中国 国防費18兆円 世界第2位の規模に 米国など警戒感あらわ

中国ちゅうごく政府せいふは、ことしの予算案よさんあんを5にちあきらかにしました。注目ちゅうもくされた国防費こくぼうひ去年きょねんより8.1%えて1ちょう1069おく人民元じんみんげんあまり(日本円にほんえんで18兆円ちょうえんあまり)、世界せかいだい規模きぼです。ことしも国防費こくぼうひ大幅おおはば増額ぞうがくし、軍事力ぐんじりょく増強ぞうきょうはか中国ちゅうごくたいし、アメリカなどは警戒感けいかいかんをあらわにしています。


中国ちゅうごく政府せいふは、5にち開幕かいまくした全人代ぜんじんだい全国ぜんこく人民じんみん代表だいひょう大会たいかい審査しんさされることしの予算案よさんあんあきらかにしました。

このうち国防費こくぼうひ去年きょねんくらべて8.1%増加ぞうかし、1ちょう1069おく5100まん人民元じんみんげん(18兆円ちょうえんあまり)にのぼっています。

予算よさんりつ去年きょねんの7%とくらべて拡大かくだいし、増加額ぞうかがくは600おく人民元じんみんげんあまりと、日本円にほんえんで1兆円ちょうえんえるがくです。ことしも国防費こくぼうひ大幅おおはば増額ぞうがくし、軍備ぐんび増強ぞうきょうつづける姿勢しせいあらためてしめしました。

李克強りこくきょう首相しゅしょうは5にち政府せいふ活動かつどう報告ほうこくなかで、「『習近平しゅうきんぺいきょうぐん思想しそう』の指導的しどうてき地位ちいをしっかりと確立かくりつし、るぎなく中国ちゅうごく特色とくしょくあるきょうぐんみちあゆまなければならない」とべて、強固きょうこ国境こっきょう領海りょうかい領空りょうくう防衛ぼうえい体制たいせい構築こうちくすると強調きょうちょうしました。


中国ちゅうごく国防費こくぼうひ べいいで2番目ばんめ 日本にっぽんの3.3ばい

中国ちゅうごく国防費こくぼうひ予算よさん去年きょねん、1ちょう443おく9700まん人民元じんみんげんと、はじめて1ちょう人民元じんみんげん大台おおだい突破とっぱしました。去年きょねんがつのレートで日本円にほんえん換算かんさんするとおよそ17ちょう2100億円おくえん日本にっぽん防衛費ぼうえいひ、5ちょう1251億円おくえんの3.3倍以上ばいいじょうにのぼります。

ことしの国防費こくぼうひも、去年きょねんくらべて8.1%えて1ちょう1069おく5100まん人民元じんみんげん日本円にほんえんで18兆円ちょうえんあまりにのぼっています。

世界せかい各国かっこく比較ひかくするとアメリカにいで世界せかいだい規模きぼです。

(2017年度ねんど世界せかいおもくに国防費こくぼうひ
去年きょねんがつのレートで換算かんさん 日本にっぽん防衛省ぼうえいしょうによる

アメリカ 5730おくドル(およそ64ちょう8200億円おくえん
ロシア 2ちょう8358おくルーブル(およそ5ちょう5000億円おくえん
イギリス 355おくポンド(およそ4ちょう9700億円おくえん
フランス 408おく4100まんユーロ(およそ4ちょう8700億円おくえん


世界一せかいいちりゅう軍隊ぐんたい目指めざす」中国ちゅうごく

中国ちゅうごくは、去年きょねん共産党きょうさんとう大会たいかいで「今世紀こんせいきなかばまでに中国軍ちゅうごくぐん世界一せかいいちりゅう軍隊ぐんたいにする」という目標もくひょうし、ぐん近代化きんだいか急速きゅうそくすすめています。とりわけ、海洋かいよう権益けんえきやシーレーン=海上かいじょう交通路こうつうろ確保かくほなどを目的もくてきに「海洋かいよう強国きょうこく」の建設けんせつちかられていて、海軍かいぐん空軍くうぐん装備そうび増強ぞうきょうして遠洋えんようでの展開てんかい能力のうりょく向上こうじょうはかっています。

去年きょねんがつには、はつ国産こくさん空母くうぼ進水しんすいさせるなど、複数ふくすう空母くうぼ建造けんぞうすすめてぐん活動かつどう範囲はんいひろげようとしていて、先月せんげつ下旬げじゅんには、大手おおて国有こくゆう企業きぎょう中国ちゅうごくはじめてとなる原子力げんしりょく空母くうぼ開発かいはつすすめる計画けいかくあきらかにしています。

また、領有権りょうゆうけんをめぐるあらそいのあるみなみシナしなかいでは、造成ぞうせいした人工島じんこうとう軍事ぐんじ拠点きょてんすすめているとられるほか、最新鋭さいしんえい戦闘機せんとうきなどを投入とうにゅうするうごきも目立めだっています。

中国ちゅうごく空軍くうぐん先月せんげつ、ロシアから購入こうにゅうした「スホーイ35」をはじめてみなみシナしなかい任務にんむ参加さんかさせたと発表はっぴょうしたほか、中国ちゅうごく独自どくじ開発かいはつし、レーダーに探知たんちされにくいステルス性能せいのうつとされる新型しんがた戦闘機せんとうきの「せん20」も作戦さくせん部隊ぶたい配備はいびしたことをあきらかにし、今後こんごみなみシナしなかいなどで運用うんようされるとられています。

また、みなみシナしなかいくわえ、ひがしシナしなかい日本海にほんかいでも活動かつどう活発化かっぱつかさせていて、日本にっぽん韓国かんこく台湾たいわん周辺しゅうへん空域くういきでも軍用機ぐんようきによる訓練くんれんかえしています。

中国ちゅうごくからはなれた場所ばしょにも影響力えいきょうりょくひろげるうごきがていて、海上かいじょう交通こうつう要衝ようしょうで、中国ちゅうごく提唱ていしょうする巨大きょだい経済圏けいざいけん構想こうそう一帯いったい一路いちろ」の推進すいしんにも重要じゅうようなアフリカ東部とうぶのジブチで、去年きょねん海外かいがいはじめての補給ほきゅう基地きち運用うんようはじめました。

中国軍ちゅうごくぐんは、かく・ミサイル戦力せんりょく増強ぞうきょうにも積極的せっきょくてきみ、射程しゃていが8000キロ以上いじょう弾道だんどうミサイルを搭載とうさいできる原子力げんしりょく潜水艦せんすいかん運用うんようなどにちかられているとられているほか、先月せんげつ、2014年以来ねんいらいとなる弾道だんどうミサイルの迎撃げいげき実験じっけんったと発表はっぴょうし、ミサイル防衛ぼうえいシステムの開発かいはつ加速かそくさせています。

このほか、サイバーや宇宙うちゅう、それにAI=人工じんこう知能ちのうなどの分野ぶんやあらたな軍事ぐんじ技術ぎじゅつ巨額きょがく投資とうしおこなっているとられています。

ただ、国防費こくぼうひ詳細しょうさい内訳うちわけ公開こうかいされておらず、研究けんきゅう開発費かいはつひ外国がいこくからの兵器へいき調達費ちょうたつひなどはふくまれていないとられ、実際じっさいがく公表こうひょうされているよりさらにおおいと指摘してきされています。


アメリカや台湾たいわんなど警戒けいかいつよめる

毎年まいとし国防費こくぼうひやし、軍事力ぐんじりょく増強ぞうきょうはか中国ちゅうごく
これにたいして、アメリカなどは警戒感けいかいかんをあらわにしています。

ことし1がつ公表こうひょうされたアメリカの「国防こくぼう戦略せんりゃく」では、中国ちゅうごくについて「経済力けいざいりょく使つかって周辺国しゅうへんこくおどし、軍事力ぐんじりょくもてこにインド太平洋たいへいよう秩序ちつじょ自国じこく優位ゆういかたちでつくりかえようとしている」とつよ非難ひなん

また、先月せんげつには、アメリカ太平洋たいへいようぐんのハリス司令官しれいかん議会ぎかい下院かいん公聴会こうちょうかいで「中国軍ちゅうごくぐん急速きゅうそく軍備ぐんび増強ぞうきょうでほぼすべての分野ぶんやちかアメリカあめりかぐん対抗たいこうできる可能性かのうせいがある」とべるとともに、サイバーや宇宙うちゅう、それにAI=人工じんこう知能ちのうなどのあらたな軍事ぐんじ技術ぎじゅつ巨額きょがく投資とうしおこなっていて、アメリカあめりかぐん優位性ゆういせいうしなわれかねないと警鐘けいしょうらしました。

イギリスの有力ゆうりょくなシンクタンク、国際こくさい戦略せんりゃく研究所けんきゅうじょも、世界せかい軍事ぐんじ情勢じょうせいをまとめた報告書ほうこくしょなかで、中国軍ちゅうごくぐんについてステルス性能せいのうつとされる新型しんがた戦闘機せんとうきせん20」を今後こんご前線ぜんせん本格ほんかく配備はいびするとられるなどと分析ぶんせき。「冷戦れいせん終結後しゅうけつご、アメリカとその同盟国どうめいこく当然とうぜんのこととしてきたそら優位性ゆういせいらぐ可能性かのうせいがある」と指摘してきしています。

台湾たいわんも、去年きょねん12がつ公表こうひょうした報告書ほうこくしょで「積極的せっきょくてき軍備ぐんび増強ぞうきょうして台湾たいわんへの攻撃こうげき能力のうりょくたかめ、国際こくさい社会しゃかい軍事ぐんじ介入かいにゅうするむずかしさがしていて深刻しんこく脅威きょういとなっている」と警戒感けいかいかんしめしています。


専門家せんもんか有利ゆうり国際こくさい秩序ちつじょつくるため」

中国ちゅうごくのことしの国防費こくぼうひ去年きょねんより8%あまえて、りつふたた増加ぞうかてんじたことについて、もと海上かいじょう自衛官じえいかんで、中国ちゅうごく防衛ぼうえい駐在官ちゅうざいかんつとめた笹川平和財団ささがわへいわざいだん小原おはらぼんつかさ上席じょうせき研究員けんきゅういんは、「将来的しょうらいてきにはアメリカよりつよくなり、文句もんくわれないくにになるという意思表示いしひょうじえる」としたうえで、「中国ちゅうごく経済けいざい発展はってんするにあたって軍事的ぐんじてき保護ほご必要ひつようだとかんがえており、世界中せかいじゅう各地域かくちいき軍事的ぐんじてき存在感そんざいかんしめさなければならない」とべて、国防費こくぼうひ増加ぞうかは、アメリカへの対抗たいこう姿勢しせい鮮明せんめいにするとともに、中国ちゅうごく経済けいざい発展はってんにとって有利ゆうり国際こくさい秩序ちつじょつくるためだと指摘してきしました。

そのうえで、中国ちゅうごくが「今世紀こんせいきなかばまでに中国軍ちゅうごくぐん世界一せかいいちりゅう軍隊ぐんたいにする」という目標もくひょうしていることをげて、「中国ちゅうごくすくなくともアメリカの軍事力ぐんじりょく排除はいじょし、かすことができるまでは安心あんしんすることができないため、目標もくひょうとする2050ねんまで、軍事力ぐんじりょく増強ぞうきょうのための予算よさん増加ぞうか継続けいぞくするとおもう」とべて、今後こんご国防費こくぼうひつづけるという見方みかたしめしました。

また、日本にっぽん対応たいおうについて、「日本にっぽん軍事費ぐんじひ中国ちゅうごく対抗たいこうすることは非現実的ひげんじつてきであり、さまざまな外交がいこうアプローチを駆使くしして軍事的ぐんじてき米中べいちゅう対立たいりつける役割やくわりたすべきだ」とべました。

関連かんれんニュース

中国ちゅうごく去年きょねんねん貿易ぼうえき総額そうがく 輸出入ゆしゅつにゅう好調こうちょうで11%ぞう

中国ちゅうごく 新型しんがたステルス戦闘機せんとうきせん20」を配備はいび

中国ちゅうごく北極圏ほっきょくけん開発かいはつ意欲いよく はつ白書はくしょ発表はっぴょう 権益けんえき確保かくほ

習近平しゅうきんぺい主席しゅせき新年しんねん祝辞しゅくじ 国際的こくさいてき影響力えいきょうりょく拡大かくだい意欲いよく

訪中ほうちゅう韓国かんこく大統領だいとうりょう南京なんきん事件じけん」に異例いれい言及げんきゅう