メダリストたちはなにかたる?帰国きこく報告会ほうこくかい

2018ねん02がつ27にち 1151ふん NewsWebEasy
仮名がなレベル

ピョンチャンオリンピックで日本にっぽん選手団せんしゅだん主将しゅしょうつときんメダルめだる獲得かくとくした小平こだいら奈緒なお選手せんしゅなどメダリストや入賞にゅうしょうした選手せんしゅなどが帰国きこく報告会ほうこくかいのぞあつまったファンに応援おうえんへの感謝かんしゃ気持きもちをつたえました。

ピョンチャンオリンピックでふゆ大会たいかいでは史上しじょう最多さいたとなる13のメダルを獲得かくとくした日本にっぽん選手団せんしゅだん解団かいだんしきったあとメダリストや入賞にゅうしょうした選手せんしゅなどが1000人以上にんいじょうのファンをまえ都内とない日本にっぽんオリンピック委員会いいんかい主催しゅさい帰国きこく報告会ほうこくかいのぞみました。

小平こだいらふゆのスポーツに興味きょうみって」

日本にっぽん選手団せんしゅだん主将しゅしょうつとめ、スピードスケート女子じょし500メートルできんメダルめだる女子じょし1000メートルでぎんメダルめだる獲得かくとくした小平こだいら奈緒なお選手せんしゅ報告会ほうこくかい冒頭ぼうとうで、「たくさんのあたたかいご声援せいえんをありがとうございました。長野ながの大会たいかいえるメダルのかず入賞にゅうしょうすうとなったのは、全員ぜんいん全力ぜんりょくくし、たたかいた結果けっかです。みなさんの応援おうえんがこのあとのパラリンピック、2020ねん東京とうきょう大会たいかいとどくように、また、ふゆのスポーツにも興味きょうみっていただいて、会場かいじょうていただくきっかけになればいいとおもいます」とあいさつしました。

また、このあとのインタビューのなかで「オリンピックでは、世界せかい応援おうえんしてくれるひとたちのつながりをかんじました。500メートルできんメダルめだるったとき応援おうえんしてくれたみなさんの笑顔えがおられました」とかえりました。

そして500メートルでぎんメダルめだるだった韓国かんこくのイ・サンファ選手せんしゅ競技きょうぎあとたがいをたたえったことについてかれると「スポーツは言葉ことばのいらないコミュニケーションで、おたがいをたかめあっていけるということをつたえたいとおもいました」とはなしていました。

葛西かさい「パワーとどけとおもはたった」

史上しじょう最多さいた回目かいめふゆのオリンピック出場しゅつじょうで、選手団せんしゅだん旗手きしゅつとめたスキージャンプの45さい葛西かさい紀明のりあき選手せんしゅは、報告会ほうこくかい冒頭ぼうとうで「大役たいやくめいじられ、選手せんしゅたちにパワーがとどけとおもってはたっていた。たくさんメダルをとれたが、たくさんの応援おうえんのおかげでこういう成績せいせきになったとおもう」と応援おうえん感謝かんしゃしていました。

羽生はにゅう人生じんせいすべてをかけた結果けっか

フィギュアスケート男子だんしシングルで66ねんぶりの連覇れんぱたした羽生はにゅう結弦ゆづる選手せんしゅは、報告会ほうこくかいで、去年きょねん11がつ右足みぎあしをケガしたことをまえ、「あしがどうであれ、気持きもちがどうであれ、すべてをかけないとちきれないとおもっていました。スケート人生じんせいだけでなく、これからの人生じんせいすべてをかけた結果けっかで、きんメダルめだるれてうれしいです」とかえりました。

そのうえで、ファンの応援おうえんについて「自分じぶん人生じんせいをかけたぶんよろこんでくれていることはうれしいし、自分じぶんよろこびにもなっています。ありがとうとつたえたいです」と感謝かんしゃしていました。

高木たかぎ美帆みほったなとおもえる」

スピードスケートの女子じょし団体だんたいパシュートできんメダルめだるをはじめ、きんぎんどうの3つのメダルを獲得かくとくした高木たかぎ美帆みほ選手せんしゅは、「1500メートルがわったあとは疲労ひろうしきっていましたが、みなさんの応援おうえんいて気持きもちをなおしました。最後さいごのパシュートはりたかったメダルだったので長丁場ながちょうばでしたが、あがきつづけることができました。オリンピックは『たのしかった』とひとことうにはつらいこともおおかったですがみなさんに応援おうえんされて、ったなとおもえるのでしあわせだとおもいます」とはなしていました。

高木たかぎ菜那なな応援おうえん頑張がんばれた」

スピードスケート女子じょしのマススタートと、団体だんたいパシュートで2つのきんメダルめだる獲得かくとくした高木たかぎ菜那なな選手せんしゅは、報告会ほうこくかいでマススタートのレースをかえり、「最後さいごまえは、いつようかというのをずっとっていて、あそこまで我慢がまんできたのがよかったとおもいます」とはなしました。

そのうえで、「まだあまり実感じっかんがないですが、きんメダルめだるれてうれしいです。きょうもいろんなほう歓迎かんげいしくれているし、たくさんのひと応援おうえんしてくれたからがんばれました」とはなしていました。

平野へいや目標もくひょうおおきくって」

スノーボード男子だんしハーフパイプで2大会たいかい連続れんぞくぎんメダルめだる獲得かくとくした平野ひらの歩夢あとむ選手せんしゅは、報告会ほうこくかいで「この4ねんかん本当ほんとうにやりたくないことに挑戦ちょうせんしてきたことがおおかったので、いやなことだらけでした。ただ2大会たいかい連続れんぞくぎんメダルめだるをとれたのでそれは、いままでやってきてよかったなとおもいました」と大会たいかいかえりました。

またあつまったファンにけて、「スノーボードではなくてもいいし、スポーツでなくてもいいので、年齢ねんれい関係かんけいなくみんなそれぞれに目標もくひょうおおきくってもらいたいなとおもいます」とはなしていました。

宇野うのつねに100% 間違まちがっていなかった」

フィギュアスケート、男子だんしシングルでぎんメダルめだる獲得かくとくした宇野うの昌磨しょうま選手せんしゅ報告会ほうこくかいで「オリンピックで、自分じぶん演技えんぎがこれだけのみなさんにていただけたとおもうとうれしいです。いままでぼくがやってきたこと、どの試合しあいでも、どんな状態じょうたいでも全力ぜんりょくくすこと、つねに100%をくすことが間違まちがっていなかったんだなとおもいました」とはなしました。

そして、会場かいじょうから「ぎんメダルめだるおめでとう」のこえがあがると、「ぎんメダルめだる正直しょうじきうとあまり実感じっかんがないですが、みなさんにそうっていただけるだけでうれしいです」と笑顔えがおこたえていました。

高梨たかなし特別とくべつ場所ばしょおおくことまなんだ」

高梨たかなし沙羅さら選手せんしゅは、「自分じぶん競技きょうぎわったあともテレビでほかの選手せんしゅ活躍かつやくて、元気げんき勇気ゆうきをもらいました。オリンピックでは、最後さいご最後さいごでとてもたのしんでべました。きんメダルめだるという目標もくひょうとどかなかったくやしさもあるので、4年後ねんごけて頑張がんばりたい。オリンピックは特別とくべつ場所ばしょで、たくさんのことをまなばせてもらいました」とかえりました。

はらどうメダルめだるでもうれしい」

報告会ほうこくかいでスキーフリースタイルの男子だんしモーグルでどうメダルめだる獲得かくとくしたげん大智たいち選手せんしゅは、「きんメダルめだるしかったが、オリンピックの舞台ぶたいはじめて表彰台ひょうしょうだいがれたので、どうメダルめだるでもうれしい。このままぱしっていけたらとおもう。こんなにたくさんの方々かたがたてくれてありがたい」と満面まんめん笑顔えがおはなしていました。

藤澤ふじさわささえられた実感じっかん

カーリング女子じょしで、男女だんじょつうじてはつのメダルとなるどうメダルめだる獲得かくとくした日本にっぽんのスキップ、藤澤ふじさわ五月さつき選手せんしゅは「大会たいかいでは自分じぶんたちがやってきたことを全力ぜんりょく試合しあいすだけとおもってやっていました。自分じぶんたちをしんじてプレーすることができたとおもいます。かえってきて、本当ほんとうにたくさんのひとささえられたことをかんじます」とはなしました。

そして試合中しあいちゅう選手せんしゅたちの会話かいわのなかで話題わだいになったフレーズ「そだね~」をチームの選手せんしゅ一人一人ひとりひとり再現さいげん会場かいじょうかせていました。

また吉田よしだ知那美ちなみ選手せんしゅは「最後さいごにみんなでながしたうれしなみだは、人生じんせいでいちばんのなみだでした。ったあとに男子だんし代表だいひょう観客かんきゃくみなさんもいているのをて、わたしたちのゆめが、だれかのゆめになるのはしあわせなことだとかんじました」とはなしていました。

キャプテンでリザーブとしてチームをささえた本橋もとはし麻里まり選手せんしゅは、報告会ほうこくかいで「みんなを見守みまもっていてすごくたくましくて、笑顔えがおていたし、自分じぶんたちらしいおののいができました。準決勝じゅんけっしょうけたあと気持きもちに整理せいりをつけて、3決定戦けっていせんでしっかりメダルをとれたのが収穫しゅうかくだとおもっています」と笑顔えがおはなしました。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。