カット野菜やさい大手おおて 需要増じゅようぞう輸入ゆにゅうキャベツ使用しよう

2018ねん03がつ01にち 1953ふん NewsWebEasy
仮名がなレベル

野菜やさい価格かかく高騰こうとうし、いわゆる「カット野菜やさい」の人気にんきたかまるなか大手おおてメーカーが国産こくさんだけでは需要じゅようをまかなえなくなったとして、今月こんげつから輸入ゆにゅうキャベツを使つかうことになりました。

カット野菜やさい大手おおてメーカー「サラダクラブ」は、一部いちぶ製品せいひんで3にちから韓国かんこく台湾たいわん、アメリカ、オーストラリアから輸入ゆにゅうされたキャベツを使用しようします。

この会社かいしゃは、国産こくさん野菜やさい中心ちゅうしんにキャベツの千切せんぎりやサラダなどおよそ40種類しゅるいのカット野菜やさい全国ぜんこくのスーパーなどで販売はんばいしていますが、天候不順てんこうふじゅんによる国産こくさん野菜やさい価格かかく高騰こうとう影響えいきょうでカット野菜やさい需要じゅよう例年れいねんの1.3ばいえたため、国産こくさんだけでは必要ひつようりょう確保かくほできなくなったということです。
この会社かいしゃ輸入ゆにゅうキャベツを使つかうのは平成へいせい11ねん会社かいしゃ設立せつりつ以来いらいはじめてだということです。

サラダクラブのはぎ芳彰よしあき社長しゃちょうは「企業きぎょう努力どりょくかさねてきたが、キャベツの生産量せいさんりょう価格かかく回復かいふく見通みとおせず、安定あんてい供給きょうきゅうのためには今回こんかい対応たいおうをとらざるをなかった」とはなしています。

カット野菜やさい価格かかく安定あんてい げ30%ぞうみせ

横浜よこはま市内しないのスーパーではおよそ40種類しゅるいのカット野菜やさい販売はんばいしていますが、野菜やさい高騰こうとうつづなか価格かかく比較的ひかくてき安定あんていしているカット野菜やさい購入こうにゅうするきゃくえ、先月せんげつげは去年きょねんおな時期じきくらべて30%程度ていどびているということです。
物客ものきゃく女性じょせいは「野菜やさい価格かかく家計かけい影響えいきょうするので、やすいカット野菜やさい機会きかいえました」とはなしていました。

アピタ金沢かなざわ文庫ぶんこてん青果せいか担当たんとうする長谷川はせがわさりかさんは「野菜やさい高騰こうとうがしばらくつづいているので、2ふんの1や4ふんの1にカットした野菜やさいやしています。カット野菜やさいは1ねんとおして価格かかくにあまり変動へんどうがないので需要じゅよう幅広はばひろ世代せだいえています」とはなしています。

キャベツ 白菜はくさい レタス 輸入ゆにゅう急増きゅうぞう

天候不順てんこうふじゅん国産こくさん野菜やさい生産量せいさんりょうんでいる影響えいきょうで、海外かいがい生産せいさんされたキャベツや白菜はくさいなどの輸入量ゆにゅうりょう急増きゅうぞうしています。
東京とうきょう税関ぜいかんのまとめによりますと、ことし1がつ日本にっぽん輸入ゆにゅうされた野菜やさいは、キャベツが去年きょねんおなつきくらべておよそ6ばいの1まん3600トン、白菜はくさいがおよそ8ばいの2200トン、レタスがおよそ2ばいの4900トンと、それぞれ大幅おおはば増加ぞうかしました。
キャベツと白菜はくさいは、統計とうけいとして比較ひかく可能かのうな2008ねん以降いこう一月いちがつ輸入量ゆにゅうりょうとしてはもっとおおくなりました。

これは、去年秋きょねんあき台風たいふう長雨ながあめくわえてふゆあいだ全国的ぜんこくてき気温きおんひくつづいたため、葉物はもの中心ちゅうしん国産こくさん野菜やさい生産量せいさんりょう減少げんしょうし、価格かかく高騰こうとうしているためだということです。

キャベツと白菜はくさいおも中国ちゅうごくから、レタスはおも台湾たいわんから輸入ゆにゅうされているということで、農林水産省のうりんすいさんしょうによりますと、輸入ゆにゅう野菜やさい外食がいしょくやスーパーがあつか加工かこう食品しょくひん総菜そうざい使つかわれることがおおいということです。

今月こんげつはいってもキャベツや白菜はくさいなどは平年へいねんより生産量せいさんりょうすくない見通みとおしで、農林水産省のうりんすいさんしょう輸入ゆにゅう増加ぞうかつづ可能性かのうせいがあるとしています。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。