韓国かんこくのムン・ジェイン(文在寅むんじぇいん大統領だいとうりょう特使とくしとして北朝鮮きたちょうせんのキム・ジョンウン(金正恩きむじょんうん朝鮮ちょうせん労働党ろうどうとう委員長いいんちょう会談かいだんした、大統領府だいとうりょうふのチョン・ウィヨン(じょうよう国家こっか安保あんぽ室長しつちょうは、南北なんぼく来月末らいげつまつ軍事ぐんじ境界線きょうかいせんにあるパンムンジョム(板門店はんもんてん)で首脳しゅのう会談かいだんひらくことで合意ごういしたと発表はっぴょうしました。


それによりますと、韓国かんこく北朝鮮きたちょうせん来月末らいげつまつに、軍事ぐんじ境界線きょうかいせんにあるパンムンジョムの韓国側かんこくがわ施設しせつで3回目かいめとなる首脳しゅのう会談かいだんひらくことで合意ごういしました。

また、南北なんぼく軍事的ぐんじてき緊張きんちょう緩和かんわ緊密きんみつ協議きょうぎのために首脳間しゅのうかんでホットラインを設置せっちすることになり、首脳しゅのう会談かいだんまえ最初さいしょ通話つうわおこなうことで一致いっちしたということです。

核問題かくもんだいかんして、北朝鮮きたちょうせんがわは、朝鮮半島ちょうせんはんとう非核化ひかくか意志いし明確めいかくにし、北朝鮮きたちょうせんたいする軍事的ぐんじてき脅威きょうい解消かいしょうされて北朝鮮きたちょうせん体制たいせい安全あんぜん保障ほしょうされるならば、かく保有ほゆうする理由りゆうはないとするかんがえを明確めいかくにしたということです。

さらに北朝鮮きたちょうせんがわは、対話たいわ持続じぞくするあいだは、追加ついか核実験かくじっけん弾道だんどうミサイルの発射はっしゃ実験じっけんなど、軍事ぐんじ挑発ちょうはつ再開さいかいしないと表明ひょうめいしたとしています。

一方いっぽう、アメリカと韓国かんこく合同ごうどう軍事ぐんじ演習えんしゅうについて、韓国側かんこくがわ来月らいげつ実施じっしすると説明せつめいしたのにたいし、キム委員長いいんちょうはそれに理解りかいしめした一方いっぽう朝鮮半島ちょうせんはんとう情勢じょうせい安定あんていすれば、米韓べいかん演習えんしゅうが「調節ちょうせつされることを期待きたいした」ということで、いずれは規模きぼ縮小しゅくしょうすることなどをもとめたものとられます。


小野寺おのでら防衛ぼうえいしょう慎重しんちょう見定みさだめる必要ひつよう

小野寺おのでら防衛ぼうえい大臣だいじんは6にちよる防衛省ぼうえいしょう記者団きしゃだんたいし、「明確めいかく状況じょうきょう確認かくにんされていないので情報じょうほう精査せいさする必要ひつようがあるが、従前じゅうぜんから北朝鮮きたちょうせん何度なんどかく放棄ほうきをちらつかせながら、結果けっかとしてかく開発かいはつ水面下すいめんかではやめていなかったという事案じあんがある。今回こんかい南北なんぼく対話たいわ本当ほんとうかく・ミサイル開発かいはつ放棄ほうきにつながるものなのか、慎重しんちょう見定みさだめる必要ひつようがある」とべました。

そのうえで、小野寺おのでら大臣だいじんは「北朝鮮きたちょうせんがこのようなかたち対話たいわもとめる、方針ほうしんえるといううごきにたのは、やはり圧力あつりょくをしっかりかけたあらわれだとおもっている。最終的さいしゅうてき目標もくひょう北朝鮮きたちょうせんかく・ミサイルの政策せいさくえさせることであり、これが確認かくにんされないうちは圧力あつりょくよわめる理由りゆうはない。最終的さいしゅうてき韓国側かんこくがわから正式せいしき報告ほうこくけて、政府せいふとしてどのような対応たいおうるかをめていく必要ひつようがある」とべました。


トランプ大統領だいとうりょうなにきるかてみよう」

アメリカのトランプ大統領だいとうりょうは、6にち、みずからのツイッターに「なにきるかてみよう」とみ、行方ゆくえ注視ちゅうししていくかんがえをしめしました。

このあと、トランプ大統領だいとうりょうふたたびツイッターに、「北朝鮮きたちょうせんとの対話たいわかんして、進展しんてんがあったかもしれない」と投稿とうこうし、南北なんぼくうごきを評価ひょうかしたうえで、「関係国かんけいこくによる真剣しんけんみがおこなわれた。間違まちがった希望きぼうかもしれないが、アメリカはどちらの方向ほうこうであっても本気ほんき用意よういがある」と強調きょうちょうしました。


拉致らち被害者ひがいしゃ家族会かぞくかい情勢じょうせいをてこに早期そうき解決かいけつを」

拉致らち被害者ひがいしゃ家族会かぞくかい代表だいひょう田口たぐち八重子やえこさんのあに飯塚いいづか繁雄しげおさん(79)は「核問題かくもんだい本当ほんとう解決かいけつかうのだとすれば評価ひょうかしたいが、わたしたちとしては拉致らち被害者ひがいしゃ全員ぜんいん帰国きこくねがいです。日本にっぽん政府せいふには、北朝鮮きたちょうせん真意しんい見極みきわめながら、こうした情勢じょうせいをてこにして拉致らち問題もんだい早期そうき解決かいけつ全力ぜんりょくんでほしい」とはなしました。


北朝鮮きたちょうせん 最近さいきんうご

北朝鮮きたちょうせんは「国家こっかかく武力ぶりょく完成かんせい」を主張しゅちょうしてアメリカ トランプ政権せいけん威嚇いかくする一方いっぽう、ピョンチャンオリンピックに高位こういきゅう代表団だいひょうだん派遣はけんして韓国かんこくとの融和ゆうわムードの演出えんしゅつはかってきました。

かく・ミサイル開発かいはつつづける北朝鮮きたちょうせんは、去年きょねんがつ、「ICBMに搭載とうさいするための水爆すいばく実験じっけん」としょうして6回目かいめ核実験かくじっけん強行きょうこうし、11がつには「アメリカ本土ほんど全域ぜんいき攻撃こうげきできる新型しんがたのICBM」だと主張しゅちょうする「火星かせい15がた」をはじめて発射はっしゃして、「国家こっかかく武力ぶりょく完成かんせい」を主張しゅちょうしました。

さらにキム・ジョンウン朝鮮ちょうせん労働党ろうどうとう委員長いいんちょうは、ことし元日がんじつ発表はっぴょうした「新年しんねん」で、「かくのボタンがつくえうえにいつもかれている」とべてトランプ政権せいけん威嚇いかくし、核弾頭かくだんとう弾道だんどうミサイルを量産りょうさんして実戦じっせん配備はいび拍車はくしゃをかけるよう指示しじしました。そして、先月せんげつにち軍事ぐんじパレードで「火星かせい15がた」をはじめて登場とうじょうさせるなど、アメリカへの対決たいけつ姿勢しせいしめしました。

一方いっぽう韓国かんこくたいしては年明としあけから対話たいわ姿勢しせいてんじ、先月せんげつ、ピョンチャンオリンピックの開会式かいかいしきわせて、キム委員長いいんちょういもうとのキム・ヨジョン(きんあたうただしふく高位こういきゅう代表団だいひょうだん韓国かんこく派遣はけんし、ムン・ジェイン大統領だいとうりょう南北なんぼく首脳しゅのう会談かいだん開催かいさい提案ていあんしました。

また閉会式へいかいしきわせて韓国かんこく派遣はけんされたキム・ヨンチョル副委員長ふくいいんちょうは、ムン大統領だいとうりょうとの会談かいだんで、「アメリカと対話たいわをする十分じゅうぶん用意よういがある」とべ、2012ねん月以来がついらい途絶とだえている米朝べいちょう対話たいわ再開さいかい前向まえむきな姿勢しせいしめしていました。

関連かんれんニュース

ピョンチャン五輪ごりん期間中きかんちゅう 米韓べいかん合同ごうどう軍事ぐんじ演習えんしゅう実施じっしせず

南北なんぼく閣僚級かくりょうきゅう会談かいだん 北朝鮮きたちょうせん五輪ごりん参加さんか 軍当局ぐんとうきょくしゃ会談かいだんなど合意ごうい

北朝鮮きたちょうせん満足まんぞくいく合意ごうい韓国かんこく結果けっかあり失望しつぼうさせるものでない」

トランプ大統領だいとうりょう 「ロケットマンの様子ようすてみよう」

ピョンチャン五輪ごりん アイスホッケー女子じょし南北なんぼく合同ごうどうチーム結成けっせい

イージー・ニュース

がつ韓国かんこく北朝鮮きたちょうせんのトップがってはなしをすることがまる