大林おおばやし宣彦のぶひこ監督かんとく 原爆げんばく投下とうかまでの日本にっぽん戦争せんそうえが映画えいが制作せいさく

2018ねん02がつ22にち 0445ふん NewsWebEasy
仮名がなレベル

広島県ひろしまけん出身しゅっしん映画えいが監督かんとく大林おおばやし宣彦のぶひこさんは、NHKのインタビューで、原爆げんばく投下とうかされるまでの日本にっぽん戦争せんそうをテーマにした映画えいが自身じしんとしてはじめて制作せいさくするとあきらかにしました。大林おおばやし監督かんとくは「戦争せんそうがひとごとではないいま時代じだいにこそ、映画えいが平和へいわをたぐりせたい」とはなしています。

広島県ひろしまけん尾道市おのみちし出身しゅっしん大林おおばやし宣彦のぶひこ監督かんとくは、「ときをかける少女しょうじょ」など、故郷こきょう尾道おのみち舞台ぶたいにした作品さくひんなどで人気にんきあつめ、これまで監督かんとくつとめた映画えいがは40ほん以上いじょうのぼります。

80さい大林おおばやし監督かんとくは、がんとたたかいながら精力的せいりょくてき作品さくひんづくりをつづけ、去年きょねん12がつには、太平洋たいへいよう戦争せんそう前夜ぜんや若者わかものたちの青春せいしゅんえがいた作品さくひん、「花筐はながたみ/HANAGATAMI」を発表はっぴょうしました。

大林おおばやしさんは20にち、NHKのインタビューにおうじ、つぎ作品さくひんでは、自身じしんとしてはじめて、広島ひろしま原爆げんばく投下とうかされるまでの日本にっぽん戦争せんそうをテーマにするとあきらかにしました。脚本きゃくほんはほぼ完成かんせいし、はやければことし5がつから撮影さつえいはじめたいとしていて、作品さくひんなかでは、広島ひろしま慰問いもんおとず原爆げんばく犠牲ぎせいとなった「桜隊さくらたい」とばれる劇団員げきだんいんなどをえが予定よていだということです。

大林おおばやし監督かんとくは「戦争せんそうがひとごとではなく、みんながはだかんじる時代じだいになってしまった。戦争せんそう体験者たいけんしゃである自分じぶんは、こうした映画えいがつくるために80までかされたのだとおもう。映画えいが平和へいわをたぐりせたい」とはなしています。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。