被災ひさい神社じんじゃ再建さいけん伊勢神宮いせじんぐうふる鳥居とりい譲渡じょうと 宮城みやぎ 名取なとり

2018ねん03がつ05にち 1301ふん NewsWebEasy
仮名がなレベル

東日本ひがしにほん大震災だいしんさいおおきな被害ひがいけた宮城県みやぎけん名取市なとりし神社じんじゃでは、三重県みえけん伊勢神宮いせじんぐうからゆずけたふる鳥居とりい木材もくざい使つかって鳥居とりいなおすことになり、5にち宮城みやぎ県内けんないはこまれました。

宮城県みやぎけん名取市なとりしの「閖上ゆりあげみなと神社じんじゃ」は7年前ねんまえ震災しんさい津波つなみ社殿しゃでんのほか鳥居とりいながされるなどおおきな被害ひがいけ、震災しんさい発生はっせいからまもなく7ねんとなるいま再建さいけんのめどがついていません。

神社じんじゃでは、まず鳥居とりい再建さいけんすることをめ、三重県みえけん伊勢神宮いせじんぐうに、20ねんに1社殿しゃでん鳥居とりいあたらしくする「式年しきねん遷宮せんぐう」をおこなったさいふる鳥居とりい木材もくざい譲渡じょうともうれていました。

これが実現じつげんし、ふる鳥居とりい木材もくざいが、5にち宮城県みやぎけん白石市しろいしし材木店ざいもくてんにトラックではこまれました。

かまえていた神社じんじゃ総代そうだいちょうらが鳥居とりい最上部さいじょうぶにあたるながさ7メートル40センチほどの「笠木かさぎ」やながさ6メートルほどあるはしらさわったり、においをかいだりして状態じょうたいたしかめていました。

閖上ゆりあげみなと神社じんじゃ伊東いとうみん総代そうだいちょうは「資金的しきんてき問題もんだいもあり社殿しゃでんなおしはむずかしいが、1にちでもはや鳥居とりいだけでもてて地元じもとひとたちのはげみになってほしい」とはなしていました。
鳥居とりいはことし5がつにもてられるということです。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。