羽田空港はねだくうこう 人工じんこう知能ちのう搭載とうさいバスで自動じどう運転うんてん実証じっしょう実験じっけん

2018ねん02がつ25にち 1520ふん NewsWebEasy
仮名がなレベル

2020ねん東京とうきょうオリンピック パラリンピックにけて、空港くうこう業務ぎょうむ省力化しょうりょくかして、日本にっぽんおとずれる外国人がいこくじん観光客かんこうきゃく増加ぞうか対応たいおうしようと、羽田空港はねだくうこう空港内くうこうないはしるバスの自動じどう運転うんてん実証じっしょう実験じっけんはじまりました。

この実証じっしょう実験じっけんは、全日空ぜんにっくうとソフトバンクの子会社こがいしゃ共同きょうどうおこなっていて、25にち羽田空港はねだくうこう一般道いっぱんどう実際じっさいにバスを自動じどうはしらせる実験じっけん様子ようす公開こうかいされました。

バスには人工じんこう知能ちのう搭載とうさいされ、誤差ごさすうセンチせんちという高性能こうせいのうなGPSで運転うんてん制御せいぎょしながらはし仕組しくみで、実験じっけんではめられたルートを運転手うんてんしゅ一切いっさい操作そうさせずに加速かそく減速げんそくしながら、バスばすていへの停止ていしをすべて自動じどうおこないました。
また、運転手うんてんしゅがいない自動じどう運転うんてん実験じっけんおこなわれ、遠隔えんかく監視かんししながら、時速じそく10キロで1.4キロのみちのりを無事ぶじ走行そうこうしました。

日本にっぽんおとずれる外国人がいこくじん観光客かんこうきゃく増加ぞうかけて、国内こくない航空こうくう会社がいしゃ運航うんこうする国際線こくさいせん便びんかずはおととしまでの5年間ねんかんに1.4ばいえ、東京とうきょうオリンピックパラリンピックにけてさらに増加ぞうか見込みこまれていますが、空港くうこう業務ぎょうむたずさわる職員しょくいんかずはほぼよこばいで、人材じんざいをどう確保かくほしていくかが課題かだいだということです。

全日空ぜんにっくう片野坂かたのさか真哉しんや会長かいちょうは「自動化じどうかすすめば、いたマンパワーをほかの業務ぎょうむ活用かつようすることができる。自動じどう運転うんてん空港くうこうてきしていて可能性かのうせい実感じっかんした」とはなしていました。
全日空ぜんにっくうでは今後こんご実験じっけんかさねて、2020年以降ねんいこう実用化じつようか目指めざすとしています。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。