SNSで狙われる 悪質ネットビジネスの世界

ネットワークビジネスとばれる契約けいやく勧誘かんゆうっていますか? SNSをつうじて友達ともだちになったとおもったひとなどから突然とつぜん、もうけばなしちかけられ、高額こうがく契約けいやくをせざるをなくなるトラブルが若者わかもの中心ちゅうしん相次あいついでいます。しかも、悪質あくしつ業者ぎょうしゃは、若者わかものたちがSNSで発信はっしんする趣味しゅみこのみを分析ぶんせきし、ねらいをさだめてちかづこうとしているというのです。(ネットワーク報道部ほうどうぶ記者きしゃ 野田のだあや 栗原くりはら岳史たけし


SNSをつうじて勧誘かんゆうされる若者わかものたち

らないひとからSNSでメッセージがとどき、費用ひようがかからず簡単かんたんにできるネットビジネスを一緒いっしょ起業きぎょうしませんかとさそわれた」(19さい女子大じょしだい学生がくせい

「SNSで女子大じょしだい学生がくせい簡単かんたん短時間たんじかんかせげるという発信はっしんをしていたので、興味きょうみをもってカフェで約束やくそくをした」(19さい男子だんし大学生だいがくせい

国民こくみん生活せいかつセンターには、SNSをつうじてった業者ぎょうしゃ契約けいやくし、多額たがく費用ひよう支払しはらってしまったという若者わかものたちから被害ひがい相談そうだん相次あいついでいます。

その手口てぐち特徴とくちょうは、もともとはらないひととSNSをつうじてむすびつき、起業きぎょうしてきんかせぐノウハウをおしえるなどというはなしちかけられるというものです。なかには、SNSでやりりをかさねて信頼しんらい関係かんけいきずいてから面会めんかいし、ことわりずらい環境かんきょうなか勧誘かんゆうするケースもあるということです。

SNSを<ruby>通<rt data-ruby-level=つうじて勧誘かんゆうされる若者わかものたち" />


SNSは、ハッシュタグなどを使つかって音楽おんがくやスポーツなどおな話題わだい興味きょうみひと簡単かんたんあつめることができるため、業者ぎょうしゃ立場たちばからするとターゲットをしぼりやすく、より効率的こうりつてき勧誘かんゆうができるといいます。

勧誘かんゆう結果けっか業者ぎょうしゃ起業きぎょう投資とうしのための「初期しょき費用ひよう」などの名目めいもくで、現金げんきんやクレジットカードの決済けっさい支払しはらわせたうえ、「もうけるためにはさらに投資とうし必要ひつようだ」などとさらなる支払しはらいをもとめていくというのです。


若者わかものねらうネットワークビジネス

契約者けいやくしゃからほかの友達ともだち紹介しょうかいもと次々つぎつぎ契約けいやくやしていくこうした手法しゅほうはネットワークビジネスとばれ、マルチ商法しょうほうともわれています。

SNSを利用りようしたマルチ商法しょうほう相談そうだん件数けんすう年々ねんねん増加ぞうかし、そのおおくは、10だいから20だいにかけての若者わかものだということです。

<ruby>若者<rt data-ruby-level=わかものねらうネットワークビジネス" />


冒頭ぼうとう紹介しょうかいした19さい女子大じょしだい学生がくせいもSNSで勧誘かんゆうけてわせたカフェにはいり、そのにいた複数ふくすう男性だんせいから契約けいやくむすばされたということです。カフェにはいった瞬間しゅんかんあやしさをかんじ、「興味きょうみがないのでかえりたい」とつたえたものの、められ、「簡単かんたんにもうけられる」、「マルチ商法しょうほうじゃないからやすこころしてほしい」などというはなしかされました。

結局けっきょく女子大じょしだい学生がくせいはおよそ8万円まんえん支払しはらいましたが、その解約かいやくしたいとかんがえ、消費者しょうひしゃセンターに相談そうだんをもちかけたということです。


若者わかものたちがねらわれるわけ

なぜ、若者わかもの被害ひがいひろがっているのか。

消費者しょうひしゃ被害ひがいくわしい五條ごじょうみさお弁護士べんごしは、国民こくみん生活せいかつセンターにせられる被害ひがい相談そうだん分析ぶんせきした結果けっか、「つけがた」とばれる若者わかもの特徴とくちょう利用りようした勧誘かんゆうひろがっているためだとかんがえています。

その若者わかもの特徴とくちょうとは、(1)SNSで趣味しゅみこのみを発信はっしんするひと比較的ひかくてきおおいこと、(2)SNSをつうじた人脈じんみゃくづくりに関心かんしんたかひとおおいことだといます。

これを業者ぎょうしゃ立場たちばから場合ばあい、(1)SNSの発信はっしん履歴りれきから「やせることに興味きょうみがある」などと個人こじん欲求よっきゅう分析ぶんせきし、どのようにこえをかけると勧誘かんゆう効果的こうかてきなのかと戦略せんりゃくることができる、(2)人脈じんみゃくづくりをつうじて「簡単かんたんきん成功せいこうできる」ともちかければ、敏感びんかん反応はんのうする傾向けいこうがあるということになり、そこに、つけむすきがあるというのです。

SNSはさまざまな情報じょうほうるためのとても便利べんり手段しゅだんである一方いっぽう悪用あくようされる危険きけんもあり、使つかかた十分じゅうぶん注意ちゅういする必要ひつようがあるということです。

<ruby>若者<rt data-ruby-level=わかものたちがねらわれるわけ" />


若者わかもの生活せいかつスタイルにった勧誘かんゆう方法ほうほうひろがり、被害ひがいえているとえる。あたらしい生活せいかつはじまる時期じきはさまざまな可能性かのうせいとともに気持きもちもオープンになるので、被害ひがいにあわないようとく注意ちゅういする必要ひつようがある」(五條ごじょう弁護士べんごし


10だいねらわれる

こうした悪質あくしつなネットワークビジネスでは未成年みせいねんもターゲットになっています。

今月こんげつ20にち、ビジネススクールとしょうして若者わかもの対象たいしょう会員かいいんになるようマルチ商法しょうほう契約けいやくちかけていた東京とうきょう会社かいしゃ「iXS」が、消費者しょうひしゃちょうから6か月間げつかん業務ぎょうむ停止ていし命令めいれいけました。

10<ruby>代<rt data-ruby-level=だいもねらわれる" />


この会社かいしゃ手口てぐち特徴とくちょうは、学生がくせい消費者しょうひしゃ金融きんゆうきんりさせたり、本来ほんらいなら保護者ほごしゃくべき同意書どういしょを10だい未成年みせいねんかせたりして契約けいやくしていたというものです。そのさい、「おやはこういうビジネスにいい意見いけんたないから、ここに自分じぶんおや名前なまえいて」とか、「本当ほんとうはダメだけど、自分じぶんでパパッといちゃって」などとそそのかしていたということです。

SNSで狙われる 悪質ネットビジネスの世界


全国ぜんこく消費しょうひ生活せいかつセンターにはこの会社かいしゃかんする相談そうだんがおととしから先月せんげつ20にちまでに413けんせられ、このうち9わりは18さいから20さいまでの学生がくせいからの相談そうだんでした。


なぜ未成年みせいねんねらわれる?

未成年みせいねん保護者ほごしゃ同意どういなく契約けいやくむすんだ場合ばあい民法みんぽう規定きてい契約けいやくすことができます。

このため、若者わかものねら業者ぎょうしゃからすれば、未成年みせいねんとの契約けいやくきんむすびつかない可能性かのうせいがあり、20さいになってから契約けいやくむすばせるケースが一般的いっぱんてきだとわれています。

ところが、国民こくみん生活せいかつセンターによりますと、その傾向けいこう変化へんかられ、ネットワークビジネスなどのマルチ商法しょうほうかんする10だいからの被害ひがい相談そうだんが、急激きゅうげきえているというのです。

去年きょねん国民こくみん生活せいかつセンターにせられた10だいからの相談そうだんは400けんで、この5年間ねんかんで10ばいえました。

なぜ<ruby>未成年<rt data-ruby-level=みせいねんがねらわれる?" />


「ビジネスのノウハウ」にかんする商品しょうひん購入こうにゅうや、仮想かそう通貨つうか、それにIT関連かんれん投機とうきはなしなどをちかけて契約けいやくむすばせようという手口てぐちです。

国民こくみん生活せいかつセンターによりますと、高額こうがく化粧品けしょうひん健康食品けんこうしょくひんなど、おかね余裕よゆうのある主婦しゅふなどをターゲットにした同様どうよう被害ひがい相談そうだん以前いぜんからあり、せられる相談そうだんなかでいまもおおきな割合わりあいめていますが、手持ても資金しきんすくない未成年みせいねんねらわれているのです。

その理由りゆうについて、国民こくみん生活せいかつセンターは、「契約けいやく同意書どういしょ保護者ほごしゃわって未成年みせいねんかせたり、学生がくせい消費者しょうひしゃ金融きんゆうきんりさせたりして契約けいやくむすびつけるなど、業者ぎょうしゃにとっての成功せいこう事例じれいえているため、ターゲットにしているのではないか」と分析ぶんせきしています。


被害ひがいにあわないために

では、どうすれば被害ひがいにあわずにむのか。

さきほどご紹介しょうかいした五條ごじょうみさお弁護士べんごしにポイントをいてみました。

五條ごじょう弁護士べんごしは、ネットでったひとは、素性すじょうをだまして契約けいやく標的ひょうてきとしてちかづいてくるひともいるので注意ちゅういしてほしいとびかけています。そしてもっと重要じゅうようなのはすぐに決断けつだんしないことです。

「このですぐにめてほしい」とか、「消費者しょうひしゃ金融きんゆう学生がくせいローンでおかねりて必要経費ひつようけいひ用意よういしろ」という勧誘かんゆうにはしたがわず、だまされたとおもったら消費しょうひ生活せいかつセンターにすぐに相談そうだんしてほしいとしています。

こうした勧誘かんゆう手口てぐち巧妙化こうみょうかしており、あなたのどもや友達ともだちあやしい契約けいやくまれそうなひとがいたら、「若者わかもの未熟みじゅくだから」といううえから目線めせんではなく、立場たちば相談そうだんいてあげてほしいとおもいます。

その姿勢しせいこそが被害ひがい拡大かくだいさせないための有効ゆうこう方法ほうほうなのかもしれません。

関連かんれんニュース

トラブル 契約けいやく合計額ごうけいがくは1億円おくえんちょう

ネットカフェにやく4000にん生活せいかつはつ実態じったい調査ちょうさ

#MeToo こえげた そのさき