最終的さいしゅうてき処分しょぶん方法ほうほうまっていません。

関連かんれんニュース

阪神はんしん淡路あわじ大震災だいしんさいからきょうで23ねん

震災しんさいねん 仮設かせつ住宅じゅうたくなどで孤独こどく最多さいたの63にん

被災ひさいした妊婦にんぷ肥満度ひまんど喫煙率きつえんりつ ともにたか結果けっか