NTT スポーツ試合しあい立体的りったいてきうつ最新さいしん技術ぎじゅつ公開こうかい

2018ねん02がつ19にち 1638ふん NewsWebEasy
仮名がなレベル

NTTは柔道じゅうどうなどのスポーツの試合しあい立体的りったいてきうつ最新さいしん技術ぎじゅつを19にち公開こうかいしました。2020ねん東京とうきょうオリンピック・パラリンピックにけて実用化じつようか目指めざすとしています。

NTTが公開こうかいしたのは、スポーツの競技きょうぎ様子ようす立体的りったいてきうつ技術ぎじゅつです。

4つの方向ほうこうから撮影さつえいされたカメラ映像えいぞうが、うごまわ選手せんしゅ位置いち情報じょうほうとともに光回線ひかりかいせん伝送でんそうされる仕組しくみで、専用せんようのモニターに実際じっさいの10ふんの1のおおきさでうつされます。

3Dメガネをつけずに、どの方向ほうこうからでもカラー映像えいぞう立体的りったいてきえ、柔道じゅうどう空手からてなどの試合しあい中継ちゅうけい活用かつようすれば、より臨場感りんじょうかんのあるスポーツ観戦かんせんができるようになるとしています。

このほか、複数ふくすうのドローンを連携れんけいさせて空中くうちゅうおおきなディスプレイをかべる技術ぎじゅつや、AIを搭載とうさい雑談ざつだんにも対応たいおうできるロボットの開発かいはつおこなわれていて、いずれも2年後ねんご東京とうきょうオリンピック・パラリンピックまでの実用化じつようか目指めざしているということです。

立体りったい映像えいぞう技術ぎじゅつについて、NTT研究けんきゅう企画きかく部門ぶもん黒川くろかわきよし統括部とうかつぶちょうは「オリンピック会場かいじょうにいるかぎられたひとだけでなく、世界中せかいじゅうひと空間くうかんをこえて臨場感りんじょうかんのある観戦かんせんができ、感動かんどう共有きょうゆうできるようになる」とはなしていました。

※プログラムでふりがなをけっているので、 間違まちがっている場合ばあ いもあります。